2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Time/Calender...
ロンドン短期滞在と生活品のリサイクル
Uです:

Iさんは帰国してしまいましたが、私は今日いっぱいまでロンドンに滞在してから東京に帰る予定です。

短期滞在先は前回ブログに書いたWest Acton、聞くところによると実は日本の方が一番多く住まれているエリアなのだそうです。たしかに駅前には日本食材屋さん(Atari-ya)と日本惣菜屋さん(Yoyo弁当)があり、日系不動産屋の案内も。町も安心した雰囲気なので大変住みやすいといえ、特に日本から最初に来られる場合、そして日本が恋しくなる最後の時などに滞在されると良さそうです。
e0195686_17543655.jpg

e0195686_17535558.jpg


また、駅から近くには景観保全地区があり、落ち着いた町並みを楽しむこともできます。
e0195686_17573391.jpg

e0195686_17564484.jpg


最後に、生活品は可能な限りリサイクルをしようと、友達に上げたり、Oxfamなどのチャリティに持って行ったり、MixbGumtreeで売っていたりしたのですが、こちらで買ったノートパソコンとモデムについては、徒歩圏内にある日本のリサイクルショップ「ベルりびんぐ」に持っていくことにしました。結構良心的に買い取ってくれたのと、日本の方が残していった生活用品が結構置いてあったので、近くに来られた際には、気軽に行かれてみたら良いと思います。

ちなみに、Gumtreeでモデム引渡しを募集した際、詐欺に遭いそうになったので注意喚起まで。相手の特徴は、現在近くにいないので引き取りに伺えないが、ナイジェリアに住む友人・子供にプレゼントしたいので、直接郵送して欲しいという決まり文句。支払いはBank of America経由で行いたいと行ってきて、参照番号が付いたメールが送られてきますが、メールアドレスはバンカメのものではないフリーメールのもの。こちらが郵送をした後にその参照番号を使ってお金が引き出せるという話ですが、いかにも怪しいです。類似の事例はYahooオークションでもあるようなのでご注意を(コチラが参考になります)
[PR]
by uk-env | 2011-07-22 18:08 | ロンドン生活(London life)
<< 留学の終わりと新生活 The ... Good bye Bright... >>