2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Time/Calender...
York in winter
Iです。

あっという間に、秋学期が終了です。イギリスの1年のマスターコースでは、夏学期は事実上修士論文を書くだけなので、インプットの意味での授業は秋学期と春学期のみ。つまり、これで折り返し。クリスマス休暇です!

というわけで、週末は、ヨークにUさんを訪ねました。独立バスルーム付きゲストルームのある素敵なおうちに泊めていただき、城壁に囲まれた、可愛らしい中世の街の散策を堪能。まだ雪が残っていて寒かったけれど、先週あたりの寒波を思えば、天気に恵まれた旅でした。

- ヨーク・ミンスター: カンタベリに次いで、イギリスで2番目に格式高い大聖堂だそう。日頃の運動不足がたたり、塔に上ると息が切れましたが、暮れてゆく街並みが幻想的で素敵でした。
e0195686_824406.jpg
e0195686_825173.jpg

- 城壁: 街を一周、城壁の上を歩くと眺めが良いらしいのですが、雪が凍ってこの通り。この辺は低いですが、高いところで足をすべらせて落ちたらケガじゃ済まなそうで、断念。
e0195686_8253047.jpg

- 街を流れるウーズ川: 夏はボートツアーが賑わうようです。
e0195686_8255715.jpg

- シャンブルズ: 軒がくっつきそうな細い通りに、可愛らしいお店が並んでいます。
e0195686_8262364.jpg

- 鉄道博物館: 世界最大級らしいです。入場料タダなので、あまり鉄道に興味ない人でも行ってみる価値ありかと。新幹線も展示されていましたが、昔、王族を乗せたという車両(内部の調度品等が再現されてある)は豪華で溜め息が出ましたね。
e0195686_8273187.jpg
e0195686_82757100.jpg

お酒を飲みながらUさん御夫妻とイギリスの生活と日本の生活について議論になりましたが、私は、こういう可愛らしい地方都市を見ると、イギリスは地方が頑張ってるからこそ、一人勝ちのように見えるロンドンも、人口750万(東京に比べればかわいいもの!)で適度な規模を維持しているのではと思います。もっと端的に言うと、イギリスのposhな人たちの多くは、ロンドンじゃなくて地方に住んでいるんですよね。地方から東京を見るときの「見上げるような視線」がイギリスにはない気がする。だからこそ、ロンドンであれ地方都市であれ、住みやすいように感じるのですが、どうでしょうか。
[PR]
by uk-env | 2010-12-15 08:30 | 観光・旅行(Leisure Trip)
<< Lovely countrys... 袋叩き!? >>