2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Time/Calender...
留学の終わりと新生活 The end of UK eco study and the beginning of new life in Tokyo
Uです:

7月24日に東京に戻ってきました。これで2年間の留学生活も完了です。最後に、イギリスで2年間環境を学んだ上で思うことを述べて、今後の抱負とさせていただこうと思います。
I was back to Tokyo on 24 July when was the end of my 2-year study abroad. This is my final article and to describe how I feel after UK study.

1.【留学して思う今後の日本の環境対策の課題 Challenges in Japanese environmental policy】

① 今後、特に対策を強化していく必要があると感じた分野 Policy areas where strengthening policy is needed

・海洋環境保全(海洋生態系の保全) Marine environment ・・・ まずはホットスポットを中心に我が国周辺の海洋生態系の状況を把握し、沿岸のみならず遠洋についても海洋保護区などの保護管理政策を導入することを検討。

・持続可能な消費 Sustainable consumption ・・・ 海外からの森林資源や漁業資源の輸入等に伴う枯渇・環境破壊を防止する対策として、現地における汚染者負担やPES(環境保全活動に対する支払い)の仕組み構築を支援(外部不経済の内部化)。

・生態系の経済学 Economics of biodiversity ・・・ 我が国の生態系サービスの価値を明らかにし、それが失われた場合の逸失利益を示す。

・国民レベルのカーボンフットプリント Nation-level carbon footprint ・・・ 製品のカーボンフットプリントにとどまらず、我が国全体のフットプリントを示し、最終的には地域別(市町村別)や一人当たりのカーボンフットプリントベースのCO2排出量を積算・公表し、低炭素サービス・商品への志向を促す。

・国際環境法 International environmental law ・・・ 気候変動問題の国際訴訟・紛争リスク(途上国から先進国への補償請求、排出差し止め)、WTOと環境条約などの国際環境法の整理、

② 今後の国レベルで環境行政を進めるに当たっての改善が期待される点 Points to improve in national level environmental policy

・環境「調査研究」省としての将来に渡る科学的・経済的な環境状況の徹底的な調査・把握と公表・世論の醸成を行う機能への注力(温暖化影響、生物多様性、循環型社会など)
Scientific research and investigation on the present and future environment

・廃棄物政策等あるゆる政策立案に当たっての経済影響評価を行うと同時に、環境政策以外の政策立案に当たっての環境経済評価を行う仕組みを構築する
Economic analysis for environmental policy making and environmental economic analysis for the other policy making.

・海外先行政策研究情報のアップデートを随時行う
Update of the information on advanced environmental policies oversea

・政策提案・ロビー活動を行うNGOsやシンクタンク、環境活動団体の活性化、プロフェッショナルな研究をする大学関係者等の更なる連携を測ること
Promotion for the proposal and lobbying by think tank and E-NGOs as well as further collaboration with professionals such as academic researchers

・組織的には、エネルギー政策・都市政策・農林漁業政策・経済産業政策のエキスパートの必要性、省内環境エコノミストの育成
For institution, there is the need of experts in energy policy, urban policy, agriculture and economy and environmental economists.

・個々の職員にあっては、法的・経済的・科学的な観点からの総合判断・意思決定能力を養うこと
For individuals, to acquire overall judgement and decision making skills from legal, economic and scientific view points.

・無用な業務の削減と政策的業務への集中投下、ブラックベリー・iフォンなどITの活用と徹底的なペーパーレス、自宅勤務等のフレキシブルな職場、超短期休暇の取得や計画的な業務遂行などのワークライフバランスの確保
Secure work life balance - avoiding unnecessary tasks and focusing manpower on policy making, making paperless through IT such as blackberry and i-phone, achieving flexible work style including "home work", allowing long term holidays and working on the basis of a work plan.

2. 【自分自身のライフワーク My lifework】

① 持続可能(自給自足)な環境調和型生活を老後の暮らしの中心に
Establish the society where a silver's life is with sustainability and environmental harmonization

② 環境被害が金銭被害として、広く賠償される世の中に
Establish the society where environmental victims can get compensation from causing people.

③ 政策の立案・フォローアップに際して環境コスト・ベネフィットを実施して説明責任を果たされる世の中に
Establish the society where environmental accountability is fulfilled through environmental cost-benefit at the policy making and review stage.

3. 【留学後も続ける必要がある勉強 Studies which I might want to continue after this study】

・マクロ経済学(Macro Economics)、国際経済学(International Economics), 政治経済学(Political Economy)、一般応用均衡分析などモデリング(General Equilibrium model)、国際関係論(International relations)、意思決定論 (Decision making)、国際法 (International law)
・Plus, 英語(English), 中国語(Chinese)

最後に、2年間を通じて環境に携わる人がいるこの世界は以外にも狭いものと感じましたので、世界を股に駆けて環境の仕事がしたい場合、留学は大変貴重な経験となると思います。
Finally, I realised that this world is not that big as we may assume especially in the environmental field. So if you like environmental work with people around the world, study abroad is definitely one of the promising options.

私は私で、日本の環境行政機関で炭素税など環境税制の担当として、政策を進めていきます。
I have got responsible for and promoted environmental taxation especially carbon tax.

では、頑張ってください。OK then, good luck!
[PR]
by uk-env | 2011-07-31 16:55 | 環境(Eco)
<< Dissertation on... ロンドン短期滞在と生活品のリサイクル >>