2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Time/Calender...
春のエッセー Lovely Spring Essays
Uです:

久しぶりの更新です。春休みを満喫するはずが、3本のエッセーを書き上げるのに忙殺されていました。
It has been ages to update my blog as I have just been up to the elbow in the following three essay works despite the spring vacation…

1. 生態系の経済評価 (Economic valuation on ecosystem)

環境経済評価の授業の期末エッセーで、テーマは「世界の生態系の経済評価が現状どれほど行われていて、今後どう進めていくべきか」。私は数ある生態系カテゴリーの中でも、温帯の草原・サバンナの貨幣評価について担当しました。生態系の経済価値については、1997年にコスタンザ他がグローバル価値を試算した以来、研究が進められ昨年の生態系保全のための国際名古屋会議(COP10)においても各国研究者が共同した新たな経済評価の結果が示されたばかりです。
This essay was a term paper of Environmental Valuation module and the theme was “to what extent has the valuations on the world ecosystem been conducted? How should we move forward?”. Among many ecosystem categories, I was designated to tackle “temperate grasslands, savannas and shrublands”. The value of the nature has been estimated since Costanza and his colleagues firstly estimated the global value in 1997, and last year new study on economics of biodiversity by world researchers was released at the global conference for biodiversity conservation in Nagoya (COP10).
e0195686_19392722.jpg

e0195686_1940554.jpg


しかし、研究全体が発展途上にある上、私のカテゴリーは未だに金銭評価がほとんどなされておらず、昔のデータを流用して試算されているのが現状です。草原・サバンナは広大な割に人口はほとんどおらず、木材、エネルギー、食材などの利用価値も少なく、またCO2の吸収といった効果やレクリエーション価値も相対的に目立たないためと考えられます。結果として、現状面積当たりの経済価値は熱帯雨林や海洋などと比べて極端に低いです。
However, this research field is under development and my ecosystem category has hardly been monetised so far – estimation has been done mainly by using the old data. I feel this is because (1) grasslands are so vast with a handful of population, (2) there are few direct use materials such as timber, fuels, and food, and (3) the effect of carbon storage and the recreation value are modest compared to other ecosystems. As a result, the value of temperate grasslands, savannas and shrublands per hectare is extremely lower than that of marine ecosystems and tropical forests.

今後は、全生態系の中での優先順位を前提に、例えば年々増加しているサファリの観光客に対してサバンナのレクレーション価値を聞き、料金に反映するなど実用的な経済評価に着手するほか、他地域にも応用できる自然科学をベースとした経済価値(面積当たりの家畜の生産性や種別のCO2吸収効果など)の研究を更に進めることで費用効果的な経済評価を可能とすること、さらに、貨幣価値を通じた生態系保全の機運を高めていくことが必要となるでしょう。(提出したペーパーはこちら)
Several implications may be thus needed in consideration of its priority among all the ecosystems: 1) to conduct practical valuation studies on recreation values of safari tours for international tourists, enabling to adopt this result into the tour fees; 2) to continue natural scientific research on the biological and physical functions of grasslands for monetary values (e.g. cattle productivity per ha; carbon storage by grass species) in order to transfer those results to the other areas for economic-efficient valuations over the world; and 3) to raise pubic awareness on conservation for this ecosystem through showing its monetary value. (See my submitted paper from here

2.海洋保全のプリンシプル (Principles on marine conservation)

環境法と政策の期末エッセーで、テーマは「海洋保全のための法的政策に問われる原則とは何か。異なるガバナンスや政策手法によってどうその原則を満たすことが課題となるかを述べつつ論ぜよ」。トップダウン型の海洋保護区と共同管理型の譲渡可能漁獲量個別割当制度を例に、両政策が6つの原則(持続可能性、汚染者負担、予防原則、衡平確保、人権尊重、全員参加)をどれほど達成しうるか、を論じました。
This term essay is for Environmental Law and Policy module, arguing what principles are considered in legislative approaches for marine protection with examples of different governances and implications, highlighting challenges to achieve those principles. My paper discussed to what extent the two different mechanisms, 1) top-down based MPA (Marine Protected Area) and 2) co-management based ITQ (Individual Transferable Quota), could meet the six principles for marine conservation (1.sustainability; 2.Polluter Pays; 3.Precaution; 4.Equity; 5.Human rights; 6.Particpation).
e0195686_19405325.jpg

e0195686_19411158.jpg

その結論として、いずれの政策を採っても科学的根拠や不確実を踏まえた区域や漁獲可能量の設定が必須で、社会的に平等な汚染者負担を徹底させるためにも海洋生態系の経済評価を更に進めるべきこと、特定の団体のみの意思決定プロセスへの参加を抑制するため、市民への海洋生態系保全の啓発を促し、協議会への参加を求めること、完璧な政策はないのでポリシーミックスを検討すること、などが必要な措置として挙げられます。(提出したペーパーはこちら)
In conclusion, regardless of adopting either approach, several implications are needed to assure those principles: (1) evidence-based decision making on the boundary of the protected area or the amount of harvestable fishes, based on scientific knowledge and its uncertainty; (2) acceleration of economic valuations on marine ecosystem to deploy socially equitable polluter pay principle; (3) raising public awareness on marine conservation and pushing them to join decision making boards in order to prevent the control by only special interest groups and encourage trust among stakeholders; (4) consideration of policy-mix as no perfect single instrument existing. (See my submitted paper from here

3. 英国カーボンフットプリント (Carbon foot print in the UK)

気候変動と管理の授業の期末レポートで、「イギリス家庭の食生活を変化させることでカーボンフットプリントがいかに減少し、英国の2020年の温室効果ガス削減目標に寄与するか、シミュレーションしなさい」というもの。使ったのはREAPというソフトウェアで英国各地方ごとの住民一人当たりのカーボンフットプリントのデータを使って将来シミュレーションを行うことができます。食生活の変化は、具体的には(1)食品廃棄物の削減、(2)ヘルシーな食事バランスへの変更、そして(3)国産の食料品の積極購入の3点に着目しました。
This report was written for Climate Change and Management module with a discussion about simulation of reducing carbon footprint by changing food habits in UK and to what extent this would contribute to UK 2020 CO2 mitigation target. I used a free software “REAP” to simulate the future food scenario with the data regarding UK carbon footprint per capita in 2006 by region. This report assumes the change of food habits would occur in the three dimensions: (1) reduction in food waste; (2) improvement to healthier diet proportion; and (3) choosing more domestic food.
e0195686_19445152.jpg

e0195686_19452827.jpg


e0195686_19454565.gif

シミュレーションの結果、仮に上記3点がそれぞれ理想的な食生活を達成した場合、カーボンフットプリント削減量は必要な国民1人当たり削減量のそれぞれ10%、20%、10%を占め、これらを複合し、かつ再生可能エネルギーの利用を大幅に進めたとしても50%に満たないことが分かりました。CO2を20%削減することがいかに大変かが分かります。しかも、上記3点の達成は決して簡単ではなく(1)は現状理想的な削減量のほんの数%しか削減できておらず、(2)は食事バランスはここ数十年間一向に変わっておらず、(3)は食料自給率が100%に満たないため、国内農業・畜産業の大幅増産を行う必要があります。
As a result of my simulation, if UK residents achieved those three habitat changes in ideal ways, the amount of expected CO2 emissions reductions would account for 10%, 20%, 10% of the total required reductions from households by 2020 respectively, and if combining those three scenarios with substantial deployment of renewable energy sources, the total reduced CO2 emissions would be still just less than 50% of required emissions reductions level. This tells us that how demanding UK 2020 mitigation target for households is! Moreover, the foregoing food habitat changes are far from straightforward: (1) just only a few percentage of ideally avoidable waste have been reduced; (2) Food balance has not changed so drastically for the last decades; (3) UK food self-sufficient rate is far below 100% so that drastic increase in production from UK agriculture is needed by 2020.

これらを達成するためには、それらを進めることが如何に費用削減や健康増進、地域経済の活性に繋がることをアピールするほか、国際協調により炭素税などで価格インセンティブを働かせることが考えられます。一方で、カーボンフットプリントは揺りかごから墓場までの総CO2排出量を測定するもので、輸入品の場合、国外のCO2排出量も含んでいますから、国別削減目標を考える時には国内排出分と国外排出分を峻別できる必要性も指摘できます。(提出したペーパーはこちら)
Therefore, to achieve those goals, we need an effective advertisement about how those changes are beneficial for UK people in respect of cost saving, health, and local economy. Besides, global cooperated carbon tax is also recommended to incentivise CO2 reduction. On the other hand, carbon footprint simulation itself should be elaborated more to distinguish domestic and overseas emissions because the national mitigation target only captures the former. (See my submitted paper from here

以上です。5月・6月には試験があり、7月下旬に帰国するまでに卒論もやり遂げなければなりません。引き続き、がんばります。
That’s all. As many exams take place in this May and June plus dissertation should be tackled before my return to Japan in the end of July, I will keep to do my best…
[PR]
# by uk-env | 2011-05-09 19:46 | 大学(York Uni)
Summer term has started
Iです。

5月に入り、夏学期が始まりました。春休みの課題もどうにか提出。いやいや辛かった…。5000wordsを2本というのは量的に初めてで、当たり前ですが3000wordsレベルとも15000wordsの修論レベルとも違うテーマ設定と構成の感覚の違いにちょっと戸惑いました。

1. 気候変動及びエネルギー政策
「"Nuclear power is essential for both reducing Japanese carbon emissions and ensuring Japanese energy security." Discuss.」

震災後、俄然ホットなトピックになってしまったのは全くの計算外。4月半ばになってようやく重い腰を上げて取り掛かりました。

まず、energy securityの概念整理。国により時代により意味の違ってくるエネルギー安全保障ですが、その内容は基本的にはavailabilityとpriceに集約できる(IEA)。これを脅かすriskについて、化石燃料のscarcity、外的撹乱、内部インフラ不足、に大別して論じ、原子力発電がこれらの観点でどうエネルギー安全保障に寄与するか議論。続けて、現在の気候変動の科学が求める排出削減量の膨大さを踏まえて、オペレーション段階ではゼロエミッションの原子力のアドバンテージをさらっとおさらい。その上で、原子力発電が包含するリスク(安全性、放射性廃棄物問題、核拡散)について述べる。

それからようやく日本の文脈に入って、エネルギー安全保障確保の観点から化石燃料依存から脱することの重要性と、一定の高いエネルギー効率に到達してしまって排出削減の限界削減費用が高いことを議論。そうした状況で2030年までに原子力発電14基新設を掲げた昨年のエネルギー基本計画に触れつつ、現状、いかに原子力がエネルギー安全保障と気候変動対策の切り札になっていたかを述べる。そうしてやっと自分の議論に。他の選択肢も含めた比較考量になるが、まず、短期的には原子力なしでは無理。長期的には、現在の投資や政策で環境を変化させられるが、仮にエネルギー保障の確保の上でも気候変動への対処としても魅力的な再生可能エネルギー中心で行くとすれば、課題克服・普及のための膨大なコスト負担が必要。他方で、原子力についても、必要な安全性レベルが上がり、政治的にも地元対策(電源三法も含め)で膨大なコストがかかることを踏まえると、拭い難いリスクを抱え、かつ再生可能エネルギーとの電源ミックスとして相性の悪い原子力に大幅な投資をすることは正当化し難い。再生可能エネルギーの課題克服に費やした方が良い。

という流れで書きましたが、う~ん、5000 wordsじゃ十分な分析はできなかったです。全体的に「浅い」仕上がりになった感が否めません。。課題設定がちょっとアンビシャス過ぎたかも、というのが反省。

2. サステナビリティのためのイノベーション
「Low carbon road transport systems in Japan: within analysing the potential for ‘next-generation’ vehicles in compact cities using the multi-layer perspective」

セオリーをケーススタディに応用することがペーパーの目的である、と口を酸っぱくして教官が言っていたこのモジュール。修士2年目にして、未だにこのスタイル、苦手意識があるんですよね、私。

元々、全く知識のなかった運輸部門、とりわけ単体対策について勉強したいとボンヤリ思っていましたが、multi-layer perspectiveをセオリーとして使うことに決めた時点で、もっと幅広い社会システムを見る必要に直面。こじつけ気味に「in compact cities」を追加。

まずはセオリーというわけで、イノベーションを「ランドスケープ(長期的にはゆっくり変化するが、誰かが変えようと思って変わるわけではない大きな環境。人口動態、政治環境、経済状況など。気候変動もここ)」「レジーム(技術のみならず、市場、規制、税制、人々のマインドセット等、各種の社会経済システムが複雑に絡み合ってできている現在の社会の仕組み)」「ニッチ(イノベーションの種になり得るが、安定的なレジームと比べて競争力がなく、レジームをreplaceするのはなかなか難しい)」の3つの層の相互作用の中で見て行くmulti-layer perspectiveについて。続けて、どうsub-optimalなレジームをdestabiliseしてニッチの発展を促進するかというTransition Managementについて。技術に関しては、単に技術のサプライの問題だけではなく、どう使われるか、需要側の対策が重要になる。イノベーションを促進するpublic interventionにおいて必要なのは、扱う範囲を特定し(政治的issue)、関係者がビジョンを共有し、向かうべき方向性をハッキリさせることであり、これを議論するための関係者のプラットフォームづくりが必要、云々。

ケーススタディとしては、環境モデル都市のひとつ横浜市を選び、運輸部門にフォーカスしつつ、策定されたアクション・プランとその策定過程について分析。自動車単体対策と街づくりの観点では、レジームの要素の複雑な絡み合いについて十分認識されているが、分析範囲の特定やビジョン策定においては政治的legitimacyが問題になるところ、策定過程で市民の十分なインボルブがなく、特にニッチ(例・日産の電気自動車)の発展促進に関しては、産学官の連携は良いが、「誰のビジョン?」が問題になる(日産のビジョン?)。ここから、multi-layer perspectiveの理論の限界として、Transition Managementで必ず直面する政治的legitimacyの問題には対応していない、というようなことを書きました。

ともあれこれで残すは修論のみ(修論の研究計画の提出は別途ありますが)。一息つく間もないですが、2年間の総まとめとして心残りのないよう、頑張りたいと思います。
[PR]
# by uk-env | 2011-05-04 03:05 | 大学(Sussex)
Art review in Easter holiday
Iです。春休みの芸術レビュー。

【オペラ・アイーダ@ロイヤルオペラハウス】
日本でも人気のアイーダ。舞台演出の豪華さで有名というので楽しみにしていました(チケットも他より若干高めです)。舞台装置は…ロイヤルオペラハウスの舞台はいつも豪華なので、アイーダが特別すごい!って感じはしなかったかも。でも、兵士のダンスには圧倒されました。これ、オペラだよね、っていうくらい、迫力のあるダンス!

ストーリー的には、繊細な感情がこまやかに描かれていてとっても感動的でしたが、率直に言うと、あんまりエジプトって感じはしなかったかも。ヴェルディのエキゾティシズムの想像力の範囲も、まあ、時代を考えればせいぜいここまでかという気はしました。

ここ最近、「蝶々夫人」やら「アイーダ」やらいわゆるご当地ものを見て思うことは、配役と人種との関係。私が見た蝶々夫人は日本人歌手が、今回のアイーダは黒人(アイーダはエチオピア人という設定)がやっていました。これは、やっぱり「それっぽい」感じを出すのに都合が良いからなのでしょうか…。確かに、「蝶々夫人」を見た時は、人種差別とかそういうの抜きに、西洋人エキストラが着物着てお辞儀したりしてるのを見て、所作のぎこちなさとかに違和感を覚えたのも事実。逆に言えば、非欧米人がオペラなどの西洋文化で活躍する(歌の技術のみでなく、観客の「受け」も含めて)のもとっても難しいのかもしれません。そんな中で活躍している非欧米人歌手って、ホントにすごいのかも。
e0195686_5541323.jpg

【ミュージカル・オペラ座の怪人@Her Majesty’s Theatre】
ずっと見に行く機会に恵まれなかったオペラ座の怪人、ようやく見ました。音楽がなじみのあるものなので入りこみ易いですね。ただ、今回、ストーリーの予習が甘かったためか、結構セリフを聞き取れないところが多く、場面場面で「?」となってしまうところがありました…。というか、解釈が難しい…(後で調べたら、セリフも相当細やかな「仕掛け」が施してあり、演出や観る人によって解釈はいろいろあるようです。細かい部分が聞き取れなかったのはものすごく勿体なかったのかも)。

う~ん、個人的には、レ・ミゼラブルの方が好きだったかな。

【ジャズ@Ronnie Scott’s】
普段まったくジャズは聴かない私ですが、友達がNYで知り合いになったミュージシャンがロンドン公演に来るというので、ロンドンでも名立たるジャズクラブRonnie Scott’sに連れて行ってもらいました。この日のメイン・アーティストはEddie Palmieriという大御所ピアニストですが、我々のお目当てはそのLuques Curtisくん(ベース。君付けしたくなるくらい若いんです。。)。彼のおかげか、友達の手土産のクッキーの効力か、アーティスト達が曲間にわざわざ私たちのところへ挨拶に来てくれて、何だかVIP気分~なんて喜んでいました。お洒落していったかいがあったというものです。

とりわけトランペットのPhilip Dizackに私たちの目はハートに。彼らとの会話に夢中になって危うく終電を逃すところでした(ロンドン→ブライトンの終電を逃したら大変です…)。ジャズってカッコ良いですね~♪私、NYのジャズクラブでお財布をスラれたことがあり、ジャズに良い思い出がなかったんですが、これでそのトラウマも完全払拭です!

というわけで、音楽自体は批評できる耳を全く持ち合わせない私ですが、雰囲気は十分満喫。ちなみに、友達の誕生日祝いの食事も兼ねて行ったのですが、Ronnie Scott’sは完全にジャズを「聴かせる」クラブで、演奏中の会話は最低限に、なんて注意のアナウンスがあるくらいですから、食事はほんのつまむ程度と考えておいた方が良さそうです。服装に関しては、ジーンズのカジュアルな人もいましたが圧倒的に少数派。ある程度ちゃんとお洒落して行った方がなじめます。
[PR]
# by uk-env | 2011-04-30 05:54 | ロンドン生活(London life)
Royal Wedding
Iです。

ウィリアム王子のロイヤル・ウェディング。学生にとっては春休みの延長ですが、今日はバンク・ホリディ、公休です!

うちの前の通りでは、ウェディングを祝うためのストリート・パーティが行われ、車の通行を止めてテーブルを出し、通り沿いの皆でバーベキュー。ドアのデコレーション・コンテストもあるとあって、家々のドアはユニオン・フラッグや風船やらで飾られています。私も、フラットのファミリーと一緒に通り沿いのパブに出かけ、ウェディング・セレモニーをウォッチ。パブのお姉さんもユニオン・フラッグのドレスで雰囲気を盛り上げます。思ったより式が長く、子供たちはすぐに飽きてI'm bored~~~!!と通りに飛び出していって走り回っていましたが。

私はクラスメイトの家のパーティに行く予定もあったので、途中でストリート・パーティは抜けだして、オーシャン・ビューの素敵なフラットで同棲を始めたカップルのお宅にお邪魔。春学期のエッセイの〆切が近いとあって、クラスメイトのドタキャンが多かったのは残念ですが、ロイヤル・ウェディングを口実に今日はのんびりすると決め込んだ我々は、ケイトのドレスを批評したり、イギリス王室の仕組みについてイギリス人に講義を乞うたりしつつ、昼間から散々飲んだくれていました(せっかくのスレンダーなボディがあのドレスじゃセクシーに見えない!という声多し)。

個人的にはこうして楽しくロイヤル・ウェディングを満喫しましたが、イギリス全土がお祝いムード一色のように見えて、実はアンチ王制の人も結構いるようで。敢えて普段と変わりない日常を過ごす派(大学の図書館にこもるとか)も周りには多かったです。

お披露目に王子自ら運転してみたり、ウェストミンスター・アビーの席が「先着順」だったりと、とにかく庶民派でいこうとしているのがアリアリと伝わるウェディングでしたが、一般家庭(といってもスーパーリッチファミリーですが)のミドルトン家に紋章がないというので、この結婚のために紋章が授与されたとかいうのを聞くと、やっぱり階級制度は健在だなあと思わずにはいられませんでした。また、BBCの中継を聞いていると、アビーに参列者が到着するのに合わせて「デイビッド・ベッカムです」等と名前をあげていくリポーターが、「チャールズ皇太子とその妻(wife)です」と、カミラ夫人だけ名前も称号(コーンウォール公爵夫人)も言わなかったのはすごく印象的でした…。
[PR]
# by uk-env | 2011-04-30 05:46 | ブライトンライフ
美食に飢えてベルギーへ
Iです。

春休みの旅第二弾は、ベルギーへ。当初、開発の進んでいない南部ワロン地方を回ろうかと思いましたが、イギリス人から「ベルギー南部は、イギリスの田舎とよく似ててつまらない」と聞いたので、定番の北部フランドル地方+ブラッセルを回ってきました。

【ゲント】
中世から毛織物交易で栄えた古い街。思っていたより街が大きくて、何も事前の下調べをしていなかった私は駅に着いた瞬間どうやって中心部に出たら良いのか立ち往生しましたが、慣れればトラムとバスが便利だし、中心部の観光客が行くような場所は十分徒歩で回れました。ブルージュと比べればまだ観光地化されておらず、人の生活を肌で感じられるのんびりした街です。
e0195686_7324100.jpg

Tシャツに革ジャケットという格好で行ったところ、あまりの暑さにジャケットはすぐさまお荷物に(でもユーロスターは空調が寒かった)。町なかの温度計は午後5時の時点で28度となっていました。活気のある運河沿いを散歩した後、乾いた喉に、おいしいベルギービールがたまりません。ゲント名物のワーテル・ゾーイにチャレンジしましたが、このシチューのようなの、美味しいんだけど暑い日向きではなかったかも。。

宿泊は、13世紀に建てられた修道院を改築したゲストハウス。部屋にテレビもなく、夜は存分に尼僧気分を味わうことになりましたが、他にはない雰囲気で、良い思い出になりました。

【ブルージュ】
こちらは町の中心部がまるごと世界遺産となっており、「屋根のない美術館」という形容にも頷ける、美しい町です。イースターということもあってかとにかく観光客が多く、道には馬車が、運河には小舟が、観光客を満載して行き交っていました。いかにも日本人好みの可愛い町で、中心部はある意味、テーマパークのよう。が、ちょっと小道に入れば、静かで絵になる落ち着いた通りが続いていて、散策が快適です。
e0195686_741262.jpg

あまりの暑さにどうしてもビールが飲みたくなります。強烈な日差しに日焼け止めを購入。サングラス必携。スニーカーに靴下なんて履いてられません、サンダル持ってきて良かった!これはもはや真夏の光景。
e0195686_745398.jpg

【アントワープ】
まず、とーっても立派な駅舎に感嘆。ヨーロッパには美しい駅舎が多いですが、ここはその中でも第一級でしょう。さすがベルギー第二の都会だけあって、道行く人も国際色豊か、駅前は若干治安悪げな感じです(怖いほどではありませんが)。

ルーベンスが晩年までの29年を過ごしたアトリエ兼住居も興味深いですが(やっぱりルーベンスって売れっ子だったのね…家、超豪華)、やはりその圧倒的な美しさから言えば大聖堂でしょう。「フランダースの犬」で、パトラッシュとネロがルーベンスの絵を見届けて死んじゃうところですね。その肝心の絵は、実はもっと大きな絵を想像していた私には若干肩透かしだったものの、街のどこから見ても美しい大聖堂は存在感がありました。余談ですが、ここの大聖堂では内部写真撮影OK。私はどうも教会の中で写真を撮るのに抵抗があって、「OK」と言われても何だか悪い気がしちゃうのですが、何故クリスチャンでもない自分がそういう感情に囚われているか不思議です。
e0195686_753178.jpg

【ブラッセル】
満を持して(?)最後はベルギーの首都にしてEUの首都でもあるブラッセルへ。ここまで回っていたフランドル地方はオランダ語圏のため、いきなりフランス語になって何だか適応できません、ボンジュールがぎこちない。

こちらもイースターとあってか人ごみが半端ありません。とりわけ世界で一番豪奢な広場とも言われるグラン・プラス周辺はすごい人出。食い倒れ横丁と呼ばれるブシェ通りは、観光客相手のレストランの客引きが鬱陶しい。非常に美術館の多い街なので、アートに興味がある人はいくら時間があっても足りないでしょうが、私の場合は、超有名観光地を半日で回ってしまった後は、とりあえず人ごみから逃げたくなり、公園へ。さすが大陸式で整っていて、美しいです(個人的には、自然なイギリスの公園の方が好きですが)。
e0195686_762440.jpg

【全体】
今回の旅の目的は「食」です。パリより美味しいと言われるベルギーの美食を試したかったし、そもそもビールも好きなもので。時間をかけて各都市回ったのも、一日に食べられる量・飲める量には限度があるから♪で、感想は…平均として、食べた瞬間に「美味しい!」と絶叫してしまうというほどではなかったものの、気付いたらアララ軽く完食してました!というように、不思議と次の一口が誘われてしまう奥深い「美味しさ」に唸らされました。イギリスでは、時に、お腹がすいていたのに、その辺で買ったサンドウィッチを食べ始めたら急激に食欲がなくなる、ということがあるのとは、エライ違いです。ただ、ベルギーでもイギリスでも人気のフリッツ(イギリスではチップス)に関しては、私は、イギリスの「そのまんま芋!」って感じの方が個人的には好みかも。にしても、ベルギーではこれを付け合わせで出すだけでなく、ポテトをメインで売る「フリッツ屋」がたくさんあったのは衝撃。美食の国にして、これはどういうこと?
e0195686_77693.jpg

ビールに関しては、いろいろ試し過ぎてどれがどれやらよく分からなくなってしまいました。が、一言で言えば、やっぱりベルギービールはいろいろ種類があって本当に楽しいです!!夏の日差しの中、戸外で人間ウォッチングしながら飲むベルギービールは最高。ただし、修道院系ビールなどはワイン並みに度数が強いので、昼間から調子に乗って飲んでいると、午後の観光がすべて面倒くさくなります。。
e0195686_774482.jpg

ワッフルやチョコレートといったお菓子も有名ですが、いよいよ今回の旅で気付いたのが、私は甘党ではないということ。ワッフルはとりあえずブラッセル風(甘くない四角いやつ)とリエージュ風(ザラメ入りの甘い丸いやつ)と食べましたが、日本の美味しいお菓子を知っているので、まあ、こんなもんかなと。最終日には、4コースランチのデザートに出てきたアイスクリーム&チョコレートがけワッフル、半分以上残しちゃいました…美味しかったけど、とてもお腹に入らなかった。。チョコレートに至っては、ベルギーチョコレートが有名になり過ぎて世界中どこでも買えるだけに、敢えてここで荷物を増やす気になれず。うん、女失格かも。
e0195686_781861.jpg

あと、言葉。観光地というのもありますが、さすがEUの中心、英語は観光に支障ない程度には普通に通じました。フランドル地方の人の方が上手で、ブラッセルでは結構怪しい人が多かった気がしますが。ただやはり看板が読めないのはちょっと辛いですね。

これからベルギーを旅する人へアドバイスするとすれば―。ゲント、ブルージュ、アントワープは、街の規模こそ違えど、やはりフランドル地方の一部ということで、中心部の雰囲気は似ているかもしれません。他方、ブラッセルはやはりフランスの影響が強く、街の感じがちょっと違います(単に都会でゴミゴミしてるという部分もありますが)。というわけで、ブラッセルだけでなく、フランドルの街にもどこか出かけてみると違いが面白いと思います。私は、行きそびれた南部ワロン地方がやはり心残りでした!
[PR]
# by uk-env | 2011-04-27 07:13 | 観光・旅行(Leisure Trip)
I love Brighton!
Iです。

今週末のイースター前に課題を仕上げる予定が、案の定、挫折しつつある今日この頃です。初めての5000 words×2本は、思った以上にきつかった…。

このところ、イギリスは本当にお天気が良くて、日中は半袖でちょうど良いくらいです。例年よりかなり気温が高いみたい。天気予報もこの通り!
e0195686_4423913.jpg


これだけ暖かいと、ビーチにも人がたくさん!昨日は、夜7時を回ってから、ビーチで夕日を眺めつつ友達と軽くビールを。さすがに日が落ちると肌寒くなりますが、春が来て、改めてBrightonが好きになった気がします。London生活も楽しかったけど、私にとっては、「私の街が好き!」という気持ちを強烈に植え付けてくれるのはBrightonだなと思います。ここの生活も残り少なくなったと思うと、一日一日が愛おしいですね。

今週は課題で頭がいっぱいであまり時間がないので、近所の写真でBrightonの春をお伝えします。

- 家のそばの教会
e0195686_4533764.jpg

- 典型的なHoveの通り。これが海に続いています
e0195686_454753.jpg

- Palmeira Square。大学行きのバスはここから発着します
e0195686_4544749.jpg

[PR]
# by uk-env | 2011-04-21 04:56 | ブライトンライフ
Beautiful sunshine!
Iです。

ブライトンには、春を通り越して夏が来てしまいました。全く勉強に集中できないと言ってよいほど、gorgeousなお天気が続いています。サマータイムのおかげで夕方も8時くらいまで明るい。イギリスでは、冬から春(夏)への移行が一気に進みます。

戸外のカフェやパブはサングラス姿の人でいっぱい。浮かれた人はビーチに繰り出し、半袖・短パン・サンダルで日光浴。もっと浮かれた人は水着姿。気が狂った人は…泳いでいます。

私も週末、新聞を持ってビーチへ(私は半袖ではさすがに寒いけど)。ブライトンの中心部辺りは、週末ともなるとウンザリするくらい人が多いですが、西のはずれのここHoveは比較的静か。冬の間は、せっかく海のそばに住んでいてもなかなかビーチに出かける気がしなかったものですが、このお天気なら毎日でも散歩したくなります。

- 遠くに見えるビルの辺りがブライトン中心部
e0195686_455694.jpg

- 反対側(何もない?)
e0195686_4561314.jpg

ビーチ沿いの魚屋さん。カレイとムール貝を購入しました。ムール貝はワイン蒸しに、カレイはムニエルとオーブン焼きにして楽しみました!
e0195686_4563998.jpg
e0195686_4571395.jpg
e0195686_4575248.jpg
[PR]
# by uk-env | 2011-04-12 04:59 | ブライトンライフ
神秘の国・北ウェールズ
Iです。

春休み、今回は5000 wordsのエッセイ2本を抱え、そうそう遊んでもいられないのですが、残り少ないイギリス生活を満喫すべく、未踏の地への旅行を敢行しています。

第一弾は北ウェールズ。良かったという人とつまらなかったという人と、極端に評価が分かれるこのdestinationですが、要は、いなか。私は好きでした!春を迎えて花が一斉に咲き乱れ、子羊達がよちよち歩くのどかな風景の中、電車に揺られること5時間半。ウェールズ北側の海岸線に沿って、エドワード1世が築いた世界遺産の3つのお城とスノードン山を見てきました。

【カナーヴォンCaernarfon】
電車すら通っていない小さな町。こんなところにあるカナーヴォン城なのに、イギリスの歴代皇太子の就任式はここで行われてきたというから驚きです。町の小ささに似つかわしくない大きく立派な城塞。ウェールズのお城は、まさに守りを固めるために造られたというのが一目で分かる堅牢なつくりで、圧倒されます。
e0195686_6264753.jpg

泊まったのは16世紀開業のイン(旅籠?)。雰囲気のあるレストランが良い感じでした。

【スランベリスLlanberis】
このダブルLの発音はどう頑張っても習得できそうにありませんでした。カナーヴォンからバスで20分ほど。ウェールズ最高峰のスノードン山の玄関口の町です。ここから、スノードン山の山頂まで登山鉄道で行くことができるのですが、生憎の強風で列車は途中駅止まり、かつ乗客は車両から降りられないという。それでもここまで来たからには行ってきましたが、1時間半の往復、全く身動きが取れない(小さな車両なので、8人が押し込められるコンパートメント内では、自分の席に座っている他ない)のは窮屈でした…。素晴らしい絶景を堪能しましたが、やはり、山頂まで行って窓越しでない風景を眺めたかったな。体力と時間のある人は、絶対自力登山が楽しいと思います。
e0195686_6272383.jpg

e0195686_6275142.jpg

スノードン山の向かいには、スレートの切り出しが行われてきた山が。ある意味無残な姿ですが、印象的ではあります。
e0195686_6281841.jpg

【ボーマリスBeaumaris】
ウェールズらしい霧雨の中、メナイ海峡を渡りアングルジー島・ボーマリス城へ。財政難のために建設が中断された未完のお城ですが、均整のとれた美しい姿は、完成していればカナーヴォン城・コンウェイ城より立派だっただろうと思われる優雅さでした。
e0195686_629045.jpg

e0195686_6292657.jpg

町自体は、寂れたピアが海岸にある他は小さなお店が並ぶ通りが一本あるだけで、特に見るべきものもなさそうなのでレストランへ。この辺りはムール貝が特産らしく、貝好きな私は今回の旅中、2回いただきましたが、この辺のムール貝はどうやら小粒みたい。

【コンウェイConwy】
人口的にはカナーヴォンの半分以下のはずですが、観光客向けのお店などはこちらの方が充実していたかも。海岸沿いのプロムナードはカナーヴォンよりリゾート感が強いです。
e0195686_6301771.jpg

コンウェイ城には朝イチで行ったので、私がその日の客第一号。ひとけのない崩れかけたお城―とりわけプリズン・タワーなど―はちょっと薄気味悪かったです。
e0195686_6305232.jpg


初めてのウェールズでしたが、標識等あらゆるものがウェールズ語と英語の併記になっており、町中でもかなりウェールズ語を耳にしました。英語「も」通じる異国に来た気分。何故か、日本の山陰を思い出しました。なんというか、神秘的な感じがあります。妖精(妖怪?)でも出てきて騙されそうな。田舎ゆえでしょうが、人々が人懐こい感じで、お店のおじさんやバスの運転手さんも親切でした。夏に来て登山を楽しむのが良さそうですね。
e0195686_631228.jpg

[PR]
# by uk-env | 2011-04-08 06:34 | 観光・旅行(Leisure Trip)
春の芸術鑑賞レビュー
Iです。

「自粛」というキーワードがjishukuとして海外メディアでも取り上げられるようになった今日この頃。それでも、イギリス文化をしっかり味わうことも留学中の義務(!)と信じて、この春の芸術鑑賞をレビューします。

【オペラ「マダム・バタフライ」@Royal Albert Hall】
 19世紀後半の長崎を舞台とした、日本人にはなじみ深いオペラ。蝶々夫人のアリア「ある晴れた日に」が有名ですね!
 Albert Hallの良いところは、何と言ってもチケットが安いところ。Royal Opera Houseで良い席で観ようとすると£150は下らないのですが(私はそんな席で観たことはない)、Albert Hallでは、正面の程良い高さの席でも£60程度です。Royal Opera Houseの人気オペラを£60程度でちゃんと見える席で観るにはチケット発売日に狙いを定めて買わないといけないのとはかなり差があります。他方、Albert Hallでは、英語に翻訳されて歌われるためサブタイトルがなく、却って歌詞は分かりにくかったかも。
 日本文化の描き方について「?」な部分もなきにしもあらずですが、プッチーニがこれを20世紀初頭に作曲したことを思えば、彼はとても研究熱心だったんだなあと感心します。曲中に日本の民謡なども織り込まれており、楽しかったです。しかし、ストーリー自体は、サイテー男のアメリカ士官ピンカートンに遊ばれて捨てられた挙句、子供まで取り上げられて自殺する、可哀そうな没落士族の娘の話なので、ひたすら悲しい。幕の後に、ピンカートン役に対しては拍手とともにブーイングが贈られていました!ちなみに、当時長崎にはこうした居留外国人の「現地妻」になった若い女性がたくさんいたそうで。有名どころで言えば、グラバー(スコットランド人)とかシーボルト(ドイツ人)にも現地妻がいた(グラバーの現地妻が蝶々夫人のモデルという説もあり)。なのに、この軽薄な居留外国人がアメリカ人という設定になっているところに、当時のヨーロッパ人のアメリカ蔑視も透けて見えます。
e0195686_2331966.jpg


【ミュージカル「レ・ミゼラブル」@Queen’s theatre】
 マチネ(お昼の公演)に行きました。この超有名な「レ・ミゼラブル」がこんな小さな劇場で公演されているとは知りませんでした。二階席でしたが、十分に臨場感あり!子役の歌声が素晴らしく、セットや照明も非常に効果的に使われていて楽しかったです。やはり英語の歌はとても聞き取りづらいので、話の筋を予習して行って正解。
 一応、主人公はジャン・ジョルダンなんだと思いますが、彼を取り巻く人々それぞれに物語があって、味わい深いです。私は、報われない恋を嘆くエポニーヌ(銃弾に倒れて最後だけ愛する人の腕の中で死んでいくのが救い?)や、官吏としてジャン・ジョルダンと対立するも、職務と自己のアイデンティティの狭間で悩み自殺してしまうジャベールが、個人的には好きでしたね。
 隣のカップルの男性が公演中に携帯を鳴らし、それをきっかけに二人が口論を始めるというあり得ない展開に、一時注意がそがれましたが、それでも最後には思わず涙してしまう、素晴らしいミュージカルでした!

【映画「カルメン3D」@ODEON】
 映画と言えど結局オペラ。是非生で見たかったのですが、英国滞在中に上演予定がなくて断念していたところ、Royal Opera Houseの公演を録画した3D映画が今春封切られたので行ってきました。
 もちろんオペラハウスで生で観るより圧倒的に安いのは良いのですが、その分、周囲の観客の没頭感も幾分低く、ヒソヒソ声やポテトチップの袋のパリパリいう音にはゲンナリさせられました。まあ、カルメンはこれでもかと言うほど有名な曲が満載なので、3時間の上演も集中力を切らさずに楽しめましたが。冒頭の前奏曲、カルメンの「ハバネラ」、エスカミーリョの「闘牛士の歌」あたりは、聞いたことないって人はいないでしょう。
 ただ、このオペラ、私はストーリー的には誰にも感情移入できなかったですね…私の人生経験が浅いだけってことでしょうけど。アウトローなジプシー・カルメン、自信タップリの闘牛士エスカミーリョは、キャラクターとしては非常に魅力的なんですが、ちょっとアクが強過ぎる。カルメンの魔性の虜になって転落していく田舎者の兵隊ホセは、ウブさもここまで来れば立派なストーカー。まあ、特定の誰かの視点にハマってストーリーを追わず、ころころと視点を変えることができるので、そういう意味では却って面白かったと言えるかもしれません。
 肝心の(?)3Dについては、TOSHIBAプレゼンツということで技術的には素晴らしいのでしょうが、左右の耳の高さが違うが故に普通のメガネがどうしても合わない私には苦痛でした…。
e0195686_2335238.jpg

[PR]
# by uk-env | 2011-04-06 02:34 | ロンドン生活(London life)
4つの課題 Four environmental assignments
Uです:

今日を以て今期の課題はすべて提出して春休みを迎えることができました。 I have submitted all the four assignments to my department to today, so now I can say "welcome the Easter vacation."



先週と今週に提出した課題は、以下の4つです。The following four assignments are those handed in either last and this week.

(1) 資源経済学 (Resource Economics and Management)

森林資源の利用と保全のバランスを経済学的に捉えるもので、生物多様性などのアメニティ価値を創出する原生林と木材や農業的利益を約束する森林伐採+新たな土地利用を比較し、どうやって利益を最大化するかのモデルを構築するもの。このモデルは、論理的にはPESやREDD+にも当てはめられるもので、データや価格の不確実性、生物多様性などの経済評価、そして非市場価値をどこまで重んじるか、などが現実に用いる場合の課題と言えます。(提出したペーパーはコチラ
This assignment focused on economic balance between use and conservatation of natural forestry, set up an economic model comparing old trees generating amenity values such as biodiversity benefits, with timer harvest and agriculture yielding timbers and crops benefits, finally optimising the allocations to achieve maximum profits. This model can be applied to PES and REDD+ but the challenges in reality should be uncertainty about data and price, difficulty of valuing biodiversity, and priority of non-market values. (See my submitted paper from here

(2) 環境評価 (Environmental Valuation)

ヘドニックプライスを用いて有害廃棄物処理場の環境価値を換算した論文に対してその間違いを指摘し、修正を促すもの。統計学的に見て不適当な分析法を行っていることなどが根本的に誤りのようで、おそらく正しい方法で分析を行い直すと、妥当な結果が得られそうにないことが一番の問題のようです。(提出したペーパーはコチラ
This task to critically evaluate the academic paper estimating environmental value associated with hazardous waste sites by hedonic price model. The biggest mistake of this paper would be statistically unreliable process of analysis and if we re-evaluate it, it seems quite unlikely to show any reliable results. (See my submitted paper from here

(3) 生物多様性 (Biodiversity and Conservation Biology)

生物多様性保全に向け、市民の関心を引くウェブ記事を作成するもの。海洋資源の枯渇をテーマに、「寿司、ステーキ、マッシュポテト、あなたはどれが好き?」と題した文章を書きました。漁業資源の枯渇を乗り切るため、代替魚は魚の消費量全体が増加していることからその場凌ぎでしかなく、牛肉に切り替えようとも温暖化の観点からは逆に問題が多く、国民総ベジタリアンは現実的でないことから、結局は毎日の生活の中での息の長い取り組みが求められるという話です。(提出したペーパーはコチラ
This task is to make a web article in order to raise public awareness of biodiversity conservation. I wrote the paper, called "Do you like sushi? Steak? Or mushed potatoes?" This argues that marine species are gonna be endangered, but substitute fish, beef and vegetarianism are not plausible options so that long-term and step-by-step approach would be preferable. (See my submitted paper from here

(4) 気候変動 (Climate Change: Science and Management)

英国における将来の気候変動の影響と適用対策を検討するため、保険業界にフォーカスしたエッセーを書いたもの。保険業界はあまり知られていないが、貸借対照表全体が気候変動に寄って影響を受けるなど、その影響は大きく、英国の温暖化も保険料の増大など将来の負担を悪化させることが予想される。この対応策としては、地域レベルでの将来の被害予測、適応に応じた保険料の増減を通じた誘導策、保険業のリスク専門家としてのコンサルティングやアドバイスが期待されるも、まだまだ取り組みは限定的であり、更なる発展が必要というラインで書いています。(提出したペーパーはコチラ
In order to consider the future climate impacts and plausible adaptation strategy in the UK, this assignment was focused on one sector, for me UK insurance sector. The climate impact on insurance industry should be surprisingly huge and UK insurers would suffer from increased losses by flooding so on. Adaptation strategies for them would be estimation of the climate risk at local level, incentivizing risk-reducing behaviours by changing premiums in accordance with adaptations implemented, and consulting or advising services as risk experts. However, those actions are so far limited thus further developments are needed in the UK. (See my submitted paper from here

1ヶ月後には、更に3本の課題を提出する予定ですので、休暇中も計画的に勉強していこうと思います。
The other three environmental assignments are supposed to be handed in just one month later so that I am keeping on study even in the Easter vacation in order to complete such three tasks on time.
[PR]
# by uk-env | 2011-03-22 07:45 | 大学(York Uni)
ヨークでの被災募金活動 Earthquake donations in York
Uです:

大学が今週末に終了しましたが、この最後の1週間は、課題に追われつつ、大学の日本人コミュニティが中心となった募金活動にも参加していました。
The uni finally finished at the end of last week when I not only rushed in assignment work (quite often stayed overnight in my department...) but also engaged in fund-raising activities with the other members of Japan community in the university.

(1)ヨーク大学で開設したオンライン募金はコチラ
・The online-donation site set up in the University of York: from here

(2)イギリスの大学間のネットーワークで開設したオンライン募金はコチラ
・The online-fund raising site set up by the Japanese students across the UK universities: from here



ちなみに、昨日は、ヨークに住む日本人コミュニティ地が開催したチャリティイベントに参加、折鶴を教えたり、着物の着付け、名前の筆書き、剣道・茶道・指圧の実演があったりして、たくさんの人が来ていました。
On a side note, yesterday we joined the charity event held by Japanese community liviing in York city, making Origami together, teaching how to wear Kimono, and writing English names by Kanji in brushstrokes, along with the demonstrations of "Kendo" (Japanese art of fencing), "Sado"(Japanese tea ceremony), and "Shiatsu" (finger massage). There were many many people coming!

e0195686_16345623.jpg

e0195686_1635196.jpg

e0195686_16353378.jpg


募金活動は、一過性ではないので、これからも、市内での活動やオークション、チャリティイベント等に参加して、引き続き現状を伝えていこうと思っています。
As a raise-for-donation compaign shoud not be temporary but last for a long time as the same as turnaround management by suffers, I will also commit in similar activities in the city, auction, charity events and so on, telling what happended and what is going on.

[PR]
# by uk-env | 2011-03-20 16:32 | 大学(York Uni)
春学期を振り返って(エネルギー政策)
Iです。

春学期も終了し、早いもので、サセックスでのインプットの意味での授業は、これでほぼ終わってしまったことになります(夏学期に、修論執筆のための研究方法論の授業はありますが)。

今学期受けた2つの授業のうち、「エネルギーと気候政策」の授業は大変ためになりました。まあ、考えようによっては、気候変動を仕事としていた渡英前の2年間である程度分かっていなくてはならなかった分野とも言えますが。ただ、「エネルギー」と一口に言っても理解しなければならない内容は膨大で、一学期、12回のレクチャーと8回のセミナーで十分に消化できた気は、実はあまりしていません。再生可能エネルギーなんて、それだけで一学期分のモジュールになるんじゃないかしら。ともあれ、エネルギー関連の議論を、十分深め切れなかったにせよ、幅広く入り口の土地勘を掴めた点で、とても有用でした。

特に、最終週のセミナーは楽しかった。個人的には、地震で頭が一杯で(という言い訳で)十分準備ができなかったのですが、温室効果ガスを2050年までに80%(1990年比)削減する目標に向けて英国がどのようなパスを描くべきかという議論です。まあ、学期全体の総まとめといったところ。使用したのは、英国エネルギー気候変動省が公表している2050 Web Tool。エネルギー需要側の努力と供給側の努力を組み合わせて、自分が最適と思う80%削減の道筋を描くことができます。上記は若干上級者向けというか、ある程度エネルギーに関する知識がないと難しいのですが、これをもっと単純化したMy 2050は万人にオススメです!

これらで遊んでみると、80%削減という目標がいかに野心的かが実感できます。セミナーでは、High-Techシナリオ、Deep-Greenシナリオ等、役割分担をしてストーリーに沿ったシナリオを学生が作成し、議論しました。例えば、Deep-Greenシナリオは、新設原子力やCCSを使わない。これでいくと、再生可能エネルギーに思いっきり投資したとしても、かなり需要側を絞ってやる―例えば、年間平均移動距離を減らして運輸部門の排出を減らすとか、室温を下げて暖房エネルギーを減らすとか、産業部門のエネルギー効率を大幅アップするとか―ことが必要です。ちなみに、High-Techシナリオに沿って作った私のシナリオはコチラです(私個人のポジションではありません、念のため!)。ポイントは、原子力、CCSを含め、供給側に技術を幅広く、バランス良く配しているところ。ただ、個人の「行動の変化」に期待しない(このグローバリズムの御時世、移動距離を減らせますか?室温17度でホントに我慢しますか?)という前提から出発しているので、そこをいじらないとすると、エネルギーの電化を推進し、産業部門のエネルギー効率を大幅に上げ(以上需要側)、国土の10%をバイオエネルギー生産に充てる(供給側)というような、現実的でない政策が必要になっています。

もちろん、このモデルの出来の良し悪しという話は議論の対象になり得ますが、そこを措いたとしても、こうやって試行錯誤して80%どう達成するか考えてみるのはとても面白かった。イノベーションをあまり後ろ向きに語りたくはないけれど、結局我々は今の生活の何かを諦めなくてはならないので、国民のコンセンサス形成の上で、良いツールだと思いました。このツールを使った有識者による議論もウェブ上で公開されており、そこに国民が参加も可能できる形(時間は短かったですが)になっており、興味深いです。

このモジュールの評価は、5000 wordsのタームペーパー。お題は自由に選べるのですが、教官の承認を得る必要があり。私、実は原子力発電と気候変動・エネルギー安全保障ということで教官に相談していたところに今回の地震が起きて、教官から、「タイムリーなテーマになったから、是非日本のコンテクストで書くように」という指示をいただきました。。正直言って、今はこれ考えるのまだ辛いんですけど…(福島の現場で対応に当たられている方々には、本当に頭が下がります)。でも、本当に真面目に考えなければならないテーマとなってしまったことは事実。春休み、他の課題もあるので、このテーマはもう少し寝かせてから取り掛かる予定です。
[PR]
# by uk-env | 2011-03-20 08:15 | 大学(Sussex)
思いつくままに(東北地方太平洋沖地震から一週間)
Iです。

 更新が滞っておりました。東北地方太平洋沖地震にて被災された地域の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 地震から一週間。個人的には、家族等に被害はなかった私ですが、おそらくは多くの日本の皆さんがそうであるように、今週はとても精神的にキツい一週間でした。被災された方のことを思うと甘ったれたことは言えませんが、被災地から遠く離れたイギリスの地で個人的に思ったこと、忘れないうちに書いておきます。

 まずは、自分の反省から。日本時間3月11日(金)14:46頃起こった今回の地震、イギリス時間では同日05:46になります。したがって、私が第一報に接したのは、起床後に見た朝7時過ぎのテレビのニュースでした。この時、大変なことが起こったとは思ったものの、被害の規模等ここまでとは思わず、そのまま8時前には家を出て、普通に学校生活を送り(その日は昼食すらワーキングランチという形で一日予定がいっぱいで、ネットを見る余裕すらなかった)、夕方帰宅してからテレビを見て、被害状況に仰天することになりました。もちろん、キャンパスで友人から何度も大丈夫?と聞かれましたが、私があまりに冷静なので、周囲は驚いていたようです…。立場が立場なら、いかに情報が限られていても常に悪い状況を予想しなければならないわけで、自分の甘さをつくづく反省しました。

 そして、週末、刻々と入ってくるショッキングなニュースを見て(USTREAMで日本のテレビをライブで見ることができたのは有難かった)、ものすごく精神的にダメージを受けていることに自分自身驚きました。遠い外国の地にあって、いかに周囲から励ましの言葉を受けようとも、本当の意味での「感情」を共有できる人が身近に少ないことが、「キツさ」を増幅させたように思います。

 では、自分に何ができるか。週明けにはうちの大学においても日本人学生による募金活動が始まりました。おそらく各所で指摘がなされていると思いますが、果たして、我々は「被災者支援のための募金活動」という形で今回の事態に対応することが適切なのか、という点があります。日本人学生の活動アピールに対して学内からも、「日本は世界でも有数の金持ち国であって、リソースは日本政府が持っている。もし自然災害の被災者に募金するなら、既に忘れられつつある中国四川地震、パキスタン地震等々の、途上国の被災者に向けるべきではないか(その時々のヘッドラインを飾る災害に反応するだけでなく、復興には長い時間を要することを忘れてはいけない)。あるいは、今回の日本の地震を活かすならば、集められた募金は、例えば今後の防災対策の在り方についてのワークショップ開催等に使うべきではないか」との声がありました。
 私は、この指摘はもっともだと思っています(タイミングと、メーリングリストで学部全体に回すやり方に、もっと配慮があっても良かったと思うけど)。もちろん、この意見は一部の日本人学生の反発を買い、当該意見をメーリングリストに載せた教官が議論のための場を設けることになりましたが、日本人学生はその議論の場にも出席しないことで足並みを揃えるべきと連絡が回っておりました(私は、それは違うだろーと思うけど)。。。
 私個人は、誤解を恐れずに言えば、募金活動は「自分のため」である部分が大きいように思っています。被災者の状況を見聞きするにつれ、居てもたってもいられない、何か行動したいという気持ちは、今回痛いほど分かりました。たぶん、こういう気持ちは人生で初めてです。世界市民の一員としてそれが最も正しい行動の在り方ではなくても、おそらく今多くの人の「何かしなければ」の思いを掻き立てているのは日本の被災者の姿。その気持ちを納得させるために、最も手っ取り早いのが、ファンドレイジングという形だったと思います。自分自身、活動に参加して、ものすごく気持ちが楽になったと感じています。また、多くの人が実際に募金してくれるのを体感するのも良い勉強でした―中国人学生が、「本当に心配している」と言って10ポンド札ポンと入れてくれるのを見て、自分は中国の地震でそこまでしただろうかと自問するきっかけにもなりました。

 原発については、状況が分からなさ過ぎるので、現段階ではコメントしないことにします。ただ、環境を勉強している立場からすれば、この状況において今後気候変動にどう対処していくのか、世界のエネルギー政策を根本から見直すことが不可欠(すぐにも原発廃止ということではないにせよ、求められる安全性のレベルが格段に増したことによるコスト増、政治的実現可能性の低下は、目の前の現実)。

 春学期も今日で終了しました。今週はプレゼン等で忙しく、地震に関してはニュースを追うばかりで落ち着いて考える余裕がなかったのですが、日本の歴史の大きな転換点となるであろう今回の地震を海外から見つめる貴重な立場にあることを肝に銘じて、自分にできることを考えていきたいです。
[PR]
# by uk-env | 2011-03-19 04:33
Lovely Cornwall ラブリーなコーンウォール
Uです:

大学の読書週間(1週間授業が休み)を活用して、南西イングランドのコーンウォールに行ってきました。
Had a 5-day trip to Cornwall, south-west England, in the "reading" week offered by my environmental department (no classes but just reading materials for 1 week).

1.Plymouth (プリモス)

綺麗な港町です。魚料理が美味しい。
Beautiful and cosy harbour town. Fish dishes were just yummy.

e0195686_16465786.jpg

Piermasters
e0195686_1647267.jpg


2. Dartsmoor National Park (ダーツモア国立公園)

イギリスで最も人気のある国立公園。野生のポニーに会えます。
The most popular national park in the UK where we can meet wildlife pony.

e0195686_1648545.jpg
e0195686_16483627.jpg
e0195686_16482160.jpg


デボン名物のクリームティーとぐうたら猫 Davon Cream Tea and lazy cat
e0195686_16492036.jpg

e0195686_1649469.jpg


3. Penzance (ペンザンス)

イギリス版モンサンミッシェルがあります (St Michael Mount)
e0195686_16502037.jpg

e0195686_16504712.jpg

e0195686_16513978.jpg
e0195686_16511865.jpg


本当に美味しかったイノシシの肉 Really delicious wild boar (at Mount Heaven)
e0195686_1652982.jpg


3. St Eves (セントアイヴス)

芸術家が集まるオシャレな町 Colourful and fashionable town famous for artisits

e0195686_16525554.jpg

e0195686_16531635.jpg


4. North Cornwall (北コンウォール)

海岸線のドライブは気持ちいいです。
Exhilarating ride along the coastal line
e0195686_1653479.jpg

e0195686_16541017.jpg

e0195686_16543155.jpg


5. Tintagel

海沿いに綺麗なビーチやお城がありますが、生憎の嵐。。。
Beautiful beach and castle with the unfortunate storm...
e0195686_16545545.jpg

e0195686_1656167.jpg
e0195686_16555241.jpg
e0195686_16553547.jpg


6. Exmoor National Park (エックスモア国立公園)

もう一つのモア。宿泊したホテルも公園内にあるマナーハウスでした。
Another moor where our manor house hotel locates
e0195686_16564642.jpg

e0195686_16572127.jpg
e0195686_1657540.jpg


(ちなみに On a side note)
今回レンタカーをしましたが、カーナビがついておらず、TESCOで買いました(59ポンド)。場合によっては買った方が安いですが、あらかじめ必要な場合は依頼しておきましょう。
Our hired car did not equip Sat Nav thus we had to buy it at £59 from TESCO which was actual cheaper than a rental one. But if Sat-Nav needs to be equipped, you are strongly recommended to ask it to your hire car company (e.g. Hertz) in advance.
値段が半分くらい安かったため、マニュアルカーの運転をしましたが、10年ぶりに運転したので、エンストを何度もしました。慣れることが大事です。
A manual car is much more popular thus cheaper than an automatic one. But I hadn't driven this since 1999 when I got the car licence in Japan, I suffered sudden engine stalls many times... Yes, you need to get used to it with some time but I assure you it's just fun ;p
[PR]
# by uk-env | 2011-03-07 16:28 | 観光・旅行(Leisure Trip)
Viva la statistics 統計はお好き?
Uです:

今週末に統計・数的解析コースの課題の提出期限があり、数週間に渡り忙殺されていました。内容は、「」という無料の統計ソフトを使って、サンゴ礁を棲家とする羽太の生息データから、どの外部要因(サンゴ礁のサイズ・漁業活動など)が生息数に影響を及ぼしているか分析するものでした(提出したペーパーはこちらから)。
I had been stragling with the assignment for Statistics & Quantitative Methods for the last three weeks. This was about the ecological analysis with statistics software "R" on the impacts of several factors such as coral reef size, fishery on the habitats of coral reef fishes - groupers. (See my paper from this)

NOT



BUT


統計解析には様々な手法があることを知り(t検定、F検定、コルモゴロフ・スミルノフ検定、分散分析、ピアソン又はスピアマンの相関分析、OLS回帰モデル、ポアソン回帰分析…)、データを利用した基礎的な分析方法が分かったのはよかったです。
The benefical thing for me is that I have learned various statistical tools (t-test, f-test, ks-test, ANOVA, Pearson correlation, OLS regression model, Poisson GLM etc etc), which can be used for the basic data analysis in the future.

面白かったのは、この授業は生態学の世界で使われている統計分析を学んだのですが、他の授業(環境経済評価手法)では、同じ分析手法を用いる場合であっても、計量経済学者が用いる解析ソフト「LIMDEP」を使ったり、分析プロセスも違うことです(例えば、「R」は計量経済学の世界ではほとんど利用されていないので、使わないべき;また、自然科学の統計では、「赤池情報量基準」を用いてバックワードなステップで変数を減らしていくやり方がありますが、あまり信頼性がないので、p値かt値を見ながら一つずつ減らすべき、など)。教授の好みもあるのでしょうが。
The more interesting thing is to know the fact that different academic fields use different statistical tools and different analytical processes even though adopting the same stastical tool. For instance, Environmental Valuation, the other module, uses the econometric tool "LIMDEP" that economists and econometrists like. Also the professor of that Valuation module does not like AIC reduction model (backward step model to reduce non-significant variables) because of its little reliability but which was recommended in the above "Econological" stats course. It also depends on researchers' preferences though.

このため、来年からは、環境経済学を専攻する学生に生態学をベースとした統計を教えるのはやめるそうです。その違いを知るのは面白かったですが、確かにそちらの方が効率的で無用な混乱を招かない気もします。
Thus, the Environmental Deaprtment of York University is considering to change the course structure from next year especially for Environmental Economics and Environmental Management and teach those students "consolidated" quantitative analytical methods from the above two varied academic fields (I don't how to manage it though). I actually enjoyed knowing such difference in statistical policy between two fields but that integration seems more efficient and reasonable.

ちなみに、(保険会社に勤める友人から聞いた話によると)保険会社では、保険料率の設定に当たっては、とても複雑な統計数理モデルを使って、世界中から集めたデータを用いたリスク要因(生命保険では私達の病気や事故歴など)からリスク発生率を解析しているそうで、アメリカでは悪名高い投資会社も同様の分析を行って、生命保険のポリシー(契約上の権利)をお金が欲しい人から買い取って、代わりに保険料を納め、その人が死亡した時には保険金を代わりに受け取る、というビジネスが2008年くらいから流行っているそうです!!!
On a side note, (according to my friend who has an expertise of insurance business,) insurers analyse the probability of risk occurrance from millions of risk factors that they collect around the world as sample data (e.g. for life insurance, our disease and accident records) with super complicated statistical and mathmatical models, in order to assess premium rate of insurance product. And mainly in the US, (notorious) investment companies have launched some insurace-related business since 2008 - with the analysis on the likelihood of life insurance claims as the same as insurers, these investors purchase life insurance policies from policyholders who need cash now, pay premiums for them, and receive the insurace instead of such policyholders when they go to heaven. Wow, what a clean business!

ということで、統計の大事さを学んだ数週間でしたが、最終日はクラスメートと「統計なんて糞食らえ」という打ち上げパーティをして締めてきました。では、修士論文まではさようなら。
Anyway, the last few weeks was when I learned the "importance" of stats, and last night after the submission of the assignment, I enjoyed the party time with mates, as we say "screw stats" party. Right then, good-bye stats until my dissertation ;p



[PR]
# by uk-env | 2011-03-05 18:32 | 大学(York Uni)
Horse riding
Iです。

昨年末から乗馬スクールに通っているのですが、ようやく10鞍到達したので、状況報告を。

通っているスクールは、ブライトン中心部からバスで20分程度の、South Downs国立公園の中にあります。家族経営っぽいというか、全体に「適当」な空気が漂っています(例えばレッスンをドタキャンしてもキャンセル料という概念がないなど)が、馬は数十頭所有しているようで、結構な規模です。先生は20代前半と思われるGrace、馬は14歳♂のSherlock。クリスマスと私の試験期間を挟んで間が空いたこともあり、まだようやく馬上で立ったり座ったり(up and down)しながらのtrot(速足)ができるようになったところです。スジは良いと褒められるものの、たぶん、日本のスクールの標準と比べると進歩は遅いような。理由の一つは、Graceの細かな指示を私がきちんと聞き取れていないことかも。。だって、大学では絶対出てこない言葉の連続なんですもの。せめて、馬具の名称くらいは事前に勉強してから行くべきでした。

一鞍目、二鞍目あたりまではwalkingだけだったので、乗馬はインナーマッスルに効くとか筋肉痛になるとかいう噂が信じられないくらい楽勝でした。ところが、trotに入って、馬の横腹を両足で繰り返し蹴ってやったり、鞍の上でup and downをやったり、馬をコントロールすべく横腹を足で内側に押したり、と、普段使わない筋肉を酷使するようになって、状況は一変。Sherlockは若干気分屋さんで、四鞍目あたりでは、(おそらく初心者の私をバカにして)急に後ずさりしてみたり前足を上げてみたり。馬の上というのは予想以上に高く、落馬が怖いので、両脚でガッチリSherlockにしがみついていたところ、わずか30分のレッスンの後にはまっすぐ歩けないくらい足がガクガクでした。「内側に押せって言うけど、筋肉ないからどうやったら良いかわかんない」とGraceに訴えると、「そうね、筋トレしないと。乗馬やってるとお尻と足がでっかくなるわよ」と。それちっとも嬉しくないんですけど。。ちなみに、彼女のオススメは、砂糖袋を足の甲の上に乗せて上げ下げすることだそうです(当然一回もやってません)。

四鞍~六鞍あたりの頃は、帰宅すると得も言われぬ疲労感に困惑していたのですが、さすがに最近はそれもなくなってきました。ただ、慣れてくるにつれGraceから姿勢について厳しいチェックが入るようになり、その良い姿勢をキープするのは未だに大変です。春になったら外乗に行くのが目標!早くcanter(駆け足)もやってみたいです。
[PR]
# by uk-env | 2011-03-02 06:47 | ブライトンライフ
切羽詰まってきました
Iです。

早いもので2月末。日も随分長くなり、日の出が7時前、日没が17時半くらいになりました。ここのところ雨や霧が多かったものの、今日のように太陽が顔を出せば、街はすっかり春の風情!

大学の授業も残すところ3週間となり、先週体調を崩したのも響いて全体的にビハインドな状況です。この先、お尻に火がついている予定は以下の通り。

エネルギー及び気候政策: 2000 wordsの政策提言書を仕上げることが今週末の課題。トピックは再生可能エネルギー起源の電力の普及促進策。フィードインタリフやRPSなどですね。日本のフィードインタリフの議論についていくためにも勉強になります。が、政策提言書は日本政府あてではないので…、ちょっと書きにくいかな。国ごとにあまりに状況が違うので、政策提言書をターゲットなしに書くのは非常にやりづらく、私はイギリス政府を対象の念頭に書く心づもり。

同: 5000 wordsのタームペーパー。トピックは未定…(学期末までにトピックについて教官の承認を得る必要がある)。このモジュールはすべてのトピックが面白いので、絞り込めなくて。自分の弱い分野を勉強するとすれば、バイオ燃料、原子力、CCSあたりですが、5000 wordsを書けるほどの強い関心が自分にあるかというところ、慎重に見極め中です。

サステナビリティのためのイノベーション: こちらも5000 wordsのタームペーパー。どちらかというとこっちの方が深刻で、エネルギーのモジュールに比べて自分の関心ポイントが限定されている。一番ラクなのは、イノベーションを促進する政策の役割について、(エネルギーのモジュールで少々勉強した)再生可能エネルギーをケーススタディとして書くこと。個人的に興味があるのは、競争力と政策の関係ですが、現段階で何となく先の見通しが立たなくて躊躇しているところ。

修論: 早くトピックを固めてスーパーバイザーを探さなくてはいけないのですが。どうも、上記3つで既に頭がいっぱいで、つい後回しになりがちです。今、漠然と考えているのは、イギリスの気候変動政策の立案過程です。イギリスの気候変動政策って、短期間でクリエイティブなアイディアを技術的にも政治的にも実行可能な形にするのが得意な印象を持っていて、それは何故なのか興味があります。外部有識者(アカデミア、産業界)の巻き込み方みたいなところに焦点を当てて研究できたらと思っていますが、全然詰まっておらず、大学の教授陣に相談に行く勇気がまだ持てないところ。


仕事においては「優先順位付け」は当たり前ですが、どうも、学校の勉強みたいにじっくり腰を据えてやる作業というのは、複数のことを並行して進めるのが私はすごく苦手で。イースター休暇を満喫するためには、相当ネジを巻いていく必要がありそうです。
[PR]
# by uk-env | 2011-02-26 19:00 | 大学(Sussex)
嬉しくない初体験
Iです。

お天気も悪くて気分がアガらない今日この頃ですが、週末、渡英後初めてまともに寝込んでしまいました。これまでもまあ風邪を引くことはありましたが、2日間くらいベッドから動けなかったのは初めて。熱はないのに、全く食欲がなくて、水すら受け付けない。少しでも胃にモノが入るとどうしようもない気持ち悪さに襲われ、とにかくそれから逃れるために眠るという感じ。土日の2日間で口にしたのは、フラットシェアしているファミリーのお父さんNickが作ってくれたカボチャのスープ2~3口、ホットレモネード、チョコひとかけらという状況で、栄養が取れないので、エネルギー不足で段々体が冷えてきた。更には、気持ち悪さ故に体を丸めているので、首から背中の筋肉ががちがち、頭痛が始まる始末。どうしたらよいのか途方に暮れました。

一人暮らしが長いので、風邪を引いた時の対策はもう分かっているつもりになっていました。あ、熱が出るな、と思ったら、早目にスーパーに行って、栄養のあるものとか体を温めるもの、発熱時も食べやすいヨーグルトなどを買いだめ。ビタミンCを浴びるように取って汗を出す。過去の経験では、大体これで一晩で回復基調に乗せられるし、仮に本格的に熱が出ても、すべきことは分かっている。基本的に、食べなきゃ治らないというのが持論。これが、今回は全く通用しなくて。ファミリーのお母さんEmmaがお医者さんなので様子を見てくれたけれど、どうやらウィルス性なのでどうしようもない、食べられないうちは無理しない方が良いわよ、体が食べる準備ができたら教えてくれるから、と。いやいや、一人で何でもできると思ってたけど、今回はファミリーに救われました。ありがとう~。

昨日月曜日は何とか大学には行ったものの、リーディングもやってないし朦朧として授業は半分しか頭に入らない、という感じでした。が、幸い、午後に何とかお素麺を食べることができ、やはり食のパワーで回復。今日火曜日は食をボチボチ普通に戻しつつあるところ(夕食に野菜スープを食べたら、食べ終わって食器を洗っている時に突然吐き気に襲われ、トイレへ…私は妊婦か!)。

今月、ついてないなあ。。でも、これで乗り越えたはずなので、明日から気合を入れ直して遅れを取り戻さねば!まずは、金曜日に行ったプレゼン(再生可能エネルギーの導入促進策)に基づく政策提言書の執筆です。
[PR]
# by uk-env | 2011-02-23 06:15 | ブライトンライフ
PC依存生活
Iです。

ツイてない1週間でした。

1) 風邪を引く。
2) 電車やバスの乗り継ぎではことごとく目の前でドアが閉まる。
3) 乗馬レッスンの日に限って大雨。

そして極めつけ、
4) ノートパソコンにお茶をぶちまける。しかもプレゼン3日前。

1~3についてはまあそういう時もあるよね、と笑えるものの、4についてはカップ半分の量をキーボード上に派手にやってしまったので、本気で青ざめました。留学生活においてPCは必須。大学の授業で不可欠(プレゼン準備、エッセイ執筆)という点もありますが、考えてみれば、あらゆる情報収集はインターネット、連絡はメールor Facebook、日本の家族や彼とのコミュニケーションはスカイプに頼りきり。すべて、PCがないと始まりません(携帯でもインターネット・メールはできますが、やはり限界はありますよね)。ここで日本語が使えるPCがダメになったら生活が立ち行きません。いかに私の生活がPC・インターネットに依存しているか痛感させられます。

データの類は基本的にハードディスクには保存しないようにしていて、メールもGmailを使うことでリスク分散しているので、必要なデータを失ってしまう心配はなかったものの、もしホントにPCが死んでしまっていたら、買い換えざるを得ない。日本語が使えるPCを中古で買うのか、新規で日本から取り寄せるのか、イギリス版に日本語ソフトを載せるのか…頭を抱えました。幸い、丸一日電源をオフにして乾かすことで、何とかシステムが立ち上がるようになり、プレゼン準備の間はかなり怪しい動き(勝手にxを連打する等)に悩まされたものの、時間経過とともに徐々に回復。どうやら何とかサバイブしてくれた模様です。

この間、大学のPCでメールを書いたり等していましたが、英語PCで日本語を使いたい時に使えるサイトがあることを発見。旅先などでも使えそうです。

それにしても、ここまで生活がPCに依存するようになったのはほんのここ10年くらいですよね。私なんて、学部1~2年生の頃は、クラス等で分担して作成する試験対策のプリント(授業に出なくてもこの通称「シケプリ」を入手して勉強できるように、というふざけた制度。その分、自分の担当の科目はノートを超える内容をまとめなければならない)を手書きで作ってましたからね。今考えると信じられない。歳がバレますね。でも、その時代に留学していれば、きっと日本語に触れる機会は今より圧倒的に少ないはずで、英語を伸ばすという意味ではそのほうが良かったのかも。
[PR]
# by uk-env | 2011-02-19 06:41 | イギリス生活情報(living inf)
ありがたいフィードバック
Iです。

秋学期の成績が返ってきました。今回感動したのは、エッセイ(新興国への技術移転について書きました)へのフィードバックの詳細さ!この水準でundergraduateから教育を受けていれば、学術論文を書くというのがどういうことか、きちんと身につくと思いました。たまたま私が受けたモジュールがそうだったのかなとも思いましたが、他学部の複数の友人も同じような反応(とある日本人の友人は、コンマ(,)の位置まで直された由)。学校・コースを選ぶ時に、そういうところまで調べるというのはなかなか難しいけれど、その差は大きいと思います。(例えば、去年のとあるモジュールのエッセイでは、フィードバックが「非常に良い点をついている部分もあるが(←どこのことを言ってるか不明)、もっと都市にフォーカスしているとよかった」、以上、で、どうimproveして良いか分からなかった。)

例えば、内容面に関しては、こんな感じ。一部抜粋。
"There are some points that could be addressed to strengthen the paper. While the overall argument is well made, one point could be further explored. On page 10, the paper suggests that technology transfer has been diminishing in CDM projects over time because local knowledge and equipment have been established. This is one explanation. Another (not necessarily completely alternative – it could be one of a number of factors) is that HFC projects have been diminishing over time as opportunities for such have been exploited. These projects are recognised to need more foreign technology than some others. As a result, the need for foreign technology is lower. Furthermore, the graphs on page 10 give a mixed message. It would seem that the level of technology transfer in the “Others” category has fallen only slightly over time, while the remaining categories show clear – even steep – downward trends. This needs some explanation or discussion in the text."

加えて、「学術論文」としての表現についても指導が。
"On occasion, there is a tendency towards moralistic positions or hyperbolic statements, where the language could have been more neutral but still make the relevant point. For example, on page 5, the paper states, “… the importance of mitigation policies … can never be overemphasised”. This is hyperbolic in the sense that it is possible to imagine the overemphasis of mitigation policies. On page 3, the paper says, “… the fact that some developed countries are failing to reduce their emissions is to be condemned”. It is easy to be sympathetic to this judgment but it is not necessary to express it in such moralistic terms. An alternative to the text on page 5 might be, “In this regard, there are significant opportunities to emphasise the importance of mitigation policies in emerging economies”. The text on page 3 might have said, “Although some developed [or industrialised] countries have failed to reduce their emissions …”"

ここまで詳細に見てくれる教官には、ホント頭が下がります。今期のエッセイは、2000words・1本と、5000 wordsが2本。これくらいしっかり見てもらえるなら、学生側も、下手なモノは出せない、という緊張感というかプレッシャーの下に置かれて良いですね。いい加減、今期のエッセイのテーマも考えなくちゃ。
[PR]
# by uk-env | 2011-02-13 06:26 | 大学(Sussex)
現実逃避
Iです。

最近、更新頻度が落ちてて申し訳ないです。学期も半ば、あまり余裕のない毎日で…。なーんていうと、すごく頑張ってるように聞こえますが、正直言えば、この時期が結構忙しいというのを読めずにいろんな遊びの予定を入れてしまっていたり、日本にいる祖母の健康が思わしくなく、一時帰国の可能性を含めたゴタゴタがあったりして、単に時間が足りないだけです。。

というわけで、今日は現実逃避がてらの投稿。年が明けてからの主な芸術鑑賞をレビュー。

【バレエ・白鳥の湖@ロイヤルオペラハウス】
e0195686_1145194.jpg

 久しぶりに良い席を取ってバレエ見ました。個人的には、バレエはやっぱりそばで見る方が迫力があって楽しい気がします。
 思いっきり「ベタ」な白鳥の湖ですが、やはり、馴染みのある曲が多いと楽しいですよね。自分も含めて、バレエ鑑賞初心者にはうってつけだと思いました(チャイコフスキーつながりでは、眠りの森の美女より分かり易かった気がします)。お昼の回に行ったこともあり、家族連れも多かったですね。
 ちなみに、白鳥の湖をモチーフにした映画「ブラック・スワン」が話題で、見に行きたいなと思っているのですが、てっきりヒューマンドラマかと思ったら、結構サイコ系で怖いらしいですね。一人で行かない方が良いよ~と言われ、いまだに見てません。

【アイスダンスショー・Energia@ブライトン・ハウス】
 実は、フィギュアスケートを生で見るのは初めてでした。予約が前日だったので席は後ろの方だったんですが、それでも、リンクが小さく見えるくらい迫力のあるパフォーマンスに感動!
 テーマは「エネルギー」で、ピエロの「アイン」と「シュタイン」をナビゲータとして、太陽から注がれるエネルギーと、地球とそこに生きる生命体の進化が表現されていた(たぶん)のですが、途中休憩まで私はさっぱりストーリーが理解できず、友人の解説によって納得。あれは、子供が理解するのは無理でしょう…。家族連れ、というより、孫を連れた年配の方が多く、一見若者が多く見えるブライトンにもこんなにお年寄りがいたのね!というのが感想の一つ…。

【オペラ・魔笛@ロイヤルオペラハウス】
e0195686_1153582.jpg

 イギリスに来てから見たオペラの中では、一番笑いの要素が多く、楽しかったです!ドイツ語の美しさにもウットリ。が、内容には若干びっくりしました。全体を通じ、「賢い男、バカな女」「リードする男(太陽)、照らされる女(月)」という女性差別が徹底しています。時代が違うと割り切れば単純に楽しめますが、フェミニストにはオススメしません。昔の女性、これに「ブラボー」と叫んだのかなあ。。。
 曲も、モーツァルトらしい可愛い歌が多いので、重たいのを見たい気分じゃない時に良いと思います。あと、子供がたくさん出てきて、その歌声にも癒されるんですが、あんな明らかに小学生という年頃の子達を夜11時近くまで出演させて大丈夫なんだろうか。
 個人的には、王子様のテノールより、お調子者のパパゲーノのバリトンの方が好きでした!また、夜の女王のソプラノは圧巻。これだけでも聴きに来たかいがあったと思えるものでした。


イギリス生活もカウントダウンが始まった中、引き続き(勉強に支障のない範囲で)芸術鑑賞も楽しんでいきたいと思います。オススメがあれば是非紹介してください。
[PR]
# by uk-env | 2011-02-11 01:17 | ブライトンライフ
Social class and professions
Iです。

昨日BBCで、「Who Gets the Best Jobs」という番組をやっていました。いわゆる、階級の流動性とか、貧困の再生産―お金持ちの家に生まれたら「良い職業」につけるが、両親にお金がないと、そのチャンスすら与えられない―といったことがテーマ。実際イギリスでは、弁護士、公務員、政治家といった人達のかなりの割合が、プライベートスクール(日本の私立学校とは違い、お金を出せば入れるというわけではないエリート学校…イートンとかが有名ですよね)出身なのだそうです。

イギリスと言えばまさに「イメージ」は階級社会。社会的階級の流動性は日本より低いのでしょうか。渡英前、イギリス駐在経験のある元上司から「階級や称号について少し勉強していった方が良いかも」と言われ(実際にはそんなヒマはなかった)、ビビったのを思い出します。

ですが、大学生活に限っては、特に階級を意識するよう局面などあまりありません。そもそも大学というのが歴史的にはミドルクラス以上の人が行くところという前提に加え、ある程度「思慮」が育った年頃の学生が集まる修士コースで、たった1年、かつ、どっちかというとリベラルな人間が集まりがちな「環境」が専門、となれば、育った家庭環境まで突っ込んで聞く機会はほとんどないということでしょう。

しかし、生活の中にはやはり厳然として「クラス」が存在するようで。「差別」というのではなくて、ワーキングクラスとミドルクラスは、互いに「別世界」という意識が強烈にあるようです(ワーキングクラスはワーキングクラスで、それを誇りにしている)。一番強烈に感じたのは、昨年夏にロンドン郊外でホームステイした時でしょうか。村の中心にハイストリートがあるのですが、そこを境に、ミドルクラス地域とワーキングクラス地域とにぱっくり分かれていて(語学学校は当然前者に位置する)、ホストマザーは、「一人でジョギングするなら、こっち側(ミドルクラス側)だけにしなさい」と言っていた。語学学校の先生たちというのも「エリート」と看做されるので、ワーキングクラス地域のパブに行くと居心地がよくないとか。(ちなみに、ミドルクラス以上でもOld RichとNew Richがあって、Old Richから見ると、New Richは「流行に振り回されてるだけの服を着てるから見た目ですぐ分かる」ということらしい。)

他方、ワーキングクラスに生まれると、そもそもプロフェッショナルな仕事(番組で例に出ていたのは、弁護士、会計士、医者、ジャーナリズム等)のロールモデルもイメージもなく、環境に恵まれなければそうした職場に相応しい立ち居振る舞いも身に着かず、といった将来が待っているらしい。悪戦苦闘しながらも努力で道を拓いたワーキングクラス出身の女の子の例も出ていましたが、必ずしも扉が大きく開かれているわけではない。何と言ってもまずこの番組で印象的だったのが、レポーターの発音なんですよね。BBCなのにやたら訛りがキツイなあと思ったら、彼はワーキングクラス出身でジャーナリズムの世界に飛び込めた「ハッピーな例」として使われていた。

日本では、ここまで「クラス」の違いを意識することはないような気がします。私自身、地方の田舎の公立中学から、県下で一番お金のかかる私立の進学校に進学した時は、両者の「世界の違い」を感じたけど、それでどっちかの友達とうまくいかなかったとかいう記憶はない(番組では、ワーキングクラスから大学に進学した女の子が、大学ではワーキングクラス出身というのであだ名を付けられ、地元に帰ればuni girlと呼ばれ、狭間で苦労していた)。

ですが、お金のない家に生まれたら質の高い教育が受けられず、故に職業選択の観点でも機会が奪われるという話自体は、所得格差がどんどん拡大している日本にも当てはまる傾向。職業的再生産が何世代か続けば、日本でもそういう階級意識が生まれてくるのでしょうか。

(日本では見られないかもしれませんが…↓)
Who Gets the Best Jobs
Britain is a less equal society than at any time since World War One. In Who Gets the Best Jobs, Richard Bilton investigates access to the professions - and finds that the best jobs are being snapped up by an increasingly small gene pool of privileged, well-connected families.
Getting a good degree matters more than ever - and those from low income families can no longer easily work their way up from the bottom without the qualifications, contacts and social skills that their more fortunate counterparts make full use of.
[PR]
# by uk-env | 2011-02-04 01:57 | イギリス生活情報(living inf)
Endless journey
Iです。

早いもので渡英1年半。いやいや、本当に、英語は思ったようには伸びないものです。これから留学される方、英語の事前準備は決して「足りる」ということはないので頑張ってくださいね。久しく「試験」のような客観的な評価指標に触れていないので、極めて主観的ながら、自分の現在の英語力の状況を分析してみます。

【リスニング】
目指すレベルから一番遠いかもしれないのが実はコレ。さすがに、集中さえしていれば授業が分からないというようなことはもうありませんが(集中力がどれだけ続くかは別問題、まあ、集中の度合いが以前よりは低くてすむ分、長持ちはするようになりましたが)、カジュアルなテンポの速い会話は未だにダメ。また、音量が下がると途端に聞けなくなります。他方で、周りの学生がめちゃくちゃデキるように見えるケンブリッジ英検CPEクラスにおいて驚いたのは、意外に、他の学生も細かい部分まで正確には聞けていないこと。自分のリスニングが特にヒドいわけじゃないと安心すべきか、耳の柔らかい子供の時期に十分英語に触れなかったノンネイティブにはやはり限界があると思い知るべきか。

【リーディング】
これはもう、分野的に慣れているか次第です。馴染みのある分野かつ平易な英語で書かれた文章なら、まあ、楽しんで読めます(たぶん)。が、例えば新聞・雑誌なんかの、自分の専門とは関係ない分野などはまだ「よいしょ」と気合入れる必要あり。痛感するのは、ボキャブラリーの記憶力の低下。まるで見たことないという単語は、まあ出会っても読み飛ばすくらいで良いのですが、圧倒的に多いのは、「…えっと、これ何だったっけ」という、既視感溢れる単語。この辺りの単語を全部マスターすれば、文章を読むのが俄然楽になる気がします。なお、アカデミックな論文では絶対出てこないけどネイティブなら小学生でも知っている口語が、結構私のボキャブラリーから落ちがちで、新聞などを読む時の負担感を増しているように思います。

【スピーキング】
一向に伸びない。日本語で喋るときって、喋りながら、次の内容・論理・説明の順序を考えるわけですけれど、英語だと、自分の脳みそのCPUのかなりの部分が「英語」に取られてしまっている気がして、説明の下手な自分のしゃべりに嫌気がさすんです。「しまった、アレとコレの間で××を説明すべきだった、論理が飛んでたな」みたいな反省は日常茶飯事。日常会話でもそう。親しい友人相手に話がはずんでいる時はなめらかに会話できるのが、初対面の人相手に微妙に会話を選んでる時とか、顔見知りなのに共通の話題が浮かばない人と会話をつなごうとしてる時は、途端に英語が下手になる。限られたCPUをどう「英語」と「中身」に振り分けるのが良いのか、いまだに試行錯誤中という感じ。ん~、そもそもそんなこと考えるから喋れないんでしょうか。フラットの4歳の娘の奔放なお喋りが、明らかに半年前よりレベルアップしてるのを見ると、羨ましいばかり。

【ライティング】
辛うじて、近頃伸びてきたかもと思える部分。エッセイをチューターに直してもらっているのですが、目に見えて、赤が減ってきた。冠詞などはまだ間違いが多いですけど、去年は文の構成(例えば、何を主語に取るか)からして直されていたのが、そういう根本的な書き換えがなくなってきたと思います。この点、当たり前ですけど使えるボキャブラリーが増えたのは大きいですね(辞書なしで使えるという意味ではなく、ここにピッタリはまる単語があったはず、あれ、でもスペルは曖昧、という程度です…)。

イギリス滞在残り半年で、どこまでいけるか、いよいよ不安になってきました。
[PR]
# by uk-env | 2011-01-31 08:53 | 英語
Tough spring term & reference manager タフな春学期 & 文献管理ソフト
Uです:


1.春学期は、前期よりも忙しそうです。まずは、今日は課題を一つ提出しました。ケーススタディ報告書で、ライフサイクルアセスメント、リスクアセスメントをメインに、存亡の危機にある会社の環境管理をどう行うべきかが問われているもの。広範なサイクルフローを示して環境改善可能性を示す一方、簡単な費用便益分析を行い、環境対策を強化しても(人員解雇なしで)長期に渡って利益が期待できることも示しました(報告書はコチラから)。
1. This spring term seems much busier than ever. I submitted one paper today which is the case study report using Life-Cycle Assessment & Risk Assessment, and also analysing how to manage and improve the environmental performance of the company which is in the crisis of its existence. (You can see my paper from here).

しかしこの課題はほんの序章にすぎず、これから2ヶ月弱の間に、計7本のエッセー・レポートを提出する必要がありそうです。また、授業が7科目取っているおかげで、授業が週に最大で35時間くらいあります。これらは、
【経済系】: 1)環境価値評価論、2)資源経済学、3)統計学、4)費用便益分析
【管理系】: 5)環境法と政策、6)気候変動、7)生物多様性保全 
になります。大変そうですが、うまくこなせるように頑張ります。
However, that assignment is just the beginning: the following 7 assignments are waiting for me over the 2months. Plus, I am supposed to attend classes for 35 hours per week (!) as taking 7 modules. Which are:
【Economics related】: 1) Environmental Valuation, 2) Resource economics, 3) Statistics, 4) Cost -befenit- Analysis
【Management-related】: 5) Environmental Law and Policy, 6) Climate change, and 7) Biodiversity and nature preservation policy.
I am looking forward to managing all the matters well and smiling eventually ;p


2.次に、大学講師にいい文献管理ソフトを紹介してもらいました。ZOTEROという名前で、フリーでダウンロード・利用できます。Google Scholarやアマゾンから直接データを引っ張ってこれることや、文献ではない有用なホームページも同じフレームで管理できること、そして消去リスク回避と他のPCで作業できるように、オンラインサーバーにソフトに入れてあるデータを自動的に共有できるのが魅力的です。
2. The next topic is reference manager. One of my university lecturers let me know that "Zotero" is a wonderful management tool for reference storage and bibliography creation. There are 4 good things. First, you can download and use the tool for free. Next, you can pick up literature data from Google Scholar and Amazon directly and quite easily. Third, we can store some useful home pages in the same framework as the academic references, and finally the our own PC with Zotero can be synchronized with the on-line server and shared data of references saved completely. All in all, Zotero is worth getting tried.
[PR]
# by uk-env | 2011-01-25 13:06 | 大学(York Uni)
Spring term overview
Iです。

春学期も2週間が過ぎました。5分の1が終わった…と思うと焦ります。冬休みボケか、試験・エッセイの疲れか、どうも今週はしんどくて。

今学期はこんな感じ。2つの選択科目はいずれも、SPRU(Science and Technology Policy Research: 科学技術政策研究所)が開講する授業に参加する形になっています。

【選択科目:エネルギーと気候政策】
 「気候変動問題とエネルギーはコインの表裏であり、…」。気候変動を仕事でやっている時、エライ人のスピーチやら会議の成果文書やらで、何度このフレーズを使ったことか知れません。しかし、なーんにもエネルギーのことを分かっていない気がする私。このモジュールで一通りエネルギー関連の政策を押さえておきたいところですが、ここまでの授業を聞いての感想としては、かなり内容を詰め込んでいるため、ちゃんとリーディングこなさないと消化不良になりそう。
 プレゼンは、再生可能エネルギーの普及促進策を選びました。学期内に、プレゼンの内容を踏まえて政策提言書(アカデミックな論文形式でなく、忙しい政策決定者向けに分かり易く書くもの)を書き、これに加え、5000 wordsのタームペーパーが課されるという、ややハードなモジュールです。週当たり、2時間のレクチャーと2時間のセミナー。

【選択科目:サステナビリティのためのイノベーション】
 正直に言うと、選択科目から消去法で選んだ感のあるこの授業、気候変動specificなわけではなく土地勘がないため、全体像をつかむのに苦労しています。始まったばかりということもあってか、授業も抽象的な話が多く、タームペーパー(5000 words)のテーマがまだ全然浮かんできません。セミナーがまた結構大変そうで、3週目に向けての課題は、グループごとに選んだ本を丸ごと一冊読んできて議論し、発表すること(私のグループはTim JacksonのProsperity without Growthという本を読みます。とってもおもしろそうなのですが、いかんせん、一週間でどれだけ読み込めるものかしら)。こんな調子で毎週課題が出そうな予感があり、ちょっと脅えています。SPRUはイノベーション研究では有名らしいので、しっかり学びたいところですが。。こちらも、レクチャー2時間+セミナー2時間。

【必修科目:研究方法論】
 修論執筆の準備のためのモジュールですが、実はまだ始まっていません。本来、修論の提出期限は9月なのですが、仕事の都合で7月には帰国しなければならない私としては、そろそろ修論も気になってきており(自分の研究に着手できるか否かは別として)、早く始めて欲しいところです。まあ、この手の「方法論」を体系的に教えてくれるとすれば、有難い話。しかし、学際的なコースゆえ、自然科学的なアプローチをとる学生と社会科学的なアプローチをとる学生とがいるはずで、一体どういう授業になるのでしょう。裏ではどうやら、コースの親元である地理学部(自然科学系)が、政策的な側面のヘルプを得るべくSPRUに力添えを頼んでいるが、組織が違うため、教官の費用云々で揉めているらしい。どこの世界でもありそうな話ですが、新設コースゆえの落とし穴とも言えそうです。

【ケンブリッジ英検CPE対策コース】
 英語力の伸びなさに危機感を覚えて取ってみたコース。CPEというのはケンブリッジ英検最高峰で、ネイティブでも落ちることがある(担当教官談)という、とても私の英語力では手の届かない試験です。試験を受ける覚悟はまだないけど、モチベーション維持に役立てば、と参加してみました。…が、既に惨敗状態。クラスは、私以外はすべてヨーロッパ人、それも、フランス・イタリア・スペインみたいなバリバリ訛りのある人達じゃなく、スウェーデンとかドイツとか、ちょっと聞いたらネイティブかと思っちゃうような感じの学生たち。どうやら、英語を使うことに何らストレスはないが、母国語が英語でないため、就職活動に当たってCVに英語力を証明する資格試験の結果を書く必要があり、故に最高峰のCPEを取っておきたい!ということらしい。既に2回、「このクラスが私のレベルに合っているか自信がありません」と担当教官に訴え出るに至るほど、厳しい環境でございます。とりあえずもう少し様子を見てみようね、と言われて頑張っていますが、留学2年目も後半に差し掛かろうとしている今、とりあえずしっかり挫折感を味わわせてくれる場所です♪毎回宿題もあり。

=========
このほかにも興味のある授業はあって、少人数で議論するセミナーへの参加は認められないにせよ、レクチャー形式の授業を聴講することは可能なのですが、秋学期よりずっと拘束時間が増えた今期、既にリーディングが追いついていないことを考えると、まずは目の前のやるべきことをきちんとこなしていきたい今日この頃です。
[PR]
# by uk-env | 2011-01-22 08:04 | 大学(Sussex)
古代ロマン
Iです。

エッセイと試験を無事乗り切ったことを祝うべく、週末、Salisburyへの日帰り旅を敢行しました。

Salisburyの一番の見どころと言えば、あのStonehenge。5000年ほど前の新石器時代につくられたとされているそうです。Salisburyの駅から1時間に1本バスが出ていて、車窓から草原の穏やかな光景に見惚れていると、突如としてあの異様な姿が緑の中に現れます。
e0195686_0412581.jpg

もちろん世界遺産ですが、先史の人が何のためにこのサークルを作ったかは未だ謎。イギリスにたくさんある他のストーンサークルより知名度が高いので、それはそれは大きいのだろうと思っていましたが、サークルの「直径」は意外に小さかった。が、何しろ使われている石が巨大で、存在感は圧倒的です。このあたり、見渡す限りの平らな草原で、近くにこんな巨石は見当たらないのですが、船を使って運んできたと考えられているそう。そこまではまあ想像できるけど、その石をこうやって並べて、その上にまた石を乗せるというのは、一体どうやって作業したのでしょう。
e0195686_0415226.jpg

Salisbury自体も、中世の町並みがよく保存された可愛い町で、Stonehenge観光の拠点とするだけではもったいない感じです。特に、イギリスで一番高い尖塔(123m)を持つSalisbury Cathedralは非常に美しく印象的。現存する4つのマグナ・カルタのうち1つがここに保存されています(通常、教会の中では写真を撮ることが憚られますが、ここでは、マグナ・カルタがあるチャプターハウス以外では自由に撮影可能)。
e0195686_0421935.jpg
e0195686_0424263.jpg

私はブライトンから海沿いの電車の旅でしたが、ロンドンからの方がむしろ交通の便は良いので、ロンドンからの日帰り旅行にもオススメです。
[PR]
# by uk-env | 2011-01-21 00:45 | 観光・旅行(Leisure Trip)
面白い環境経済学 Interesting Environmental Economics
Uです:

エッセーに続き、昨日土曜にもかかわらず環境経済学の筆記試験を受けました。排出量取引、環境会計、不確実性、費用便益分析、気候変動の経済影響の中から3題選び、長短併せて15問を2時間で答えるもので、手が腱鞘炎になりました。
In addition to the assigned essay, the hand-writing exam for Environmental Economics took place yesterday (even on Saturday!). The contents were 1) emission trading system, 2) environmental accounting, 3) uncertainties, 4) cost-benefit analysis, and 5) economic impact of climate change (three topics were chosen). Since around 15 questions including short and long ones should be answered within 2 hours: so that my right hand was terribly exhausted as expected (I don’t like British exams).

改めて認識したのは、環境経済学は、市場効率性や現在の幸福を至上とする現在でも主流の経済学に対して挑戦をし続けている学問で、そこでは市場で評価されない環境の価値、経済活動による外部不経済、効率性に対する倫理や価値観、不確実性とリスク、世代を超えた持続可能性、所得格差などの世代内における衡平性などを取り上げ、主流経済学からの修正を訴えてきた(けれどどこまで現実に反映されたかは正直“?”)、という事実。
Through the study, I re-realised that Environmental Economics (EE) is still a fighting subject against the mainstream economics pursuing market efficiency and current economic welfare. EE has treated non-market environmental value; negative externalities; ethics and intrinsic value often trading off efficiency; uncertainties and risk; sustainability over generation; equity among intergeneration namely income divide, calling for paradigm shift from the mainstream economics (though there is big a question about whether their voices have been adopted).

気候変動や生物多様性などでその必要性がこれまで以上に高まっていますが、経済学の限界(効率性と公平性のトレードオフや、命の値段などあらゆるものに対する経済的評価への賛否など:アメリカの前国家経済会議(NEC)委員長サマーズメモが象徴的です)やその前提となる自然科学などの現在の科学の限界(地球システムの複雑・相互依存関係の未解明など)もあって、まだまだ課題は山積、やることはいっぱいある、という状態です。今後どれほど伸張していくかは、人々の環境経済に対する理解度と応援の程度によるんだと思います(また、それらの要素も学問の実績に寄って高まっていく、と)。
Thanks to climate change and biodiversity issues, the need for Environmental Economics has been increasing. However, there are loads of things to be launched and achieved because of the limitation of economics (e.g. offset between efficiency and equity; the approval on pricing priceless, value of human live – poorer people’s life is low valued in economics. Look at the Laurence Summers’ memo, who is the former Director of the White House National Economic Council for President Obama) and the limitation of the current scientific knowledge particularly natural science (e.g. the understanding of complexities and interactions of earth system) which is the basis of economic analysis for the environment. To what extent Environmental Economics can move forward must depends on public apprehension of and support for it (these can also be heightened according to academic achievement of EE).

以下、授業で取り上げて面白かった内容を紹介します。
The followings are the interesting topics I have studied.

・不確実性に対する後悔を最小にする対応 Minimal regret policy under uncertainty
気温上昇とその影響を考えた場合、2~3度は高い確率で上昇しますが、例えば10度などはその確率がとても少なくなります。一方で仮にそのような大幅な気温上昇が起きた場合のインパクトは破滅的。これをハーバードの経済学者ウェイツマン(2009)は“太った尻尾”(Fat tail)と呼んでいます。彼によると、世界の気候学者が集まって気候変動の程度と影響を研究するIPCCでもこの太った尻尾の影響が(確率が少ないため)無視されているといい、ノーベル経済学賞のクルーグマン(2009)も、最近の既存研究の予想を超えた気温上昇が見られる(例えば、2010年の気温は1900年の観測以降、過去最高。また、最近の異常気象など)中では、破滅的なリスクを避けるための対応が必要として、ウェイツマンやスターン(2007)の考えに賛成する意向を示しています。このような不確実性に対応して後悔を最小にする対応として、レンパートなど(2004)が提唱する“強健な意思決定”(Robust Decision Making)があり、ここでは、ある対策を考えた時にあらゆる可能性を考慮に入れて、それらに対応できる政策オプションを検討する新しい政策決定モデルです。いずれにせよ、この太い尻尾にもっと気をつける必要があるはずです。
If thinking of the temperature rise and its impact, there is a higher possibility of 2 or 3 degree Celsius rise, 10 degree up is quite unlikely. But if such dynamic rise occurred, its impact would be catastrophic. This is called “fat tail” by Weitzman (2009) – an environmental economist at Harvard, who claims that even IPCC (global climate scientists gathering and researching the probability and the impact of climate change) ignored such fat tail’s existence and its potential impacts. Krugman (2009), a Novel prized economist, agreed with the idea of precautionary response against climate change which Stern (2007) and Weitzman asserted; since the current temperature rise is beyond the expectations of scientists (e.g. temperature in 2010 is the warmest since 1990; and extreme weathers in 2010/2011). To respond to this deep uncertainty, Lempert et al (2004) proposed “Robust Decision Making” which takes into account of all the plausible futures in order to consider the most suitable and effective policy options to such different futures. Anyway, at least we may want to pay more attention to “fat tail”.




・気候変動の経済評価 Economic analysis of climate change
この分野では何といってもスターンレビュー(2007)が有名ですが、それ以前から世界全体の気候変動の経済影響評価をしている人達がいます。トル(2010)曰く、この研究をしている人間は彼を含めて一握り(アメリカのイェール大学(例:ノードハウス)とイギリスのUCL(例:今は亡きピアース)の2グループのみ)で、スターンはじめ大多数の研究者がそこでの研究成果を基に評価を試みてるそうです。問題は生態系や軍事セキュリティ・紛争・難民などへの影響が十分に考慮にされておらず(戦争というと小説みたいですが)、また上記の太い尻尾も眼中に入っていないこと。これらを考慮に入れると、おそらく被害額は更に上積みされるでしょう。
Stern review (2007) is much popular in this field, but there are the other researchers who have estimated economic costs and benefits of climate change before Stern did. According to Tol (2010), they are just a handful of groups and people (including him)– two groups at Yale university (e.g. Nordhaus) and UCL (e.g. the deceased Pearce)- and Stern and many other researchers have used their findings as a basis of economic analysis. The problems here are 1) they don’t fully consider non-market values like impacts on eco-service, military security, conflicts and refugees (if we say climate wars, it sounds like the novel); 2) the “fat tail” mentioned above is not cared. When including these aspects, the possible economic costs should be more expensive than Stern.

・生物多様性の経済評価 Economic analysis on biodiversity
そこで生物多様性ですが、TEEB(2010)という経済評価書によると生態系の損失による経済ロスは400兆円で、そのうち97パーセントが気候変動への貢献(炭素を貯留するなど)とのことです。日本のGDPよりも少なく、あまりに気候変動に偏りすぎているのと、生態系サービスによる恩恵は年間最大約6000兆円といわれている(国連のミレニアムエコシステムアセスメント2005)のに比べると一桁少ないことからも、取り合えず手始めの算定で、更なる研究が今後必要になっていくのでしょうね。イギリス・日本など、各国も自分の国の生態系評価を始めています。
So look at biodiversity. TEEB (2010) clears the economic costs of biodiversity loss are more than $3 trillion, 97% of which accounts for carbon regulation (carbon sequestration). This should be preliminary since 1) the economic loss is less than Japanese annual GDP, 2) it seems to place heavily emphasis on climate change, and 3) the value is far below the figure that UN’s Millennium Ecosystem Assessment (2005) demonstrated as our benefits from eco-system services – $54 trillion. So further research is needed. Several countries namely UK and Japan in fact have launched their economic valuation on own ecosystems.

・幸せの計りかた The measure of happiness
豊かさを計る上で(一人当たり)GDPがよく使われますが、この中には自然資源の枯渇や環境破壊による損失は含まれておらず、またGDPが増えるに伴い人々の効用にマイナスの要素(所得格差の拡大、犯罪率・鬱・自殺・離婚率の上昇など)も増える(このためGDPは人々の幸せの総和を計る意味ではふさわしくない)ことが指摘されています(コスタンザなど2009)。これに代わる方法としては、例えば国連人間開発指数などが目的に応じてありますが、幸せな惑星指数(Happy Planet Index)というのも提案され計測されています(アバダラーなど2009)。ここでは、「平均寿命×生活満足度/エコロジカルフットプリント」という式を基に、各国を調査した結果、世界で一番幸せなのは、何とコスタリカ。満足度の高さとフットプリントの少なさが要因ですが、同様の傾向でラテンアメリカの国が上位につけています。生活満足度は主観的なアンケート調査によるものですが、ラテンの人は相対的にポジティブなのでしょうか。他は、アメリカ流の暮らしは地球が5個以上必要となるため、世界第1の経済大国は100位以下。サブサハラアフリカの人達は寿命の短さが響いて下位、日本は平均寿命が世界一であるにもかかわらず、生活満足度が控えめなのと、地球が2個以上必要な社会のため、54位でした。そもそも国単位が幸せを測るのがいいのか、指標の組み合わせによって結果が変わるなど、色々議論はありますが、価値観の転換に向けた気づきにはなりそうです。
To refer to human welfare, GDP (per capita) is frequently used. But Costanza et al (2009) criticized that GDP does not look at the loss by depletion of natural resources and environmental deterioration. Furthermore, Increase in GDP may affect human welfare adversely - more GDP, more income inequality, crime, depression, suicide, divorce etc. Therefore, there are alternatives in accordance with respective purposes. One example is UN’s Human Development Index. Another is Happy Planet Index proposed and measured by Abadallah et al (2009). Here the equation is “1) life expectance x 2) life satisafaction / 3) econological footprint” and among more than 140 countries measured, the happiest country was surprisingly Costa Rica. This is because of high satisfaction and low footprint and other Latin American countries followed them. Life satisfaction is subjective measured by asking people so Latin Americans may be relatively positively enjoying their life. US was less than 100th due to their gorgeous life style with more than 5 earths needed. Sub-Sahara Africa was also in a low position owing to the short lengh of life expectancy. As for Japan, despite the world longest life expectancy, their position was 54th thanks to modest satisfaction and more-than-2-earth-needed society.
Although there should be arguments about 1) whether to measure country-based happiness is appropriate, 2) the results would be changed according to selection of indexes and their combination and so on, this could give us good intuitions for paradigm shift of value and judgment – what is our happiness.

・補助金で汚染が逆に増える? Subsidy for reduction may increase total pollution?
古典ですが、ピアスとターナー(1990)による資源環境経済学のテキストには、汚染を減らすために削減企業への補助金(報奨金)制度を導入しても逆に企業のコスト削減効果から新規参入者が増え、産業全体として見れば汚染総量は増えてしまう、ことが言われています。条件としては、新規参入・退場が自由なマーケットであること。日本では古典的には汚染防止のための法規制(総量又は原単位のキャップ)を行い、その遵守のために企業に施設整備、機器設置のための補助金を導入するというやり方が行われてきましたので、この場面では少し状況が違いそうな気もしますが、エコポイントを省エネ機器に付けて販売奨励をするのは、エネルギー利用総量が増えて、結果的に省エネ効果を上回る可能性があることから、指摘は当たっているかもと思いました。どういった条件で経済的手法を使うべきか、を考える必要があるのですね。
This is from classical but good text for resource and environmental economics written by Pearce and Turner (1990). They explain that, if government introduce subsidy for pollutant reduction(as a premium), the firm’s cost would be mitigated so new firms would join such market, which may lead to the possibility of increase in the total emissions of pollutants in the industry which admits new comer’s participation freely. In Japan, traditionally we have introduced environmental regulations for reductions of pollutants as a form of either technology standard or outcome standard (i.e. the total emissions cap or each firm’s cap). And in order firms to obey these regulations, subsidy has been used for the improvement of facilities and equipment. In this case, outcomes would be different from the economic theory. On the other hand, the policy pull to encourage the purchase of energy efficient appliances (e.g. car, TV, air conditioner, fridge) which Japanese government recently has conducted might be the case of such theory. In this case, consumers could save their expenses since an eco-point premium is endowed after purchasing eco-friendly stuff and can be used as sort of money. This may result in the increase in total energy use, overwhelming the positive energy efficiency impacts. Therefore, we might want to consider under which conditions economic instruments should be adopted.


[PR]
# by uk-env | 2011-01-16 22:22 | 大学(York Uni)
Spring term has started
Iです。

春学期が始まりました。今週は、先学期のモジュールの試験とエッセイの提出もあって、1カ月近いクリスマス休暇を満喫した後の頭と体には、なかなかハードな一週間。

試験は、「気候変動の科学」のモジュールの評価を100%決めるもの。自然科学の試験というものを、大学の教養学部時代以来受けたことがなく、勉強の仕方が分からなくて困りました。具体的にやったのは、

・学期中の授業の復習。レクチャーの録音しておいたのを全部聞き直しました。学期当初に知識がない状態で授業を受けていた時は聞き流していた内容が、全体像がおぼろげながら分かってから聞くと実はとても重要だと気付かされたり。普段は録音してもどうせ聞かないのですが、このモジュールについては録音しておいて正解。
・IPCC AR4 WG1をひたすら読みこむ。全部は無理なので、Technical Summaryから始めて、各章のサマリー部分に進み、授業で重点的に扱われていた部分は章(又は節)全体、というように進めました。
・エッセイ形式の問の解答で使えそうな重要論文の見直し。セミナーで扱われた論文すべてを全部読み直す時間はないので、数を絞って内容を頭に入れる。
・お絵描きの練習。英語力がないというのもありますが、自然科学の試験ではビジュアルに頼るのが早道(担当教授推奨)。といって、描いたことのない絵(グラフ等)をマグニチュードを含めて試験中に描く(例えば、いわゆるホッケースティックのグラフとか、カーボンサイクルの図↓を、数字込みで描く)のは非常に大変なので、ある程度慣れておく必要がある。
e0195686_5543827.jpg
e0195686_5575367.jpg

・ボキャブラリーの記憶。とにかく、社会科学と比べると言い換えの効かないワードが多く、回答作成にあたって覚える必要のあると思われる単語を書きとめていったら、単語帳のようになりました。ただし、この手のワードを覚えても日常生活で使う機会はないので、英語力の底上げには全く役に立っていない感あり。

といったところでしょうか。過去問がなかったせいもありますが、昨年UCLでの開発学の試験と比べると、ひたすらインプットに時間を割いて、アウトプット(エッセイを書く)の練習はあまりできませんでした。

実際の試験では、必須の問(短答式)で一つほとんど聞いたこともない単語の説明があってそこはできませんでしたが、後は、用意していた範囲で解けたと思います。ただし、ひたすら時間がなく、3時間の試験時間で物理的に書ける量(当然、ネイティブより圧倒的に少ない)の中で、どこを掘り下げどこを切るか、というのが難しかったです。焦ると、脳みそのメモリが「英語」(ボキャブラリー、文法)の部分にとられて、ロジックが弱くなるんですよね。

当初は、慣れない自然科学のモジュールの評価が試験一発勝負というのはすご~く嫌だなあと思っていましたが、考えようによっては、もしエッセイの提出だったら、(1)書き方がまるっきり違う自然科学の論文の形式の習得といったようなところに時間を割かねばならなかった、(2)特定の分野をマニアックに掘り下げて勉強しなければならなかった、はずで、むしろ試験対策として、なじみのない「科学」のコアな知識だけ薄く広く勉強できたのは良かったかなと思います。
[PR]
# by uk-env | 2011-01-13 06:01 | 大学(Sussex)
At the beginning of the year...
Iです。
新年明けましておめでとうございます。…遅いですね、ちょっと。

こちらイギリスでは、クリスマス休暇に入るのが早い分、年明けののんびりしたお正月気分というものは存在しません。一気に日常が戻ってきます。春学期がまもなく始まります。クリスマス前後、旅行やらホームステイやら満喫したおかげで、課題のエッセイと、来週の試験に向けた勉強に追われる今日この頃。

【エッセイ(気候変動の経済学・政策入門)】
モジュールの評価の70%を占めるエッセイです。その割には3000 wordsと少なめ。6つの指定課題のうち、私は技術移転を選択。問いを忠実に訳すと、「技術移転が、中・印・伯・墨のような新興国の緩和努力に貢献するポテンシャルは何か」。

ポテンシャルは何かって…、how to facilitateは問われていないのか?それとも「当然に」この問いの射程圏なのか?推薦リーディング論文を読んでいると、やはりhow-toの論文も多いように感じ、担当教官にどちらに力点を置くべきなのか尋ねたら、君の好きなように書いて良いよ、と。…答えになってません。。

つい、how-toに力を入れてしまいそうになりますが、それだけでは問いに答えていないような気がするので、中・印の緩和がいかに決定的に重要か、2050年半減シナリオで技術が果たす役割等を、少し丁寧めに書きました。まあ、あくまでここはイントロで、本当は技術移転はどうあるべきかと書きたいのですが、字数制限ゆえに何となくアンバランスになった感は否めません。

それにしても、技術移転のインセンティブって難しい。先端技術を持っている企業にとってもウマい話にしなくちゃいけないわけで。とりわけR&D段階の技術をどうシェアするか。「ウマい話」の感覚が、いまいちピンとこないのが弱点。一度、そういう企業でプロジェクトの一つでも担当してみたいかも。

【試験勉強(気候変動の科学)】
試験一発勝負(100%)のこのモジュール。理系的素養のなさを措いても、昨年の経験から言って、ど~う頑張っても試験ではネイティブのようには書けません。ので、非常に心配。

やはり英語的ディスアドバンテージはきつい。ボキャブラリーのない私、今回かなりの数の英単語を覚える必要があります。日本語で言うなら小中学生レベルの用語(例えば、成層圏・対流圏とか、冷帯とか)に始まり、いわゆるターミノロジーまで。

新設コースゆえ、過去問というものがないのも大変厳しいのですが、そこは担当教授が「模擬試験」を作ってくれました。辛いのは、選択式のエッセイだけじゃなくて、「××を定義せよ」とか「●●の△△に及ぼす影響を図解せよ」みたいな短答式の必須の問が3分の1を占めること。簡単な問いもあるのですが、問いによっては、IPCC第4次評価報告書第1作業部会の、技術的要約はおろか章ごとのサマリーでもないところに数行記述があるようなものを拾って来なければならないものもあって、お手上げ状態ですね。

3時間の試験。ノンネイティブ的には時間との勝負です。が、これまで経験した(社会科学系の)試験では、何と言うか、仮に知識が薄くても、中身を捏ねくり回して何か書ける、という意味で制限時間いっぱいはとにかく努力する、という部分があったと思うのですが、自然科学系だと無理ですね。あと、パソコンに慣れきっている我々としては、「ペンで紙に書く」練習も必要(驚異的に字が下手になってます)。試験まであと1週間。頑張ります…。
[PR]
# by uk-env | 2011-01-06 02:53 | 大学(Sussex)
卒業式とエジプト旅行 LSE graduation & Egypt trip
Uです:

あけましておめでとうございます。A Happy New Year.

1年目の大学、LSEの卒業式に出席するため、ロンドンに上京してました。そのまま10日間のエジプト旅行に出かけ、イギリスの寒さから逃避していました。
We came down to London to attend LSE graduation ceremony in last December, then traveled to Egypt for 10 days in order to leave all the cold weather behind us.

(1.LSE graduation)

とても寒い一日でしたが、思いがけずたくさんのクラスメートに再開できて嬉しかったです。卒業式の後は、アフタヌーンティ、食事をして旧友を深めていたら、久しぶりに風邪を引きました。
Although it was very cold day, unexpectedly there were so many classmates joining the graduation that I was happy to see and talk with them a lot, which was very good reunion. After the graduation ceremony, we enjoyed afternoon tea and dinner together, resulting in that I got a terribly cold somehow but it was so enjoyable.


(2.Egypt)

次の日は朝からエジプトのシャルムエルシェイクに飛ぶため、ロンドンにある4つの空港のうち一番小さいルートン空港に行きましたが、寒波のせいで5時間も空港で待たされました。
In the next morning, we got the Luton airport to fly to Sharm El Sheik, Egypt. However, owing to the cold wave, the flight was delayed by 5 hours! (although we were still lucky since the day after this departure day, the main London airport was closed)

(1) Sharm El Sheik

紅海の一大リゾート地のため、エジプトらしさはあまりなく陸は若干開発されすぎた様子。しかし、ビーチと綺麗な海、そして365日晴れているというイギリスでは信じられない天気を存分に楽しむことができます。気温も12月下旬にして25度前後でしたので、海には入ると肌寒いでしょうがビーチでのんびりするには最高です。おかげで日焼けしました。
Sharm El Sheik is a big "Red Sea" resort spot which is a bit overdeveloped so that we can hardly see typical Egyptian things. However, we fully enjoyed blue ocean and beach, everlasting sunny summer which can't be expected in UK. The temperature was around 25 degree under which swimming was a bit cold but relaxing and sun-bathing at the beach was very comfortable. As a result, I have got a sun-tunned face.


(2) Luxor

そこから飛行機でルクソールへ。ナイル川を挟んで西と東に遺跡が点在するエジプトの古都です。初日はホテルが多くひしめく東側にある二大神殿、ルクソール神殿とカルナック神殿に行きました。ルクソール神殿の壮麗さ、そしてカルナック神殿のスケールに圧倒されました。
From there, we flighted to Luxor where plenty of heritage sights are located at both sides of the Nile river. To begin with, we visited Luxor temple and Karnak temple in the east bank of the Nile. We were pretty much impressed by the brilliance of the Luxor as well as the dynamic of the Karnak.


2日目は西側に渡し舟で渡り、(最後にチェーンが切れるほどおんぼろの)自転車を借りて遺跡めぐり。王家の谷が一番遠くにあり、夏だったら死んでいたでしょう。山深い石灰岩の真っ白な谷で、トトメス3世、ラムセス2世、そしてツタンカーメンの墓などがあり、墓所内のカラフルな壁画を楽しむことができます。
The next day, we got across the Nile to the west bank by the river ferry, riding on the rental bicycles (one of which was so old that finally its chain was broken off) to see around the several heritages. Firstly, the Valley of King is the farest from the Nile and reaching there by bicycle would be deadly in summer. This valley is whity made of limestone, having many tombs of namely Thutmose III, Ramses II and Tutankhamun in which you can see colourful wall paintings especially about Book of the Dead.

近くにあるハトシェプト女王葬祭殿は遠くから見ていると壮大ですが、中に入ると何もなくて、ガッカリします。この辺りでヘバッてジュースを買おうとすると観光価格で450円もします。近くにあるパバサ墳墓という貴族の墓では当時の生活なども垣間見れますが、人気がないためか誰もいないのが、不安にさせます。
Queen Hatshepsut's temple at deir el-bahri, close to the Valley of the King, is spectacular and superb from a distance, though the entrance of the temple was a bit diappointing as there is nothing to see specially. Plus, juice costed too much, around 3 pounds. Tomb of Pabasa also shows us the ancient daily life of Egypt where nobody visits due to unpopurality which made us unrelieved.

ラメセス3世葬祭殿にも夕方行きましたが、生憎時間がオーバーしたため中には入れませんでした。しかし外から見るだけでも大きな壁画を垣間見ることができ、また入口付近にあるレストラン、マラトンガのタジンという壷焼き料理はオススメです。
We visited the Mortuary Temple of Ramses III in the evening but unfortunately could not come in due timeover. But the big wall paintings can be seen from a distance and the Egyptian food called "Tajin" surved at the restaurant, "Maratonga", close to the entrance of the temple.


最終日は、ルクソール博物館に行きこじんまりとしつつも分かりやすい展示を見た後は、スークでさわり心地のよいスカーフを手に入れました。
On the final day in Luxor, we went to Luxor Museum which offres a small scale of exhibitions and clear-cut explanation of the Egyptian history. Then, we got the Egyptian scarf which was soothing to the touch in the Souk, the Arabic market.
ルクソール博物館[アメーバビジョン]

(3) Cairo

ルクソールからカイロへも飛行機で。カイロは混沌が相応しい町で、特に自動車交通がひどいです。喉が痛くなるほどの排気ガスと命がけの道路横断が必要です。
Moving from Luxor by air, we reached at Cairo which is so chaotic in particular traffic which provides sore throat inducing exhaust fumes and demands deadly road crossing.

到着日はエジプトのファストフード、コシャリを食べに「アブ・ターレク」に行きました。エジプト料理は意外に日本人の口に合います。量も食べきれない程出て、ジュース込みで一人200円以下です。エジプトでの問題は、カイロでさえ、お酒を出してくれるお店が観光客相手の店に限られることで、この場合お酒屋さんを探して缶ビール等を買うしか方法がありません。
On the arrival day, we went to "Abou Tarek" for Egyptian fastfood, Koshari - the rice and pasta with tomato sauce. Surprisingly, this was delicious and I feel Egyptian food fits to a Japanese tongue. Its volume was massive while it costed less than 1.5 pounds per person. The problem in Egypt is that it is very difficult to find local restaurants which serve drinks even in Cairo. In this case, we need to find a liquor shop to get a can of beer or something.



2日目はタクシーをチャーター(1日3000円くらい)してピラミッドめぐり。ギザの3大ピラミッドはやはり圧巻でした。また、スフィンクスが一枚の岩で出来ていることも、ピラミッドとあんなに離れているなんて知りませんでした。周囲はラクダのウンチ臭いですが、ラクダに乗らなくても歩いて回れます。
On the second day, we hired the taxi at 20 pounds per day to see around pyramids. Great Pyramid of Giza was quite overwhelming and I haven't known that Sphinx is made of the one stone and such far from the pyramids. While it was a bit smelly around due to camel's puppy, We could walk around the pyramids without riding on camels.


午後は階段ピラミッドのあるサッカーラと赤のピラミッド、屈折ピラミッドがあるダッシュールへ。階段ピラミッドは工事中、赤のピラミッドは内部にタダで入れますが、オシッコの凝縮したアンモニア臭が強く、本気で吐くかと思いました。その入口から眺める砂漠地帯の景色は圧巻です。屈折ピラミッドは遠くから眺めるのみ。
In the afternoon, we moved on to Saqqara (famous for Step Pyramid) and Dahshur (for Rea Pyramid and Bent Pyramid). Step Pyramid was under construction. At Red Pyramid we could enter the inside for free but the smell of ammonium by piss was so strong that I was about to fetch up, seriously. The scenery of the desert from its entrance was stunning. We could also see the Bent Pyramid.




3日目は、エジプト考古学博物館へ。数多くの展示品がありますが、やはり黄金のツタンカーメンとラムセス2世などのミイラが圧巻です。
On the third day, we went to Egyptian Museum where we saw many fabulous exhibitions - above all, the golden Tutankhamun and the mummies of Ramses II and the others were outstanding.

エジプト考古学博物館動画


エジプト考古学博物館近くのレストラン「フェルフェラ」で美味しいエジプト料理、シャクシューカに出会いました。オムレツのトマト煮込みですが、味わい深く自分でも作れそうです。また、シーフードも新鮮で、エルニールフィッシュでは、美味しいボラが食べられます。
Close to Egyptian Museum, we met the delicious Egyptian food called "Shakshouka", omlettes with tomato soup at the restaurant "Felfela". Despite its deep taste, it can be cooked by ourselves. You can also enjoy fresh seafood - at El Nil Fish, nicely grilled mullet is waiting for you.


そこからカイロのイスラム地区にも出かけ、シタデルまで1時間半かけて歩きましたが、途中物騒なところを抜けますので、タクシーかバスを使った方が無難だと思います。ハーンハリーリの市場はイスタンブールのバザールに比べると小振りですが、デザート屋さん「エル・ハラム・エル・ホセイニ」で食べたマハラベーヤはミルクゼリーが美味しいです。
From there, we walked to Citadel in the Isramic area for 1 hour and half although we should have used either taxi or bus since we had to pass through dangerous streets. Han-Halili bazar is smaller than the Ground Bazar in Istanbul but you can enjoy sweets there such as Maharabeya at the sweets shop called "El Haram El Hoseini" .


最終日は初期キリスト教のコプト教の博物館や教会を見学にオールドカイロへ。コプト教では昔のエジプト語を使っているんだとか、当時からアルファベットの文字を使っています。ただし見た目にはイスラム教の人との違いは分かりません。
On the last day, we visited Old Cairo to see Coptic Museum and church which is initial type of christianity. Coptic people still appear to use the ancient Egyptian language and conventional alphabet, although it is hardly destinguished from Muslims.



以上で10日のエジプト旅行も終了です。帰りの便はbmiを使ったので、Easyjetよりも快適でしたし、Earl's Court にあるSt Joseph Hotelはリーズナブルな割に綺麗な設備で良かったです。ロンドンではバーゲンセールに合わせて買い物をして、ヨークに帰ったのでした。
That is all of our Egypt trip. The flight to London was bmi which was much more comfortable than easyjet. The accommodation in Earl's Court called St Joseph Hotel was reasonable but well equipped. After enjoying the bargain sale in London, we came back to the cold York.
[PR]
# by uk-env | 2011-01-02 03:34 | 観光・旅行(Leisure Trip)