2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Time/Calender...
カテゴリ:大学(LSE)( 13 )
2つの修士コースの比較 Comparison between LSE & York 
Uです:

今回は自分が取ったLSEとYorkのコースを比較してみようと思います。Today I would like to compare the two courses I have taken at both LSE and York.

I LSE
e0195686_1432494.jpg

まずは、LSEの環境政策・規制コースの概要は以下のとおり(過去のブログも参照)。
The following is the summation of Environmental Policy and Regulation at LSE.

1. Environmental Regulation: Implementing Policy (環境規制・政策)

・主催者(Convener): Richard Perkins
・内容(Contents):
レクチャーとセミナーが中心の授業で、環境政策にまつわるトピックを幅広く扱う。具体的には、環境ガバナンス、政策決定プロセス、各政策手法(規制、市場活用型、自主的など)、政策評価、国際的な環境合意、NGOと企業、環境科学・倫理・正義など。
Lectures and seminars are its style. This module covers a very wide range of topics related to environmental policy. That is to say, environmental governance, policy-making process, policy instruments such as command & control, market based instruments and voluntary approaches, policy evaluation, international environmental agreement, NGOs and cooperation, science, ethics and justice in respect of environmental policy.

・評価(Assessment):
期末エッセーと試験。エッセーは、国際環境合意の成立の難しさを経済的観点から検証するものでした。(詳しくはコチラ).
Term Paper and Exam. My essay was to critically analyse the difficulty of international environmental agreement from the viewpoint of economics.

2. Sustainability: Economy, Business and Technology(サステナビリティ=持続可能性)

・主催者(Convener): Eric Neumayer
・内容(Contents):
レクチャーとセミナーによって構成され、グローバルレベルの持続可能性にまつわるトピックを広く扱う。具体的には、資源・環境面からの経済成長、国際投資・貿易、持続可能性の評価、環境許容性(エコロジカルフットプリント)、生態系サービス、人口増大、農業と気候変動適応、森林、エネルギー、技術革新、技術移転、企業の社会的責任、環境と経済のWin-win関係など。
Mainly done by lectures and seminars. This module focuses on the wide range of topics with regards to sustainability at the global level. To be exact, those include economic sustainability from both the resource and sink sides, investment and trade, evaluation methodology, environmental capacity (ecological footprint), ecosystem services, population growth, climate change adaptation in agriculture, forestry, energy use, technological change, technology transfer, cooperative responsibility, win-win arguments between economy and the environment.

・評価(Assessment):
期末エッセーと試験。レポートは森林保全政策に注目しました(詳しくはコチラhttp://ukeco.exblog.jp/12340263/)。
Term Paper and Exam. My report highlighted forest conservation policy.

3. Environmental Assessment(環境アセスメント)

・主催者(Convener): Simon Dietz
・内容(Contents):
レクチャーとセミナーによって構成され、レクチャーでは環境影響評価手法を幅広く取り上げます。具体的には、環境アセスメント、戦略的環境アセスメント、費用便益分析、マルチクライテリア分析、住民参加手法、環境アセスメントにおける倫理・公平性・リスクなど。また、セミナーでは気候変動をテーマにIPCC機構、IPCCレポート、そしてスターンレビューの賛否について議論しました。
Lecture and seminar style. In its lectures, several environmental assessment tools were highlighted: Environment Impact Assessment, Strategic Environmental Assessment, Cost-Benefit Analysis, Multi-criteria Analysis, public participation, ethics, equity, risk in environmental assessment.
・評価(Assessment):試験のみ。Exam only.

4. Economic Appraisal and Valuation(経済評価分析)

・主催者(Convener): Giles Atkinson
・内容(Contents):
レクチャーとセミナーによって構成され、費用効果分析と各政策分野における評価手法を学ぶ。具体的には、費用効果分析にまつわる議論、顕示選好法と表明選好法、生態系サービスの経済評価、交通分野における経済評価など。
Lecture and seminar style. You can study basic contents of cost-benefit analysis and valuation methodology in several environmental fields. To be exact, there are arguments on the various prisms of cost-benefit analysis, stated preference and revealed preference, economic valuation on ecosystem services, and valuation in transport policy.
・評価(Assessment):試験のみ。Exam only.

II ヨーク大学(University of York)
e0195686_144264.gif

次にヨークのコース概要は、前回述べたとおり(詳しくはコチラ
Next, the summation of my course at University of York is shown in the previous article (here).

III LSEとヨークの比較 (Contrast between the two courses)

1. 全般の評価 (General appraisal)

・LSE:
経済・社会科学の分野で有名です。環境分野については、ある大学ランキングだと全英3位。卒業生の就職率が高いことが特徴です。研究では、特にビジネスと環境、気候変動の分野に力を入れています。大学内には、気候変動政策を中心に取り扱うグラハム研究所もあります。
Famous for economics and the other social science. For the environmental study, one university ranking shows this got No.3 in the UK. It is also highlighted that their alumni’s employment rate is very high. For the environmental research, business and the environment, and climate change policy have got their most attention. LSE has the Grantham Research Institute focusing on climate policy.

・ヨーク(York):
総合大学として、環境分野も環境学部、生物学部、経営学部、経済学部など分野横断的な研究協力が特徴。環境分野のランキングは、全英2位。生物多様性や海洋保全、持続可能なライフスタイルの研究などに力を入れています。大学には、幅広い環境問題を取り扱うストックホルム環境研究所もあります。
As a comprehensive university, the various departments namely the environment, biology, management, and economics have collaborated together in their research on the environment, thus so interdisciplinary. York’s university rank as to the achievements of environmental research is No.2 in the UK. The university has researched on biodiversity, marine environment, and sustainable lifestyle. Here is the Stockholm Environment Institute which covers a wide range of environmental issues in the University of York.

2. コースの評価 (Evaluation on the course)

(1) 授業全般 (Modules)

・LSE:
講義に加えて、ディスカッションやプレゼンテーションが多く、地球規模の幅広い分野で、特に議論が必要とされるトピックについて問題点や対立点を明らかにし、批評できる目を養うことを目的にしているようです。
In addition to lectures, there were many discussions and presentations. The main objective of this course may enable us to understand the argumentative points in the major environmental topics at the global level, and critically evaluate every side of opinions.

・ヨーク(York):
講義に加えて、コンピューターラボやワークショップなどが多く、実践において以下に環境管理を進めるか、そのための実務能力の形成に重きが置かれている気がします。
In addition to lectures, we had many computer labs and workshops. This course’s main goal should be to grow students to be competent and practical for environmental management at work.

(2) 授業時間 (Class hours)

・LSE:
授業数は4つ、週平均10時間(1日3時間前後で週3日程度)で残りの時間は膨大なリーディングを読むことに費やされます。
There are 4 modules. On average, 10 hours per week (about 3 hours per day, 3days per week). Apart from classes, you may need to read tons of books and articles.

・ヨーク(York):
授業数は11、最大で週40時間(週5日)の授業があり、日によっては9時間授業が行われる場合も。
There are 11 modules. At most, 40 hours per week (5days a week). On the busiest day, you may have to take 9-hour lessons.

(3) 授業スタイル (Study style)

・LSE:
リーディングは授業の前に読んでくることが求められます。
You are requested to read materials in order to contribute to discussion.

・ヨーク(York):
授業終了後に課題図書が提示され、自主的に読むことを薦められることが多いです。
Usually reading lists are handed at the end of classes, then you are recommended to read books spontaneously.

(4) 教授 (Professors)

・LSE:
ほぼすべての教授陣が経済学者。有名どころでは色々批判も多いスターン。
Almost all professors are economists. If you want to know who is famous, that is Stern who has got huge criticisms from the academia though.

・ヨーク(York):
経済学者2名に加えて、法学、環境化学、生態学、海洋学、環境科学など幅広い分野の教授陣。Natureなどに論文が掲載される教授も。
In addition to two economists, there are many professors from wide range of subjects, such as law, chemistry, ecology, marine environment, and the other environmental science - some research paper from them is published in the famous scientific journal like Nature.

(5) クラスメート(classmates)

・LSE:
40名程度で米国・カナダ・ドイツ出身が多く、他はイギリス・豪州・ニュージーランド・デンマークなどのヨーロッパ、コロンビア・チリなどの南米、日本・韓国・中国・インドなどのアジア出身者で構成される。職務経験者も多く、ビジネス分野で就職する卒業生が比較的多い印象。
About 40 students mainy from US, Canada and Germany. The others from UK, Australia, New Zealand, Denmark, Columbia, Chile, Japan, Korea, China, India and so on. Some of them had work experiences, and many of them appeared to go to the business world after graduation.

・ヨーク(York):
20名程度で、ヨーロッパ(イギリス、ギリシャ、フランス、イタリア、ポルトガルなど)と中国出身が多く、中東(トルコ、ヨルダン)、南米(アルゼンチン、ペルー)、アジア(インド、香港、日本)で構成される。比較的学部から上がってくるケースが見られます。
About 20 students mainly Europe (UK, Greece, France, Italy, Portugal etc) and China. The others from Turkey, Jordan, Argentine, Peru, India, Hong Kong and Japan. Relatively many students directly from undergraduate.

3. 課外活動 (Extracurricular activity)

・LSE:
パブリックレクチャーの機会が多く、他のロンドン大学や公共機関なども含めると、週1回以上の頻度(詳しくはコチラ)。インターンや就職活動先の機会も多いので、授業を受けながらでも、さまざまな課外活動が可能。
There are many opportunities for public lecture. Including those offered by the other institutions, you could have some environmental talks or debates more than once a week. You can have many internship and job hunting chances so that you can take various experiences even while studying at the university.

・ヨーク(York):
週に一度のペースで学部主催のセミナーが開催されます。その他は、比較的平和で穏やかな日々を過ごせます。
An environment seminar sponsored by my department takes place once a week. Other than that, you can spend your time relatively peacefully and calmly.
[PR]
by uk-env | 2011-06-05 01:44 | 大学(LSE)
LSEでの修士論文(Dissertation)
Uです:

修士論文ができました。インターン先のDECCの同僚の協力がなければできなかったものですが、

日本の排出量取引市場(中期目標25%削減を前提)がEU-ETS(30%削減)(及び米国ETS)と連結(リンク)した場合に、炭素価格や費用負担、国内削減努力がどう変化するかの経済シュミレーションを行っています。

My dissertation for LSE master course (EPR) can't be completed without any help by my colleagues at DECC. This is to assess the economic impact of linking Japanese emission trading system with EU-ETS and US-ETS.

(ここからダウンロードできます:downloadable from here)

結果は、規制対象セクターへの削減割当や外部クレジットへのアクセス制限といった前提次第ですが、1)日本ETSとEU-ETS(さらに米国ETS)との接続により、炭素価格は下落し、日本企業は1%から最大で32%の規制遵守費用の削減が見込める、2)一方でEU側では5~119%の価格上昇に見舞われる、3)日本ETSは、EU-ETSだけでなく米国ETSとも接続した方が効果がより大きい、4)日本企業の遵守費用削減効果は、炭素価格へのインパクトよりも小さい、4)日本国内での削減努力はリンクにより減る、6)日本ETS下の対象セクターにより厳しい目標を割当て、かつ、CDM等の外部クレジットへのアクセスをより制限した(真水での削減をより求めた)方が、当該接続の効果は高い、というものです。これを受け、このペーパーでは、日本政府は25%削減を堅持する場合、国際市場とのリンクを前向きに検討すべきであり、環境税や他の技術政策との最適な組み合わせにより、削減遵守費用の効率化と環境技術の促進をバランスよく図るべき、と結論づけています。

Abstract is as follows:

Mitigating climate change is extremely challenging – mainly due to high costs of abatement and huge scale on which the technology must be deployed. In theory, emissions trading system (ETS) delivers cost-effectiveness and dynamic efficiency and thus should be a suitable option to tackle mitigation. However, these merits can be traded off. Besides, the linking of different ETSs can provide additional cost-saving measures and increase market stability, although this raises additional issues such as distributional impact.
In this context, this paper assesses Japan’s case by using an economic model called GLOCAF – the impact of linking Japanese ETS to the EU-ETS and US ETS on carbon price, abatement cost and the amount of reduction in domestic emission. The key findings are: 1) linking Japan’s carbon market could reduce the carbon price and costs in Japan’s ETS; 2) if Japan links to more than one ETS the benefits will be greater; 3) the impact on costs of compliance is less than the impact on prices; 4) linking ETS also means that less abatement takes place domestically in Japan; and 5) if Japan took tighter supplementarity restrictions and a more stringent target, linking would be extremely beneficial as it offers the greater cost savings.

The linking should be beneficial as it can bring cost-saving benefits, enhance technology innovation in collaboration with the other policies, and give businesses more chances to export technology to other developed nations. Therefore, this paper recommends that if Japan takes an ambitious target to reduce emissions by 2020, Japanese ETS should be connected with other ETSs in order to reduce compliance cost and enhance technological innovation, in a combination with long-term mitigation goals and a clear path to achieve them, as well as technological innovation policies in particular carbon taxes.
[PR]
by uk-env | 2010-09-28 01:23 | 大学(LSE)
ながーいトンネルを抜けました(LSEも試験終了)
Uです:

約2ヶ月ぶりの投稿です。というのも、3月末に授業が終わった時から、3ヶ月弱に至る長い長いテスト勉強と試験が終了したので。その間Iさんはイギリスを楽しみつくし、菅さんは首相になって消費税発言までできるのだから、世の中大きく動いてます。

【盗難注意】

まずは、一点ご注意から。試験1ヶ月前にノートパソコンを大学で盗まれました。場所は、Old buildingと呼ばれる建物の4階にあるカフェレストラン。友達と4人で食事をしている最中に、パソコンを入れたリュックを足元に置いていたところ、リュックから、パソコンだけが抜かれました。その間、所要20分、そして、友達も誰も何も気づかないのですから、まさに神業!

ここは、LSEの施設でありながら、学生カードを持っていなくても入れるので、犯人はプロかプロ並みの学生です。ちなみに、学生カードを使わないと入れない図書館や教室でもパソコンや財布、パスポートまで盗まれたそうなので、学生も侮れません。

この中に、課題のリーディングの要約や修士論文のすべてのデータなどが詰まっていたので、1ヶ月前に盗まれたのは不幸中の幸いでした。結果的には時間がかかったものの、クラスメートの半分くらいから無くしたデータをもらって試験は乗り切りました。ということで、経験則には、

①ロンドンでは荷物は膝に抱えるか、足で挟むことまでしないと盗まれる。もしくは高価なものは持っていかない。私はノートパソコンの持ち運びを諦めることにしました。

②個人PCでもデータのバックアップが重要。週一はした方がいいそうです。私は重要なファイルだけでも、ipodなどに入れることにしました。

③ちゃんと保険に入っておくべき。今度からこの部分はケチらない様に

以上のような災難に遭わないよう、十分にお気をつけあれ。(上記の対策をしても時間(私の場合は1週間くらいのロス)・コスト(新しい日本製中古パソコン購入は最低200ポンド以上)は尚かかりますので)

【LSEの試験】

試験は前時代的な、手書きの3時間一本勝負(3本のエッセーを仕上げる)。これらが残念なことに3日連続で試験がありました(それに加えて1週間後にもうプラス1)。ということで、終わると右手が使い物になりませんでした(腱鞘炎)。問題は比較的シンプル(一文)ですが、内容にはセオリーと具体例を交えた上で、批評的観点から自分の意見を述べることが求められます。

問題の例としては、以下のとおり。
【環境政策論】・・・複数の例を用いながら、気候変動政策に用いられる経済的手法について、その経済的かつ環境的なパフォーマンスを批評的に評価しなさい。
【持続可能性】・・・どの程度、世界の主要経済は高炭素な開発経路(carbon intensive development path)に縛られて(locked-in)いるか。
【環境影響評価】・・・費用便益分析(CBA)について、倫理を基礎とすることが気候変動政策を評価することに適しているか否か、批評的に論じなさい。

3時間の試験については、3つのお題を9つの問題から、2時間の試験については、2つのお題を6つの問題から選べますので、前者のタイプ(環境政策論・持続可能性)については5~6つ程度のトピックを、後者のタイプ(環境影響評価・経済評価分析)については4~5程度のトピックを予め押さえて試験に臨みました(感覚的にはカバーの範囲としては十分対応できるという手応え)

手書きのエッセーはネイティブ・ノンネイティブ区別なく1時間で書き上げる1エッセーあたり、最低500字程度の分量が求められますので、前述のとおり、後半は手が使い物にならなくなってきますし、大変です。ということで、ダラダラかけないので、ポイントを簡潔に押さえることが重要になります。

うちのコースは、基本的にこの手書き一発勝負試験が成績の大半(75%)の比重を占めているのですが、殊成績評価を考えた時に、この試験方法自体に特段のメリットがある(公平?プレッシャー下におけるパフォーマンス評価?)とも思えず、授業の進捗に合わせた毎週の課題エッセーの提出や、プレゼン、グループワークの評価等を重視した方がよっぽど現実にも即していて、学習モチベーションを高める気がします。何より、試験勉強のために論文時間が割かれるのはちょっと痛いです。

ただし、改めて授業期間中に学んだことを時間をかけて吟味し再構成した上で、それぞれのトピックに対して自分なりの理解やスタンス・そして答えを持てるようになることは、いい経験だったと思います(でも一回で十分ですが)。

ということで、試験は終わりましたので、次8月後半に提出する論文に向けて準備開始です。残すところ2ヶ月強ですが、インターンシップをしたり旅行にも行きたいので、どうやってバランスを取っていくかが重要ですね。
[PR]
by uk-env | 2010-06-21 18:49 | 大学(LSE)
大学終了!(授業)
Uです:

昨日で今期のタームが終わり、今日から、楽しい春休みに入りました♪♪

1.最後のエッセー

昨日までは、ラストスパートということで、最終週に締切のエッセーに時間を費やしていました。問は、「熱帯地域の森林減少を食い止めるために適用可能な様々な政策オプションについて検証せよ」を選びました。政策分野としての土地勘もないため手探りでしたが、
(1)今も進む森林減少は、農地開墾・薪利用(アフリカ)、木材輸出のための伐採(南アジア)、道路等のインフラ整備のための伐採(ラテンアメリカ)などが主な原因であり、単に機会費用の観点から森林保全よりも森林減少の方が儲かるという「市場の失敗」によるもの。
(2)このため政策介入が必要となるが、4つの政策オプション(土地規制、貿易制限、教育などによる間接介入、市場メカニズムなどの直接介入)のいずれも効果性・効率性から見た場合、完全とは言えない。
(3)よって、(i)地域の原因に的確に応じたポリシーミックス(例えばアフリカでは教育と開発支援、アジアでは貿易制限と規制、アフリカではREDDなどの市場メカニズムと規制)が必要であり、(ii) また、いずれの政策にしてもガバナンスの強化:政府による最適な政策マネージメントと森林所有権の適切な割当が重要であり、(iii) さらに、潜在性の高いREDDのルール作りに当たっては、炭素リーケージの防止と地域ガバナンスの強化のため、CDMのようなプロジェクトベースではなく国ベースとし、コミュニティ・NGO等への利益分配などを通じた協働によりコスト削減にもつながる形でMRVを行うなど、持続可能な森林経営を推進するメカニズムが必要である。
とまとめました。(英語版のエッセーはコチラ

今後の趨勢としては、REDDに+がどんどんついていく(森林のシンク機能、持続可能な森林経営⇒REDD+ 生物多様性、貧困解消などの持続可能発展⇒REDD++)方向、木材輸入・消費者(国)責任が求められる(外部性の内在化:木材収支の均衡、輸入量に応じた植林を義務付ける、開発権取引など)のがあるべき流れかと思いますが、一方、日本は世界でも有数の木材輸入大国ですので、そのイニシアティブが益々問われてくると思います。
e0195686_1328570.jpg


似た話としては、クロマグロのワシントン条約への掲載(国際取引の禁止)提案がその8割を消費する日本などの反対により見事否決に持ち込まれ、首相・農相も安堵、というニュースが出ていましたね。この点、国際取引しか禁止されないため、提案国モナコも所在するEU内での取引は妨げられず、実質的な囲い込みにつながる、いきなり絶滅危惧種の保存手法を用いるのではなく、まずは国際的な漁業管理により漁獲調整を行うべき、など様々な論点があり、単純にこの提案への反対を環境的にネガティブと捉えるのは早計ですが、少なくとも、誰が国内消費に起因する国際海洋種の絶滅防止に責任を持つのかは議論する余地があるように思えます。
(余談ですが、ロンドンにいると、この手の、日本人がマグロを食べ尽くす、という話によく遭遇します。これに対しては、アメリカ人が牛を食べるを止めて、イギリス人がポテトを食べるのを止めるようなもの、と言うと大抵納得し、また寿司はヘルシーだから好きだ、という話も同時にされるので、彼らがどこまでマグロに本気なのかは、よく分かりません。)
e0195686_13345475.jpg


最後に、採点対象となるこの3000字のエッセーというのは長さで言う所の「帯に短し襷に長し」、ではないですが、言いたいことは決して全部言えず、細かい論評はできず、と表面をサラッたような印象になりがちです。日本語だともう少しましに書ける気がしますが、短い単語数を使って身がギュッと詰まった文章を書いたり、口で言えたりする技術、欲しいですねぇ。

2.LSEの授業

何はともあれ、Michaelmas Term (秋から10週), Lent Term (春まで10週)の計20週に渡って行われた授業がすべて終了しました♪ 後は6月の前半にある試験(手書きのエッセイを3×2+2×2=計8本)を受け、8月末に10000字の論文提出をするのみです。

授業全体の感想としては、(特に今期の後半に入ってからは)あっ、という間に終わってしまった感が強いです。何かがたくさん身についたようで何も身についていないような...しかし、仕事をしていた時よりも考える視野が広がったのは間違いないでしょう。答えは誰も持ち合わせていない命題ばかり(経済発展&人口爆発と環境、生物多様性、森林減少、気候交渉、技術革新と社会変化)でしたが、それを考える素地はできました。また、アフリカを除く全大陸から来た友達のおかげで、世界観が広がったのも良かったです。
これからは、このインプットを試験に向けてはアウトプットできるようにトレーニングし、論文の機会を生かして、自分なりのアウトカムを出せるようにすることが大切だと思います。そして、卒業生が仕事の現場でもLSEのこの環境政策コースの議論が最先端を行っていたことが分かりで大変良かった(今でもリーディングリストから本を読んでいる)、と言ってましたが、まさに日本に帰ってからどう生かせるかが本番かつ正念場ですね。

また、個別の授業のうち、特に良かったプログラムとしては、①環境政策(うち各政策手法;政策評価;ゲーム理論)、②サステナビリティ(うち経済発展;人口問題;生物多様性;森林;技術革新)、③環境アセスメント(うちSIA戦略アセス;RIA規制影響分析;MCA複数基準分析;スターンレビュー)④環境経済分析(うちCBA費用便益分析の方法論)が挙げられます。

逆にこれはあまり自分に合わないかも(何の役に立つんだ)、と思ったのは、①環境政策(うち環境倫理;環境正義)でしょうか。

3.春休み

楽しい待ちに待った春休み。友達も今日から、早い人間は今週頭から既に帰省したりしていますが、日程的には今日から4月26日まで。ただ、6月のテストまでは基本何もないので、好きに動けます♪

(テスト対策)
が、テストに向けて授業の見直しとエッセー準備が求められましょう。特にエッセー準備法則に従った場合、全部で28題の準備をする必要がある計算になり、計画的にやらない(例えば毎週4題)と到底終わらなそうです。ということで、4月中旬からはスタディグループのメンバーと毎週集まり、テスト準備を一緒にやっていこうと思っています。

(インターンシップ)
また、来週からは前に予告したインターンシップがスタート(テスト準備期間中いっぱい)します。これは、環境に関するリサーチ・コンサルティングの会社で、再生可能エネルギー市場調査として、各国の政策や技術、市場をインディケータ化し、世界のどの国が民間投資を行う上でより優位と言えるか、ランキング化できるようなリサーチをしたいと思ってます。Regression model や sensitivity analysisのいい勉強になると思います。

(旅行)
最後に、もちろん、テスト準備が本格化するまでは息抜きも兼ねて、旅行(仏・西)にも行ってこようと思います♪
[PR]
by uk-env | 2010-03-20 14:01 | 大学(LSE)
論文テーマ+テスト対策
Uです:

ロンドンで日が経つ感覚(例えば1週間が過ぎる)のがどんどん速くなっているのを感じる今日この頃です。

(論文テーマ)
さて、昨日、論文(Dissertation)計画書を提出しました。まず、論文は10000字の字数制限があり、LSEの環境政策(EPR)コースの場合、締め切りは8月末に設定されています。それなのに、何故、今提出する必要があるのか。それは単に論文指導をしてくれるスーパーバイザーの引当てを行い、複数回のミーティングを今期(3月19日まで)に行っておく必要があるからだと思います。というのも、教授陣は授業期間終了後は自らの研究のため、方々に散っていく傾向にあり、方や、学生も春休み1か月を満喫、その後はテスト勉強期間が2カ月あり、テストが終わるともう6月中旬になっている、このため、今のうちに会ってやるべきことを固めておくのが定石のようです。

そして、私の論文テーマについては、「今週1週間紆余曲折を経て、取りあえず出しました」、というのが正直なところです。

まず、今週月曜日(提出期限4日前)にチューター(スーパーバイザーとは別の学術・学生生活全般に相談に乗ってくれる教授)に仮想的な国内対策の提案か、広範な国際対策に伴う経済分析のどちらかにしようと思う、と前広に相談したところ、論文テーマ、さらにそれを堀深めて検証したい具体的な質問・仮定に関して、以下の観点に照らしてもう一度考えてくるように言われました。
・既存データ(できれば一次データ)があるか、もしくは自分でデータ・情報収集ができるか、
・それを分析するためのケーススタディとして、現実に政策は存在しているか(未来型の仮想提案ではないか。例えば、カーボンクレジットカードを国民に発行して、CO2キャップをかけるべき等)。

これを受け、希望テーマは、国際対策を選択し、「歴史的責任も加味した先進国の気候変動対策に伴う費用便益分析と経済的に公平な削減目標と資金供出の在り方」を研究しようと思い、一昨日(提出期限1日前)にチューターに再度相談したところ、「率直に言って、このテーマでは様々かつ複雑な前提が置かれたモデル解析を行い、かつ、不確実かつ膨大で議論が分かれる数値をそこに入れ込むことが必要となり、ここに、研究として独自の付加価値を付けるのは難しいと思う。よって、自分はあまりいい研究テーマだと思わない、特に修士論文のレベルでは。」という辛口コメントを貰い、再考を促されました(「もしこのテーマに首ったけだったら自分の言うことは信じないで、そのまま提案してください」とも言われました、が)。

これを受け、国際対策は挫折、前日夜からさらに軌道修正を掛け、結局、「持続可能なエネルギー導入のためのベストミックスな経済政策」をテーマに提出しました。これは、当初やりたかった仮想提案の前捌きとなる、現状のEU政策の分析を行うことを内容としており、具体的には環境税、排出量取引、フィードインタリフなど複数の政策が持続可能なエネルギー(太陽、風力、廃棄物由来など)の促進に関して存在しているが、どのような経済誘導政策の組み合わせが最も相乗効果があるか(ベストミックスは何か)、を検証するものです。この研究テーマの問題は、どうやって環境効果性、費用効率性のデータを取るか、その結果をどうやって複数の政策(その相乗効果)によるものだと検証するか、が主なところだと思います。幸いにも自分のチュータ-がエネルギーと技術の専門家なので、彼にそのままスーパーバイザーになってもらい、有益なアドバイスを貰えることを期待しています。以上、論文テーマについてでした。

(テスト対策)
そのほか、テストについて、LSEではどうやってテストの備えるかのレクチャーを行っています。ここで言われるのはあくまで一般的なこと(テスト採点の視点、対策時間の使い方、クラスメート・大学側との協力など)が主でしたが、ひとつ面白い法則を聞いたので、ご参考までに。もし、あなたのテストが「3時間のうちに、次の9題から3つのテーマを選び、それぞれについてエッセーを書きなさい」というタイプだった場合(ちなみに、うちのコースはみんなこの形式です)、いくつのテーマを予め勉強しておくべきか?すなわち、大学の授業は20週ありテーマが各週違うので、全20テーマあります。もちろん全てのテーマをカバーしておくのがテスト対策上は望ましいですが、時間もないし、興味がないテーマも多い。そこで、法則の出番です。これによると、「2N+2」なのだそうです。上の例に当てはめると2×3出題+2=8。これは、8テーマを押さえておけば、まず試験で3つ書くのは大丈夫、ということになります。その後のプラス(例:10テーマ頑張る)マイナス(例:6テーマしか勉強しない)は時間の配分とリスク管理の観点でやってください、とのこと。自分の対策イメージは頻出の5つでも押さえておけば十分かと思っていたのですが、とてもリスクが高いことが分かりました...

いずれにせよ、これで残すところも後はエッセーが2本のみとなりました。授業も大詰めを迎えています。
[PR]
by uk-env | 2010-02-20 21:05 | 大学(LSE)
一山越え(今期も前半戦終了)
Uです:

久しぶりの投稿ですが、早くも前半5週が終了して、授業期間だけで言うと75%が完了したことに。そんな感慨に浸ったのは昨日の16時にエッセーを出し終わった後でした。

今週は前半戦のフィナーレ、プレゼンテーションとエッセーがありました。両方ともテーマは国際環境協定。

・プレゼンでは、京都議定書に否定的な学者の新提案を、3つにカテゴライズ(①目標は最初は緩く、後から厳しく、②途上国の抜本参加、③市場メカニズムの更なる活用)し、この主張と現実の交渉(COP15)を比較するというテーマにして、議論しました。個人的に興味深かったのは国際トービン税の推進主体をどこにするか(UN、G20、世界政府など)。しかし、金融取引の上っばねを気候変動に使おうというこの税、どうやって金を集めようかという一点に尽きていますね。年間10兆円の途上国支援をしようとなると確かに工面の問題が一番大変ですから。さて、日本の立ち位置はどこに置くべきなのでしょうか。

・エッセーは、「国際環境協力はその必要性が乏しい時に成立する傾向がある」という学説を批評的に論証せよ、というお題を選択。この主張、理解するのに時間がかかりました。言い換えると、「効果的な合意はフリーライダー問題がよりおこりやすいので、国際環境合意は中身が乏しいものになりがち」。さて、結論としては、
●セオリーでは、より環境問題が深刻で、その対策コストも高い時にただ乗り利益が大きくなり、ゲーム理論によると、自分の利益を最優先する結果、合意に結びつきにくいと言えるかもしれないが、一方で、国際コミュニティの一員としての日頃からの数ある案件を常に協議している関係上、エゴを主張しにくい状況や、条約のデザインにインセンティブ措置を盛り込むことでフリーライダーは回避可能であるとも言える。
●オゾン保護のモントリオール議定書や気候変動の京都議定書を見ると、現実は理論のように単純ではなく、個々の国の状況を踏まえる必要があると。特に、パワフルな国が対策利益を享受できるか、が大きなポイント。すなわち、彼らは交渉をリードする力を持ち、資金や技術供与を通じたインテンティブを他国に与えることができるから。
●この点、気候変動は深刻で、ビッグパワーが利益を得られない典型的な問題。ただし、科学による解明やPolluter Pay Principleによる他国で発生する損害も自国のコストに含めるコストベネフィット分析を各国が適切に行うことで、適切な合意が得られやすくなると結論。(エッセー全文(英語)はコチラ

e0195686_20395749.jpg

環境国際合意はホットな研究分野と言え、エッセーを執筆中にも新しい論文が出てくるので、それもチェックして、といった状況でした。そんなこともあり、これでもか、というぐらいとことん時間を使い(担当教官に3回も相談(経済学がよく分からない。理論がシンプルすぎる。)、クラスメートと何度も議論(みんなで混乱。最後まで紆余曲折)、3,000字のところオーバーし1000字カット、2度のプルーフリーディング、提出締め切り2分前に終了)、消耗しつくした感があります。(クラスメートはふぁっくふぁっく言いながら提出してました)。次回のエッセーではもう少しスマートにできるようにしたいですね。

エッセーと言えば、前期に出した2本のエッセーフィードバックが返ってきました。結果は両方ともメリットに足らないパス(57,58点)。コメントがあまりにも少ないのが何とも次に活かせない感じです。

次は来週末に控える論文のプロポーザル提出です。論文のテーマを未だに絞れていないので、1週間でどこまでできるか、まあ何とかなるでしょう。

昨日はエッセーの打ち上げがあり、今日は旧正月のため、中華街にクラスメートと繰り出そうと思います。つかの間の一息を楽しみます♪
[PR]
by uk-env | 2010-02-13 20:36 | 大学(LSE)
大学も忙しくなってきました(LTの時間割)
Uです:

早くも今日で今期3週目が終了し、残すところ後7週になりました。ということで、今期も勉強漬けのお腹いっぱいの毎日を送っています。

まずは、今期(LT)の時間割を整理してみると以下のとおり。
e0195686_19304222.jpg


パッと見は時間がいっぱいあるのですが、この合いた時間に予習用のリーディング、プレゼンの準備、エッセイの打ち合わせや論文のための勉強(ケーススタディテクニックの授業等)をしています。

また、夕方からは大体週3程度のペースで環境関係や経済関係のパブリックレクチャーを聞きに行っています。さらに、主に就職活動を意識しているビジネス英語(インタビュー、プレゼン)のクラスも取っています。

これに加えて、週一程度のインターンシップを始めようと思っていますので、いささか食傷気味ですが、短期集中なので一気にやってしまおうと思います。

昨日は前半戦の小山の一つ、プレゼン1発目が終了。CDMをお題の中心に、途上国におけるエネルギー革新(再生可能エネ導入など)と持続可能な開発(SD。貧困緩和など)を如何に同時達成するか、そのための先進国等の国際社会の役割をCOP15の状況も踏まえてプレゼンしたところ、LSEらしく、コスト採算性の低い小規模・SDをどこまでビジネスとして成り立たせられるか、プレミアムを付けるかSDファンドを別に建てるなどのインセンティブ付けが必要、都市化の促進が利益回収のスケールメリットを生む一方、その外の人達はどう扱うか、などが議論の中心でした。

この授業(Sustainability)は、上記のとおり持続可能な発展と経済成長を経済学の観点から扱うのですが、他の授業(環境政策、環境経済分析)にしても、ゲーム理論を応用した国際交渉締結の実現可能性(オゾン・気候変動など)や費用便益分析を使った環境プロジェクト(ロンドン渋滞税など)の経済性など、特に今期に入り、マニーの匂いを嗅ぎながら毎日勉強しています♪

これがLSEで環境政策を学ぶ強み(ビジネス・経済の切り口から実際の政策を検証する)なんでしょう。ということで、経済学や統計学をもっと勉強しなければ、と思う今日この頃です(誰か日本語で教えてください♪)。
[PR]
by uk-env | 2010-01-29 20:19 | 大学(LSE)
スロースターター
Uです:

大学が始まってから早1週間、そろそろペースを戻していきたいところですが、なぜか、いまいちエンジンがかかりません。そろそろアクセル踏み込んでいかないと前半から苦しい思いをしそうです♪ なぜなら、今期(Lent Termと言うそうです)は先週から3月半ばまでの2カ月間(計10週間)となっていますが、以下のようにコンスタントに課題がやってくるように設定しましたので、逆に計画的に前倒しでやらないとすぐに皺寄せが来てしまいます。

・第3週目(来週):プレゼンテーション
 (『サステナビリティ*』の授業で、再生可能エネルギーとCDMについて発表します)
・第5週目:プレゼンテーション
 (『環境政策*』の授業で、気候変動対策等の国際合意・協力について発表します)
・第6週目:エッセイ提出
 (同じく『環境政策*』で、「環境対策の国際合意は、むしろその必要性が少なくなった段階で成立しやすい傾向がある」、という議論について批評的に検証するテーマを選択する予定です)
・第7週目:論文構想提出
 (テーマは欧米の市場メカニズムを活用した制度について、その成立プロセスを含めたコストベネフィット評価を行いたい、と考えています)
・第9週目:エッセイ提出
 (『サステナビリティ*』の授業で、4つあるテーマから選択する必要)
・第10週目:エッセイ提出、
 (『環境経済分析*』の授業で、4つあるテーマから選択する必要)

*授業内容については、コチラを参照ください。

特に、今期は早めに論文の構想にじっくり時間をかけて着手したいと思っています。それは一つに、「欧米の市場メカニズムを活用した制度」では当然ながら、まだ範囲が広すぎて(カーボンマーケット、フィードインタリフ、ロードプライシング、廃棄物排出量取引制度?)、かつ、研究手法(どこの国に行って、どのデータをどのように解析して、誰にインタビューするか、など)も定まっていないため、その絞り込みを行っていく必要があるということです。
(金もかけられず、かつ、手足となってくれる人もいない中、数か月で執筆まで含めて終える必要があることから、結果、大したことはできない、というのが修士論文の限界です。)

加えて、大学の授業を受けて、エッセイを書くといった行動にはその受身的な性質ゆえか、あまり本気になれないことが秋学期で分かりましたので、やりたいことにどんどんフォーカスしていくことが、自分にとっては賢明と言えそうです。

また、前期と同様に課題をこなすだけの毎日にも飽きが来そうだと思い、週一・二程度のインターンシップを授業期間中にできたらと思っています。日本よりも効率的なと言われている民間企業(気候変動や再生可能エネルギーのコンサル・リサーチなど)や、掛け声のかけ方はうまい政府機関の働きっぷりを見てみたいのが本音です。

ということで、今期も色々挑戦していきたいと思いますが、青写真を描くのは簡単なので、後は実行あるのみ。
[PR]
by uk-env | 2010-01-18 16:09 | 大学(LSE)
essayの結果が返ってきました
Uです:

溜まっていた年末のメールを見ると、去年11月に提出したエッセイの結果が返ってきてました。採点はmeritに近いpass(57点)。コメントは、理論の説明部分はよいが、理論と例示がうまくマッチしていないとのこと。

これで、やっつけで提出してもpassはもらえることが分かりました。大学院生のアカデミックエッセイは詰まる所、既存の学者さんたちの研究成果(学説理論・ケーススタディ)をよく調べた上で、それを自分独自の考えや結論にいかに生かすか、に尽きます。既存研究を比較して批判したうえで、自分の考えを述べ、それを証明する具体例で補完する。ここに日本の例や学者がほとんど登場してこないのは不利とも言えますが、そもそも欧米の事例を調べに来たので、ちょうどいいです。

年末には、別に2本エッセイを提出しましたので、その結果が年明けのいずれかに返ってくると思います。
・一つは、サスティナブルの授業の課題で、「クズネッツ曲線の理論は環境政策の形成にとってどれほど有効か」というお題。5つの観点を上げて全く有効でないという結論で出しました。

・もうひとつは環境アセスメントの授業で、「マルチクライテリア分析は環境アセスにどれほど効果的か、最も有効な場面も含めて論ぜよ」というもの。貨幣換算できないものも環境評価では当該分析は有効と言え、特に核廃棄物処理場の立地といったNIMBY案件やCDM事業の採択といった正の案件では、地域の関係者を巻き込んだ形で最も効果を発揮しうると結論づけました。

こういった修士論文よりも短い、ショートエッセーについてもプルーフリーディング(特にお金を払ってプロに見てもらうもの)は必須なのか、これが最近の疑問です。どう思いますか?
[PR]
by uk-env | 2010-01-06 22:59 | 大学(LSE)
イギリス環境政策系コース
Uです:

来年、別の大学でもうひとつマスターを取る必要がある私は、現在来年用に2つの大学からoffer(defer)をもらっています。が、選択肢を広げる意味でも、こちらでも出願の準備をしようと思い、コースのディレクターと指導教官に相談してきました。彼らによると、以下の大学・コースがお勧め(伝統があるという意味で)とのこと。

環境サイエンス&環境経済(をやりたいなら。以下同)
-Imperial College(Environmental Technology)
-York (Environmental Economics & Management)

環境経済
-Cambridge (Environmental Policy)

環境サイエンス
-East Anglia (Environmental Scienece)

最後に、LSEのコースと内容がドン被りだけどいいコース
-Oxford (Nature, Society and Environmental Policy)

ちなみに、彼らに推薦状をお願いしたところ、快諾、かつ、作成必要日数は1週間~1時間以内とのこと(君のことを分かるためのCVをくれれば、すぐに書くよ、と)。日本で推薦状をお願いするイメージとはちょっと違う様子。ご参考まで。

さらに参考までに、クラスメートの弁護士いわく、イギリスで環境法を勉強したければUCLがいいのだとか。著名な環境法学者がいるそうです(日本で言うと大・・)。
[PR]
by uk-env | 2009-11-15 19:23 | 大学(LSE)