2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Time/Calender...
ビザ延長(郵送の場合)
Iです。

Uさんに続き、私もビザ延長、完了しました!そもそも、昨年の大学(UCL)用に発行されたビザの期限は来年1月なのでまだ余裕はある、と思っていたのですが、ビザは、すべて各スポンサー(大学)にリンクした形で発行されており、ビザ有効期間内であっても別の大学に行くには手続きが必要との由。原則として、大学の入学手続きに当たって、その大学用に発行されたビザを提示しなければならないのだそう(大学は、学生が入学手続きを行ったことを国境管理庁に通報する義務がある)。

ただし、大学がHighly Trusted Sponsorの場合は、入学手続きに当たって「申請中」であることを証明できさえすればよく、必ずしも延長手続きを了している必要はないらしいので、私は入学前に郵送で申請しました。本当はUさんのようにプレミアムにしたかったのですが、近くの事務所で予約が取れなかったため。

申請中はパスポートを手放さなければならないので、気にかかるのは審査期間(3か月以上かかるという噂もあったり…)ですが、私の場合のスケジュール実績は以下の通り。

9月20日: 申請書投函

9月27日: 国境管理庁から23日付のレターが到着。日付から15営業日以内に、バイオメトリック情報の登録のため登録センターに出向くようにとの由。英国内に10か所ほどある登録センター(又は、追加料金を払えば更に国内に15か所程度ある指定郵便局でも可能)に行くことになります。

10月1日: 幸い、ブライトンに登録センターがあり、さほど混んでいなかったため予約はすぐ確保。アポイントメントは9時でしたが、セキュリティチェック等のため30分前に来るようにとの指示の下8時30分に出向くと、結局8時40分までにはすべて(顔写真と手の指全ての指紋採取)終了。

10月16日: 国境管理庁から11日付のレターが到着。この時点で無事にビザ延長が認められたことが分かる。ビザそのもの(Biometric Residence Permit)は通常7営業日以内に届くが、10営業日以内に届かなかったら連絡するようにとの由。

10月27日: 待てど暮らせどBRPが届かないので、国境管理庁に電話(またこの電話がつながりにくい)。5営業日以内にコールバックする由。

11月1日: BRPが到着。ちなみに発行日が10月28日になっていたので、私が電話するまで塩漬けされていたということか。さすがUKBA。

ビザ問題は我々留学生にとって非常に神経を使う問題ですが、これで帰国までカバーする滞在許可が取れてほっと一安心。冬休みの海外逃亡計画を練りたいと思います。
[PR]
by uk-env | 2010-11-02 06:01 | ビザ情報(Visa)
<< 環境経済学の授業 The li... WEEK 4 >>