2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Time/Calender...
Dissertation on Global Carbon Pricing
Uです:

帰国から2ヶ月、ようやく論文が出来上がりましたので、投稿します。
Since my returning to Japan 2 month ago, I have finally submitted my thesis to UK - here you are.

国際的な炭素の価格付けの見込み
-炭素税、炭素の社会的費用、及び使途に関する国際的な予備調査-

【概要】

現在、法的拘束力を持つ温室効果ガスの削減目標に関する国際合意が難しい一方、発展途上国において適応の必要性が訴えられる状況においては、気候変動に脆弱な国々のための資金を調達するために国際に導入しうる、炭素税に注目が集まってしかるべきである。このため、炭素税、炭素の社会的費用及び使途についてのオンライン調査を実施した。この結果、1000人以上の参加者からの回答によると:
(1)70%以上が①人為による気候変動が継続的に起こっていること、②政治的意思決定のための十分な科学的確実性、③気候変動を解決するためのグローバルな国際協力の必要性に同意し、約60%が④気候変動のための国際的な補償の必要性を受け入れた。
(2)地球温暖化対策の手段として、再生可能エネルギー政策は最も人気があり、原子力政策と地球工学はそれほどでもない。また、経済的手法の中では、産業に対する炭素税が最も好ましいとされ、これに排出量取引制度、個人に対する炭素税が続く。
(3)炭素税は世界中で許容されうる。CO2トン当たり50米ドル以下であれば、一定の税率に関するコンセンサスを国内で得られる可能性がある。最も高い税率で合意する可能性があるのは、税収を国内のCO2排出削減のために用いる場合であり、続いて途上国の温暖化による被害者のために支出する場合で、最後に温暖化以外の社会問題に使われる場合である。一方、炭素税についての国際的な合意の可能性はほとんどない。
(4)炭素の社会的費用の期待値はCO2トン当たり100米ドルを超え、上記の炭素税に対する支払意思額よりはるかに高かった。
(5)いくつかの要因は炭素税に対する支払意思額に積極的に影響を及ぼす可能性がある一方、他の要因は支払意思額に負の効果を持つ。

これらの調査結果に基づき、炭素税についてもっともらしい設計と実現可能な戦略を提案する。
========================

Likelihood of Global Carbon Pricing
-International pilot study on carbon tax, social cost of carbon and revenue use-

[Abstract]

In the current situations of the difficulty in agreeing on the legally-binding greenhouse gasses reduction target while the necessity for adaptation in developing nations, a carbon tax should be under the spotlight to implement globally to raise funds for vulnerable countries to climate change. Hence I conducted an online survey on carbon tax, social cost of carbon and revenue use. According to the answers from more than 1000 respondents:
(1)Over 70% agree with ongoing anthropogenic climate change, enough scientific certainty for political decision, and global cooperation for resolving climate change while almost 60% accept the necessity of the international compensation for climate change.
(2)Renewable energy policy is the most popular while nuclear and geo-engineering policies are not that much. A carbon tax on industry is the most preferable MBIs followed by an emission trading scheme and a carbon tax on individuals.
(3)A carbon tax may be acceptable around the world, and consensus on a certain tax rate of no more than 50US$/t-CO2 can be made domestically. However, there is little chance in the agreement on an international carbon tax.
(4)The expected value of Social Cost of Carbon was more than 100US$/t-CO2 and far more than the above willingness to pay answers.
(5)Several factors may positively influence on WTP for a carbon tax while the other factors have negative effects.
I will propose a plausible design and feasible strategy for a carbon tax based on those findings.

※ 全文は、ココからダウンロードできます。 The full version is downloadable from here
[PR]
by uk-env | 2011-10-03 08:21 | 大学(York Uni)
<< 論文の日本語訳 Dissertation on... >>