2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Time/Calender...
<   2009年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Diversity
Iです。

ロンドン生活も4カ月。クラスメイトとの会話などを通じて、宗教って何なのかしらということを思う今日この頃。思いつくままにエピソードを拾っていくと、

- アメリカ人の友人(クリスチャン)が、カフェの紙カップに"Happy Christmas!”とあるのを見て一言。「これおかしくない?どうしてみんなクリスマスをお祝いしなくちゃいけないの?他の宗教のお祭りについてはこんなことしないでしょ?」…う~ん、クリスマスなんて商業的なイベントとしか思っていない私は考えたこともなかったコメント。

- イスラム教(スンニ派)のナイジェリア人の友人にとって、日に5回の礼拝は授業より大事。授業の合間の休憩に、「Iも一緒にどう?」と誘われる。「いや~、私、そんなにreligiousじゃないんだよね」とやんわり断るも、「本当の信仰っていうのがどんなものか、見せてあげる!」と強引。日本人の宗教観について、アニミズムとかを説明しようとするが、理解してもらえない。「なんで神様がいっぱいいるのよ。船頭多くして船山に上る(Too many cooks spoil the broth)って言うでしょ」

- 他方で、イスラム教(シーア派)のイラン人の友人は、「僕は自分だけを信じる」とさっぱり。うん、分かりやすい。イランでも少なくとも都市部ではそうした考えは決してマイノリティではないとの由。でも、じゃあ、なんで保守派があんなに強いの?

- グループワークで、イギリス人の友人が、「僕がみんなのために××をメールで送ったのに、誰もありがとうと言わない。正直、失礼だと思う」。これに対してイスラム教徒勢が一斉に反論。「僕達は当然に感謝してる。ありがとうなんて言わなくてもお互いに分かってる。だって隣人によくしてあげることは当然でしょう」

- でも、ラマダンの話題になった時、「12月のCOP15の日程*って、イスラムのお祭りの日程の影響で当初予定から変更になったんだよね。あれって何のお祭りなの?」と訊いたら、みんな「?」という顔をしていた。あんまり大事なお祭りじゃないのかな…。イスラム諸国の嫌がらせ説は、あながち冗談でもないのかも。
(* 12/7~18のコペンハーゲン気候変動会議のことですが、元々の日程は一週間早かったのが、Eid Al-Adha(犠牲祭)を避けるべしとのイスラム諸国の主張で1年前に変更になった。これだけの大規模国際会議、当然1年以上前から準備は進んでおり、あの時のデンマーク代表団の焦った表情は忘れ難い)

宗教の違いに端を発する考え方の多様性って面白いな、と思いますが、他方で、「宗教」があらゆる主張の正当化に使われることには、違和感というか、辟易してしまう。考えさせられます。
[PR]
by uk-env | 2009-11-30 03:40
費用対効果、見合ってない?
Iです。課題から現実逃避中。

雲行きの怪しかった今週のグループワークは、予想通り大荒れ。留学生達の非協力的(というかキャパを超えて困惑している)態度が腹に据えかねたリーダー格のイギリス人が、ついにプッツン。週明けに別の教科のエッセイの〆切があるのですが、週末の作業をたっぷり各メンバーに割り当ててきた…。前途多難です。はあぁ。

それはさておき。今日は、本コースが始まってからの英語の勉強について。

(1)UCLのAcademic Speaking Skillsコース
週に1回2時間のグループレッスンに行っています。はっきり言ってレベルは低い。ですが、周りのレベルが高すぎると自分が発言できないので、数をこなすべき私にはこれくらいがちょうどよいのかもという印象で、力を抜いて英語を楽しめる場所です。1時間、クラスでの発言の仕方(例えば、相手の議論への同意・反対など)の練習をした後、学生が選んだトピック(学期に1回、新聞記事等から自分の興味のあるcontroversialなトピックを拾ってくる)についてグループでディスカッション、全体に報告。この全体に報告するというのは結構良い練習だと思います、大人数の前で発言するのは緊張するものなので。ちなみに私は原子力発電を持っていったのですが、圧倒的に反対派が多く、個人的にはアンビバレントな立場の私が、何故か推進派の肩を持つはめになりました。

(2)個人レッスン
9月に教わっていた先生に再度連絡を取り、週に1回1時間半のレッスンをしてもらっています。年が近いこともあってなんだか友達感覚。先日は私の寮でレッスンしてもらったのですが、彼女、予定を1時間くらい超過しておしゃべりしていきました。ま、後半は授業料が発生しないと本人も分かってるから、勝手にしゃべってる感じでしたが。基本的には、先生が用意してくれる新聞・雑誌の記事を一緒に読み、私が要約し、ディスカッションする、という流れ。あと、エッセイの英語チェックをしてもらっています。

(3)ホームステイ
これは今後の予定ですが、冬休みはイギリスの田舎で英語教師(前述の先生とは別)のお宅にホームステイして、英語をみっちりやりながら、クリスマスとニューイヤーを楽しんでくる予定。今度は子供3人に犬までついてくる大家族です。

と、正直、お金はかかってると思います。にも関わらず全然伸びないのは、私、語学の才能がないってことなんじゃないかと思う…。いや、ほんとはもっと自分で勉強する時間がないと意味がないと分かってるのですが、どうしても強制的に機会を作らないとやらない性質なもので。年が明けたら、力試しにIELTSを受けてみようかな。
[PR]
by uk-env | 2009-11-29 01:02 | 英語
2度目の大学出願
Uです:

来年の出願を、今日こっちで行いました。応募先大学は以下の4つ。
Imperial -MSc Environmental Technology
York -MSc Environmental Economics and environmental management
Cambridge -MPhil in Environmental Policy
Oxford -MSc Environmental Change and Management

昨年、日本で行ったときは、出願資料の準備などで2カ月以上かかっていましたが、今回は先週からの突貫で計4日程度。特にオンライン出願をどの大学も認めていますので、一度電子媒体(SOP、CV、CertificateやTranscriptなど)を作ってしまえば、後はどこの大学にもほぼそのまま送れるのが圧倒的に便利ですね。大学などにパソコンを持っていけば、どこにいても準備できるし。
SOP(志望動機書)はサクッと書いたものを指導教官に1日で真っ赤に直してもらい、推薦状はこちらの人は瞬間的に書けるというので、後で直接大学でオンラインで出してもらうようお願いしました。その他は去年のものをそのまま使ったり(Certificate/Transcript)、時点修正したり(CV、英語)するだけで済みました。

ということで、日本でやった時よりも、また日本で思っていたよりも、あら、簡単に出願作業が終わったというのが印象です。(ただし、ケンブリッジは紙媒体を後で郵送しなきゃいけない(ストなのに)ので、若干手間ですが)

これで今期末の課題(2本のエッセイと1本のプレゼン)に心おきなく取りかかれる状況に。その前に、そろそろ勉強に辟易してきたので、今週末は少し遊びに行こうと思っています(ATPテニス観戦、大学の友人宅で食事、バースにクリスマスマーケット観光)。帰ってきて時間があるかわかりませんが、まあ何とかなるでしょう♪
[PR]
by uk-env | 2009-11-27 22:51 | 大学出願
フラストレーション
Iです。

前々回、エネルギーのグループワークは楽しくやってます、と書いたところですが、今日のプレゼンは散々でした。土壇場になって、ふざけ心の過ぎる一人のメンバーをコントロールできなかったことと、終盤何度打ち合わせを開いても準備の進んでいないメンバーが姿を見せず、作業が進まなかったことが原因。国際会議でもしばしば思っていたことだけれど、他人を待たせることに対して罪悪感を覚えない人たちというのは、cultureが違うというだけでは私はどうしても納得がいかない。でも、自分自身、内容的にはもっと貢献できたはずなのに、プレゼンの力点の置き方で微妙に意見の異なるイギリス人に議論で太刀打ちできなかった。ので、他人のせいにはできません…。

それにしてもやはり言葉の壁を痛感する日々です。協力的でないメンバーにはせめて嫌味の一つでも言ってやりたいし、前述のイギリス人との議論は面白かったので本当は途中であきらめず深めたかったのですが、思うようにいかず自己嫌悪に陥るのが、フラストレーションを増大させる原因かも。

で、今週は、来週週明け〆切のエッセイにほとんど手をつけられないまま、もう一つのグループワークにどっぷり漬かることになりそう。こちらは、ネイティブが頑張ってくれている点はとても助かるのですが、彼ら非常に一生懸命なので、メンバー全体に対しdemanding。分担作業をまともにこなしていたら、エッセイには一切手をつけずに週末を迎えそう。こちら、ネイティブとは負荷が違うのだよ、と心の中で叫びつつ、それを言っちゃここで勉強してる意味がない、と自分を諫めているところです。おかげで、慢性的に睡眠不足。

睡眠不足と言っても、仕事が厳しくて本当に寝てない時には何もしてなくてもデスクの下で足がつったりしてたことを思えば、まだまだ甘い。むしろ、精神的な強さの必要性を痛感します。勉強は、基本的には自分のため。自分が頑張らないことで困る上司や同僚はいないので(グループワークはちょっと別ですが)、自分との闘いです…私、こういうの弱いな。自分の仕事に対するモチベーションが、自分の内なるものというよりも、周りの人にどれだけ求められているかにすごく影響されている、というのは、小さな発見です。

愚痴っぽいばかりで中身がなくてすみません。シャワーを浴びて気合入れ直して、課題、頑張ります!
[PR]
by uk-env | 2009-11-25 06:13 | 大学(UCL)
生活再建
Iです。

先週学校の課題で忙しかったせいで、今日土曜日は久しぶりにかなりの朝寝坊をしてしまいました。思えば社会人1~2年生時代、金曜日の夜に徹夜で仕事して土曜日の朝電車で帰り、貴重な土曜日をベッドの中で過ごす、という生活に嫌気がさしていた頃、休みの日も早起きして遊んだり勉強したりしてる先輩達を見ては「年とったら朝寝てられなくなるのかしら」とか思ったりしたものですが、どうやら個人の心がけの問題みたい。私の朝の弱さは、年をとっても治らない。

睡眠不足のみならず、先週は食事もいい加減になっていて、しばしば冷凍食品をチンして食べたりなんぞしていたので、週末くらいは、と料理に励んでいるところ。今日は、先日コロンビアの友人に教わったリゾットに挑戦。材料の分量などは自己流ですが、香味野菜をこれでもかというほど使うので、風味も良いし健康的。

もともと料理は嫌いじゃないのですが、就職してからの私の食生活はお恥ずかしながらヒドイもので、平日はほとんど職場のデスクでコンビニ弁当、週末は誰かと出かけて外食、ということが多かった。ので、家(寮)にいる時間が長い今、食生活の立て直しの良い機会と思って頑張ろうとしています。以前、大学の友人に「アンタの体はコンビニ弁当でできている」と言われてゾッとしたものですが、2年間コンビニから解放されれば、体もすっかり変わるはず!

そういえば、私の妹は、農業系の大学を卒業した後、種(植物のタネ、seed)の会社に勤めていたのですが、この春、自分で農業をやると言って退職し、今は関東近郊でまさに畑を耕しています。ウチは親戚に農家もいないので、両親の心配は生半可なもんじゃなく、先週、父が様子を見に行ったそう。で、聞くところでは、白菜とか大根とかを自分で育てて、お漬物にしたり、お米を鍋で炊いたり、非常に地に足のついた(?)生活をしているらしい。渡英前に私が遊びに行った時も、太陽のサイクルとともに生活している彼女、朝8時くらいには「出かけよう」と言って聞かず、もう少し部屋でダラダラしていたい私と喧嘩に。私から見ればホントに変わったコで、姉妹でこうも違うかと感心しますが、人間らしい生活とはかけ離れたところで環境のことを勉強したり政策立案に足をつっこんだりしている立場からすれば、時々、自分のやってることを振り返るきっかけを作ってくれる存在ではあります。

イギリス人はこの点、食事に関しては全くお手本になりませんが(スーパーマーケットにはレディメイドのパックがいっぱい!食事は単なるエネルギー補給と考えているのでしょう)、週末に家族で公園に出かけたり、ガーデニングに精を出したり、自然との一体感を大事にしているところは、「いいなあ」と感じます。
[PR]
by uk-env | 2009-11-22 06:34
英語の壁
Iです。

今学期も気がつけば残すところ1カ月となり、課題をこなすのがほんとうに大変です。夏休みの宿題は8月29日からやるのが効率的と信じて生きてきた私ですが、さすがに母国語以外でのエッセイやプレゼンはそういうわけにはいかない模様。

エッセイは、英語以前に、ここのアカデミックライティングの形式が掴めないというのが問題です。課題に対して、用語を定義し、仮説を立て、理論を使って立証していく、と言われますが、どの程度厳密にこの形式を遵守する必要があるのか経験的に分からないので、結構不安。最初のエッセイは次の月曜日締め切りのため、ドラフトを英語のtutorに送って英語チェックを受けているところ。英語の質はお金を出せば確保できるけれど、内容はすべて自分の責任、どうしようもない。

プレゼンは、今学期はすべてグループワーク絡みです。1つは、エネルギー・大気汚染・温室効果ガスについて、途上国の民生部門に焦点を当てて論じるもの。このグループ、ネイティブが多い一方リーダー役不在で、最初は何となく雰囲気が良くなかった。そのせいか、調べ物が個人プレーとなりがちだったのですが(全員がプレゼンでしゃべるのがルール)、来週のプレゼン本番に向けてみんなの危機感が高まった先週くらいから、何となくまとまりが出てきた不思議なグループ。内容的には、比較的自分の貢献の余地がある分野なので、楽しくやっています。

もう1つは、ロンドンオリンピック会場周辺の地域の環境変化(社会的な意味)についてのフィールドワークに関するグループワーク。こちらは、グループでの研究成果をプレゼンするのに加え、ビジュアルマテリアル(ポスター、ショートフィルム等)にまとめる、というもの。さらに研究過程を個人でまとめて個別に提出し、口頭試問を受けます。メンバー的には和やかな感じなのですが、私にとっては、先週の現地調査から風向きが変わった…。というのも、教室の英語は分かるようになってきていても、「地元住民」の英語が全然分からないのです…!おじいちゃん、子供たちの英語が全然聞き取れない。さらに、今日、クラス全体でグループごとに中間発表を行った結果、うちのグループの作業が遅れていることに危機感を抱いた一部メンバーが焦り始め、やや雰囲気が悪くなってきてる。こうなると、発言が少ないという点で圧倒的に貢献度の低い私は非常に肩身が狭い。最低限の貢献として、メモ取りと、「いつ何時でも必要な資料が取り出せるように準備しておく」ということを自分の役回りと認識しています。…まるで会社の1年生ですね。「I、君はほんとうにorganizeされてるね」と言われ、各種資料の整理屋と認識されてるのを自覚すると、誉められてるのか馬鹿にされてるのか、複雑な気分…。情けないけれど、すべては足元の一歩から!

週末は、グループの打ち合わせに加え、2つ目のエッセイに取り掛からなければさすがにマズイ。頑張ります。
[PR]
by uk-env | 2009-11-21 05:36 | 大学(UCL)
旅情報(オックスフォード)
Iです。

エッセイとプレゼンの準備と通常の予習とで、首が回らなくなりつつある今日この頃。もちろん「通常の予習」が後回しになるので、読んでない課題のリーディングがたまってきています…冬休みに消化できるでしょうか。

なんて言いつつ、週末はオックスフォードに遊びに行ってきました。といっても、土曜の午後から行って、カナダ人の友人と夕食を食べてきただけ。ロンドンから電車で1時間なので、思っていたより気軽に行ける印象。さすが、街全体がアカデミックな雰囲気で、歴史を感じさせます…。とにかく建物が美しい。1960年代頃に一部コンクリートの近代的な建物が建てられ、美観を損ねている、と友人はこぼしていましたが、日本の街のゴチャゴチャ感の中で育った私には、景観配慮が十分なされているように思いました。ホントかどうか知りませんが、法令で規制しているわけではないそうです。リッチなカレッジの中には、学生を取らずに(学費の収入なしに)運営しているところもあるそうで、何故そんなことが可能なのかと訊いたところ、もともとリッチな貴族が作ったカレッジだからなんだそう。現代においてそんな仕組みがまかり通るとは、恐るべしオックスフォード。勉強に集中できる環境と言えばそうですが、物理的には象牙の塔にこもる感も否めないかも。ハリポタで有名なクライストチャーチ・カレッジの食堂をのぞいた後(アジア人がいっぱい!)、友人の学生カードを頼りにいくつかのカレッジにもぐりこみ、図書館の充実っぷりに圧倒されて帰ってきました。
e0195686_10584295.jpg
e0195686_1059294.jpg
e0195686_10592685.jpg
e0195686_10594817.jpg

雨の土曜日に無理して遠出したおかげで、一転青空となった日曜日はまる一日寮にこもってエッセイに取り組むはめに。天気予報がアテにならないからこんなことになるんです!
[PR]
by uk-env | 2009-11-17 11:02 | 観光・旅行(Leisure Trip)
英国での学生ビザ申請について(確定版)
Uです:

イギリスで半年以上の学生生活をするためには、visaを取得する必要がありますが、これが今年から大幅に厳しくなりました。visa申請などの情報をお伝えします。

‐マスターコース(1年間)に通う場合、Tier4(General)Studentのvisa(帯同者は、Dependant of Tier4 Student)が必要になりますが、この特徴は、大学からvisa‐letterをもらう必要があること、自ら(通帳)または公的機関等による財政証明書が必要になることの2点です。

‐私は日本でvisa申請しましたが、Pre-sessional courseとmaster courseが異なる大学との理由のみで、前者の期間分(2ヶ月間)しかvisaをもらえませんでした(通常は1年以上)。このため、渡英後1か月を待たずに、visa延長申請をする羽目になりました。こんなことをしたくない場合には、同じ大学のpre-sessionに参加した方が無難のようです。

-イギリスで申請する場合、日本の申請書とは異なり一人50ページ程度の資料に記入する必要があります。
(http://www.ukba.homeoffice.gov.uk/studyingintheuk/adult-students/)
また、申請方法が大きく二つあり、ひとつは郵便、もうひとつは直接アポイントを取って、officeに行く方法です。前者は、郵便局から郵送、その後、バイオメトリックを最寄のオフィスで行い、4週間程度の間に70%が回答をもらえる(上記HP情報)手続で、約£400(妻の分も併せて行う場合は+£50)。(実際、3か月かかっても帰ってこないケースもあるよう)
後者は、最寄りのオフィスに出向き、即日審査・交付がなされるプレミアムサービスで約£600.

私の申請履歴は以下のとおりでした:

8月13日・17日: SI-UKロンドンで申請書のチェック
8月18日:延長申請書を自分で郵便局から投かん(Registered Mailで£6.7)
8月21日:受領&形式審査済みの確認書が届く
8月24日:バイオメトリックに行く旨の通知書が届く(8月20日から15日間で行わなければいけないとのこと)
8月28日:事前に電話でアポを取って、East Croydonにあるオフィスに妻と二人で出向く。所要30分~1時間以内。ちなみに、Elephant&Castleにもオフィスがあります。
9月15日:Identity Card 郵送。これが査証スタンプの代わりとして、常に持ち歩く必要があるものです。
9月23日:パスポート返却。Visa情報は何も記載されていないので、最初とまどいますが、上記カードに必要情報がインプットされているので大丈夫だそうです。

以上、申請書を投函してから郵送の場合は、1か月強見る必要がありそうです。特に8月・9月は大学等の新学期前で繁忙期に当たることも一因だと思いますが、郵送の場合は早めの対応が必要不可欠です。また、申請中は、パスポートが手元にないため、海外等に行くことができなくなることもデメリットに挙げられます。VISA更新期限の3か月前から申請ができるそうですので、自分のペースで行われることをお勧めします。
[PR]
by uk-env | 2009-11-15 20:05 | ビザ情報(Visa)
イギリス環境政策系コース
Uです:

来年、別の大学でもうひとつマスターを取る必要がある私は、現在来年用に2つの大学からoffer(defer)をもらっています。が、選択肢を広げる意味でも、こちらでも出願の準備をしようと思い、コースのディレクターと指導教官に相談してきました。彼らによると、以下の大学・コースがお勧め(伝統があるという意味で)とのこと。

環境サイエンス&環境経済(をやりたいなら。以下同)
-Imperial College(Environmental Technology)
-York (Environmental Economics & Management)

環境経済
-Cambridge (Environmental Policy)

環境サイエンス
-East Anglia (Environmental Scienece)

最後に、LSEのコースと内容がドン被りだけどいいコース
-Oxford (Nature, Society and Environmental Policy)

ちなみに、彼らに推薦状をお願いしたところ、快諾、かつ、作成必要日数は1週間~1時間以内とのこと(君のことを分かるためのCVをくれれば、すぐに書くよ、と)。日本で推薦状をお願いするイメージとはちょっと違う様子。ご参考まで。

さらに参考までに、クラスメートの弁護士いわく、イギリスで環境法を勉強したければUCLがいいのだとか。著名な環境法学者がいるそうです(日本で言うと大・・)。
[PR]
by uk-env | 2009-11-15 19:23 | 大学(LSE)
もうそろそろクリスマス…
Uです:

学校が始まってからめっきり観光だとかショッピングだとかに行く余裕がなくなりましたが、昨日は久しぶりの買い物+街をぶらついてきました。そこで、ここ最近の数少ない遊びを遡ってみたいと思います。

<クリスマスイルミネーション>11月14日(土)
街はすっかりクリスマス気分。

-コベントガーデン
e0195686_18364390.jpg
e0195686_1837958.jpg

-ケンブリッジサークル近く
e0195686_1837343.jpg

-カーナビーストリート
e0195686_18375718.jpg
e0195686_18381566.jpg

‐リージェントストリート
e0195686_18382927.jpg
e0195686_18384521.jpg

今度観に行きたい「クリスマスキャロル」もイルミネーションに(ロンドンが舞台だから?)

<ガイフォークスナイト>11月7日(土)
Victoria公園は、さながら夜会遊園地と花火の共演
e0195686_18453146.jpg
e0195686_18454844.jpg


<ハロウィン>10月31日(土)
カムデンタウンには、変な人がいっぱいいました。
e0195686_18474889.jpg

e0195686_1932682.jpg

[PR]
by uk-env | 2009-11-15 18:51 | 観光・旅行(Leisure Trip)