2009年から2年間、大学院で環境関連学を専攻するため、イギリスにやって来た私達の話 This blog is about us(U&I) coming to UK in 2009 for Environmental Study at master level for 2 years
by uk-env
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Time/Calender...
寮生活(UCL Goldsmid House)
Iです。今日は、寮生活について報告。

場所: UCLの寮Goldsmid House。ロンドンやや南西部のVictoria駅から徒歩約3分(たぶんUCLの寮で最も新しく、最も学校から遠い寮)。周囲には、スーパー、銀行、カフェ等、一通りのお店が揃っていて便利。学校まではdoor-to-doorで30分弱(地下鉄利用)。

寮費: 週£153(学期ごとにまとめて払う。光熱費、水道、インターネット込み)

決定プロセス: 5月初旬にアプリケーションを送り、7月下旬に入寮先のオファーを受領(アプリケーション時はどの寮を希望するかは記入できず、条件の優先順位のみ記入)。

部屋: NorthとSouthの2棟あるうち、奥側のNorth、8階建の4階(Northは院生専用との噂を聞いていましたが、どうやら学部生も住んでいる模様)。フラットメイトは6人: タイ(女)1、ギリシャ(男)2、香港(男)1、中国(女)1、私。深夜のドアの音と話し声が時々気になるほかは、基本的には静か。

部屋の設備等: 机、ベッド、椅子2、ワードローブ、ベッドサイドの小さな棚が備え付け。広さは、20㎡弱といったところ。バスルームには、トイレとシャワーと洗面ボウル。シャワースペースの小ささにはびっくり!湯量はまあ不満なし。バスタブのないのがつらいものの、ヒーターがあるので寒い思いはしてません。部屋では料理をしちゃいけないのだけど、ケトルは内緒で使ってます(何故タバコがOKで電気ケトルやトースターが禁止なのか、理解できない)。
e0195686_7265365.jpg

e0195686_7275163.jpg

e0195686_7281882.jpg

e0195686_7284878.jpg

e0195686_7301912.jpg


キッチン: フラットメイトでシェア。寮はキッチンが汚くてストレス、という話をよく聞くが、今のところ食器が放置されている等の問題はなく、毎日掃除が入るのできれいです。キッチンが唯一のコミュニティ・スペースなのだけど、フラットメイトとはたまたまキッチンに居合わせた時に話す程度で、今のところ「友達」として一緒にくつろいだりする感じじゃない。ちなみに、各自の部屋のゴミを捨てるゴミ箱はキッチンに置いてあり、週末を除く毎日回収してくれる。リサイクル用と思われるグリーンの箱によく「ゴミ」が捨てられていて、分別は全くなってない。一体誰が犯人か分からないので困ってます。
e0195686_729245.jpg

e0195686_7294925.jpg


掃除: 掃除機はレセプションで借りられます。が、古くて重~い掃除機を、遠~いレセプションから持ってくるのは結構億劫で、かつ週末はレセプションが閉まり借りられないため、コロコロ(絨毯にころがしてゴミをくっつけて取るやつ)が大活躍。シャワーの排水溝が小さいのか、最低週一で掃除しないとつまります。

洗濯: 寮のコインランドリー(洗濯機3台、乾燥機3台)で。週末は混むと聞いたので、平日の朝にやってます。シーツ等の大物以外は部屋干ししてます。乾きは早い。

買い物: 食料品・日用品はすぐそばのスーパーSainsburyで。ほとんどのものが手に入ります。帰りが遅く料理する元気がないときは、駅のM&S Simply Foodでレディメイドのごはんを買って帰ることも。家電等は、遠出するのも面倒なので、駅前のArgosを利用(カタログ販売なので現物は見られない)。カフェも数軒、寮の周りにあります(お寿司やお味噌汁が置いてあるところも)。

入寮当初は殺風景さにげんなりしましたが、慣れれば、総合的には学生寮としてはまあ満足できるレベルだと思います。ロンドンは家賃が高いので、学生寮としては高いと感じるこの値段も、やむを得ないのでしょうね。
[PR]
by uk-env | 2009-10-24 07:32 | 大学(UCL)
<< 秋も深まり… 本コース3週目 >>